★ ケニー・ドリュー 『IMPRESSIONS』 ★
今日はジャズです。
私は昔から、曲目等も分からないままジャズも好んで聴いた。
若い頃からジャズ・バーにもちょくちょく出掛けて、ウィスキーなど飲みながら
LIVE演奏に身を委ねたりもしたものです。
自宅でも元気なときにはビッグバンドのCDを楽しんだりする。
デュークエリントンの「A列車で行こう」は大好きだし、ベニー・グッドマンや
カウント・ベイシーにもわくわくする。
けれど、本日はケニー・ドリューでいきます。

○ ケニー・ドリューのピアノ ○
本名は、Kenneth Sidney "Kenny" Drew。
ニューヨーク生まれのジャズピアニストだが、アメリカではあまりぱっとしなかった。
30代半ばでヨーロッパに活動の拠点を移して、ヨーロッパや日本でかなり人気者になった。
元々はハードバップのピアニストに分類されているが、その本質の演奏スタイルは、クラシックの技術に裏打ちされた確かで繊細なものだったのだろう。
特に日本では、その水彩画のようなジャケットデザインからも分かる様にバリバリのジャズマニアよりも、女性を中心とした新しいソフトユーザーがターゲッティングされ、それがそれなりに成功したようだ。

○ 『IMPRESSIONS』(邦題「パリ北駅着、印象」) ○
さて、本日上げるこのアルバムも、どうです?
邦題からして、ジャズじゃないでしょ?
なんだか、西村京太郎のトラベルミステリーでも始まりそうじゃないですか。
ケニー・ドリューが好きな人でも、これは違うでしょ?と言われそうです。
けれど、私はこのアルバムが好きです。
ドリューのアルバムの中には他にも、このパステルカラージャケットシリーズがあるのだが、このアルバムを一番好んで聴く。
特に一曲目 1. パリ北駅着,印象 タイトルナンバーで、これはドリュー自身の作曲だったと思うが、ドリューのピアノが美しい。
ペデルセンのベースも上手い!
繊細なタッチなのだが、音の粒立ちが鮮やかで、ドリューのヴィルトゥオーソぶりを証明して余りある。

今日の一枚
■ケニー・ドリュー トリオ 『IMPRESSIONS』 
417MNT2EE5L__SL500_AA300_.jpg

関連記事
スポンサーサイト
2013.02.28 Thu l ジャズ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://007mousike.blog.fc2.com/tb.php/9-ef0ce439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)