★ ショパン ノクターン作品9 ★

今日は、浅田真央選手の選んだと言うソチ・オリンピック向けの音楽の内ショートプログラム用のショパンを聞くことにした。
浅田選手の選択したのはショパンのノクターンの中でも、メロディラインが美しく最もポピュラーな第2番だ。

ショパンのノクターンは遺作も入れると全部で21曲残されている。
今日はその中で作品9として出版された3曲を聴くとことにした。

〇 作品9 〇
作品9には以下の3曲が含まれている。

第1番変ロ短調作品9-1
第2番変ホ長調作品9-2
第3番ロ長調作品9-3

作品9は1930~32年頃に作曲された曲で、ショパンはワルシャワ音楽院時代に知ったイギリス(アイルランド)のジョン・フィールドのノクターン(夜想曲)に心をうたれて、このジャンルの曲を作曲し始めたという。
この作品9はショパンが20歳頃の初期の作品になるが、後期のノクターンに比べるとフィールドを思わせるシンプルな構成になっている。
左手の分散和音(アルペッジョ)に乗って、右手が美しい歌を歌うという基本パターンだ。
楽曲の形式も、3部形式かロンド形式に近いものが多い。

〇 第1番変ロ短調 〇
この曲は出だしの右手のメロディが極めて美しく、メランコリックだ。
私はライブの演奏を聴きに行くと、恐らくここで呼吸はしていない。
ピアニストの緊張感が伝わるため、たいていの会場のお客さんも呼吸を止めてピアニストを凝視している。
左手の分散和音が聞こえてきて始めて小さく息を吐き出す、という感じだ。
中間部では変ニ長調に転じて、短い経過部を経てニ長調に転調したり表情を変える。
ラルゲットの主部のアルペッジョは引っ張ったままなので、微妙なハーモニーの変化が対比を作っていると思う。

〇 第2番変ホ長調 〇
これが浅田選手のSP演技を支える曲だ。
この4小節のロンド主題はあまりにも有名だ。
左手はワルツを思わせる同型の伴奏で、右手は副主題が入って、この有名な主題を魅力的な装飾音で変化させながら3回繰り返す。
コーダでは、一瞬盛り上がりを示し、そして静かに曲を閉じる・・。

〇 第3番ロ長調 〇
独特の半音階的な動きが印象的な主部を持つ3部形式。
中間部には激しいアジタートを配置して、主部とのみごとな対比を作っている。
ノクターンにおいてもショパンの曲作りが見えてきた気配がする。


<今日の一枚>
現代のアジアの貴公子で行こう、ユンディ・リだ。
実はルイサダを聴こうと思ったのだが、どこを探してもCDが見つからない・・、ユンディも素晴らしいのだ。
2000年のショパンコンクールで第1位となった彼は、今や単なるショパン弾きではなく、ベートーヴェンなどでも優れた技巧と解釈を見せてくれている。
このショパンは比較的オーソドックスにさらっと弾いているのだが、正確なタッチと虚飾を入れない真摯な曲作りは好感が持てると思う。
これは2枚組みの全曲集だ。(21曲全て)
■ショパン:ノクターン全集(通常盤)
 ユンディ・リ(Pf.)

41CEp2Zy6eL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
このノクターンには巨匠ルービンシュタインの歴史的な全集がある。
ショパンのノクターンは、超絶技巧を必要とする曲でもなく、巨匠の指も余裕を見せている。
なんといっても、絶妙のアゴーギクやノクターンを知り尽くしたレガートの入れ方など、さすが巨匠である。
これは、19番までの全集だ。
■ショパン:夜想曲集(全19曲)
 アルトゥール・ルービンシュタイン(Pf.)

31PGGDwlAuL.jpg

関連記事
スポンサーサイト
2013.10.09 Wed l ショパン l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは、akifuyu102です。
なっ何と言う偶然でしょう。!!!
今日、私が図書館で借りて来たCDは仲道郁代さんが演奏する
ショパンの「夜想曲全集&子守唄」でした。
何かテレパシーのようなものを感じずにはおられません。(^^)

早速、赤影さんの記事を読みながら鑑賞することが出来、感激です。

第3番ではガラリと曲調が変わり、この辺りからショパンの
ノクターンに対する曲づくりが確立し始めたという事ですね。
それを赤影さんは奥ゆかしく「曲作りが見えてきた気配がする。」と。
詩的ですね。ステキです。(*^_^*)
2013.10.09 Wed l akifuyu102. URL l 編集
Re: こんばんは、akifuyu102です。
akifuyu102 さん、おはようございます。

早速のコメントありがとうございます!
すごい偶然ですね。(^^)
何か、すごく光栄な気持ちです。

仲道さんのノクターンは、私の記憶では、少しゆっくり目の
テンポで、語るように弾いてくれていましたよね。
とても叙情的な演奏だったと思います。

お褒め頂いたような、綺麗な文章ではございませんが、
ありがとうございます、嬉しいです。

そう思います、3番辺りからノクターンもショパンの個性が
はっきりして来ていると感じています。
でも、初期の作品は後期の作品よりもメロディは圧倒的に
美しい作品群だとも思っています。
捨て難い魅力がありますよね。(^^)

秋の夜にはショパンのノクターン、これは王道かも
知れません。(^^)

2013.10.10 Thu l ★赤影★. URL l 編集
ノクターン
★赤影★さま こんばんは。

ショパンはしばらく遠ざけていましたが、先週あたりから、バラード&スケルツォを聴きなおしていたところ、★赤影★さんのノクターンの記事というタイミングでした。

ノクターンは、ポリーニの19曲とフランソワの2,5,9番を持っていますが、ご推薦のルービンシュタインが近くの図書館にあったので、借りてみました。

ひまを見て聴き比べてみます。
2013.10.10 Thu l sankichi1689. URL l 編集
Re: ノクターン
sankichi1689 様

コメント、ありがとうございます。
そうですか、同じショパンを聞きなおしていたとは奇遇ですね。
バラード、スケルツォですか。
sankichi1689さんに刺激されましたので、私も、そちらの方
まで聴いてみようかと考えています。(^^)

私の場合、ショパンという作曲家は聞かないとかなりの期間全く聞かなく
なるのですが、何かの拍子に聴くと、ずっと浸り始める傾向があります。
数年前、ポリーニが来日したときに聞きに行って、すっかりやられた
時には、暫くショパンばかり聞いていました。

そのポリーニのノクターンをお持ちなのですね。
ポリーニはとにかく上手い!ですよね。
指が6本あるのじゃないかと思うくらい、ポリーニのピアノからはスコアの音が
全て聞こえてきますね。
超絶テクニックとはこのことでしょうね。
ルービンシュタインが、ショパンコンクールで審査員の誰よりも上手いと言った
のが解るような気がします。

フランソワは私も大好きです。
こんなに洒落たピアニストも居ませんね。
フランソワを聞くと、ピアノが好きになります。(^^)

ルービンシュタインも聴いてみてくださいませ。
ショパンと同郷でもあるルービンシュタインの演奏は
感情に流されることはないのですが、ロマンティックなところは
ちゃんと聞かせてくれますし、安心して聴ける演奏だと思います。
ルービンシュタインは40歳を過ぎてから若妻を得て一念発起、
猛練習したそうですから、その成果ですね。(^^)
2013.10.10 Thu l ★赤影★. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://007mousike.blog.fc2.com/tb.php/89-ab0d26a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)