★ ラヴェル 『ボレロ』 ★

この曲はバレリーナ(女優)であるイダ・リヴォヴナ・ルビンシュタインの依頼によって、ラヴェルが書いたバレエ音楽だ。
イダ・リヴォヴナ・ルビンシュタインという人は、ユダヤ系のロシア人で、成人するまでは正統な技術を学ばなかったという異色のバレリーナだ。
彼女は豊富な資金力に物を言わせて、ラヴェルには「ボレロ」、ストラヴィンスキーには「妖精の接吻」などのバレエ音楽の創作を依頼している。

機械的な一定のリズム、スペイン舞曲のボレロ、これには機械技師であった父親とバスク人だった母親の影響をラヴェル自身が認めている。

〇 常識はずれの音楽 〇
さてこの曲は、たった二つの主題を約15分間延々と繰り返し、最後に崩れ落ちる・・・。
その間、展開もしない、転調もしない、全く同じテンポで、あるのは一つのクレッシェンド・・。
最初聞いた時は(中学生の頃)、何だ?これは?しかし、何とエキゾチックでストイックな曲なんだろう、と思ったものだ。

〇 じっと我慢のスネアドラム 〇
曲はスネアドラムの微かな音から始まる。
「チャンチャチャチャ、チャンチャチャチャ、チャチャ」「チャンチャチャチャ、チャンチャチャチャ、チャチャチャチャチャチャ」という3連符を含む一定のリズムを、ず~っとず~っと刻み続ける。
とてもマゾヒスティックな小太鼓さんだ。

そして、フルートにハ長調の主題が現れて、二つの主題がAABB(4回)A(B) のようなパターンで、各楽器を渡り歩く。
楽器も様々だ。
通常の管楽器に加えて、サキソフォン、オーボエ・ダモーレ、コーラングレ、コントラファゴット、ピッコロ・トランペット、チェレスタ、ハープ、スネアドラム、バスドラム、などなど、そして弦楽器。
まだあったかも知れない。

〇 注目のポイント 〇
私の注目ポイントは、何と言っても最後の転調。
我慢に我慢を重ねて、最後の最後になって、漸くハ長調からホ長調に転調する。
この寸前に、ちょっと妙な快感がある。
「ここで転調!」という瞬間を待つ音楽の旅人は、その時にオアシスに出会ったような充足感を味わう。

そして、ラストの崩壊部分。
我慢して我慢して、じっと一定のリズムを刻んできたオーケストラは、最後に一気に崩れる。
艱難辛苦を乗り越えて積み上げてきた積み木が、最後の一積みで崩れ落ちるように・・。

〇 バレエ 〇
この曲は本来バレエ音楽で、その舞台では、酒場(セビリアということになっていたと思う)の一隅で一人のダンサーが秘かにレッスンをしていると、段々興が乗ってきて身振り手振りが大きくなり、最後には無視していた酒場のお客さんまで一緒に踊り出し、ラストではやっぱり舞台に崩れ落ちる、というものだ。

〇 もう一つの聴き所 〇
実は中間部にも、聴き所がある。
ホルンとピッコロ(2)、チェレスタが入る部分だが、ここは禁断の並行音が進行する。
ハ長調のホルンを基音として、ホ長調とト長調のピッコロ、チェレスタもハ長調で倍音関係で重ねられている。
チェレスタは第2、第4倍音の関係になる。
この禁断の手法も、さすがはオーケストラの魔術師と言われたラヴェル、楽器を選ぶことで、違和感というよりも音場の広がりのような効果を出している。


<今日の一枚>
今日は昔から名演の誉れ高いクリュイタンスでいこう。
均整のとれたクリュイタンスのフランス音楽には、インテリジェンスと秘めた情熱があるように思う。
■ラヴェル:ボレロ、他
 アンドレ・クリュイタンス指揮 パリ音楽院管弦楽団

5155-aiHSsL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
この曲は、本当に名演といえる録音が沢山存在して、もう好み以外の何物でもなくなってくる。
それでも、モントゥーは良いと思う。
あまりに機械的に演奏すると面白くないラヴェルを、実に有機的な音楽にしていると思う。
スネアドラムには命の鼓動を感じるし、楽器間の受け渡しが魅力的だ。
■ラヴェル:マ・メール・ロワ 他
 ピエール・モントゥー指揮 ロンドン交響楽団

4160R6HTAYL__SL500_AA300_.jpg

関連記事
スポンサーサイト
2013.09.19 Thu l ラヴェル l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

こんにちは
クリュイタンスいいですよね。
演奏技術だけじゃない魅力があるように感じます。私の手元にもちゃんと残っています(笑)
2013.09.19 Thu l sankichi1689. URL l 編集
Re: こんにちは
sankichi1689 様
いつもコメントありがとうございます。
そうそう、そうですよね。
クリュイタンスはいいです。
フランスの風情が漂っているように思います。
あははは、これはお手元に残っていますか。
sankichi1689 さん、なかなか面白いですね。(^^)

2013.09.19 Thu l ★赤影★. URL l 編集
ボレロはCDで聴くのが一番!
ボレロ、大好きです。

私もボレロの醍醐味は最後の転調と崩壊ですね。
何とも言えぬ達成感があります。
こうなると分かっていてもです。

ソロで演奏する楽器がどう演奏するかも楽しみな部分ですが、
ボレロは生演奏では聴きたくないですね。
曲にのめり込む分、なぜか奏者と気持ちが一つになって、
一緒に緊張してしまいます。TVではいつもそうなんです。
だから生だと絶対にソロの直前で心臓が止まるくらい緊張すると思う。

CDの方が安心して楽しめます。(*^_^*)
2013.09.19 Thu l akifuyu102. URL l 編集
Re: ボレロはCDで聴くのが一番!
akifuyu102 様
コメントありがとうございます。

そうですよね、ボレロは最後にお楽しみがありますよね。
そうそう、分かっていても息を潜めて待ってしまうんですよ。(^^)

なるほど、あまりに音楽に入り込んでしまって、一緒に緊張して
しまうんですね。
はい、そんなところありますね。(^^)
ソロを演奏する方は、露骨にテクニックが分かってしまうので
大変でしょうね。
指揮者も含めて、オケの技量が分かる曲でもありますよね。

2013.09.19 Thu l ★赤影★. URL l 編集
ボレロ
ご指摘の通り、ラスト近くの転調はまさに醍醐味ですよね。ティンパニーの音が突然跳ね上がったようにも感じますので、その辺りも聴きどころだと思います。あと、確かにホルンとピッコロのけったいな不協和音は面白いですよね。下手なオケがあの部分をやると、単にチューニングミスと誤解されそう・・・
個人的には、この曲はCDよりもライヴ派です。あのラスト近くの緊張感から解放される爽快感はライヴでないと分からないかも・・・
CDでは中々分かりづらいけど、小太鼓は途中から二台になるのも、この曲の変化の大事な要素なのかもしれないです。
2013.09.20 Fri l ぬくぬく先生 . URL l 編集
Re: ボレロ
ぬくぬく先生 様
コメントありがとうございます。
そうですね、ティンパニもアクティブになりますね。
さすが、お詳しいですね、小太鼓は途中から2台で演奏ですよね。
仰るとおりです。

CDよりもライブ派ですか。
音楽の楽しみ方もそれぞれですけど、音楽に限らず舞台でのイベント
は、事情が許せばライブの圧倒的な臨場感が堪りませんね。(^^)
2013.09.20 Fri l ★赤影★. URL l 編集
こんばんは
パリ管でクリュイタンスが一番好きです。

しかしこの曲は10分くらい?と短いのでいろいろなオケをメドレーで録音して
セットでさんざん聴いてしまい、もはや何だかおかしな具合に記憶されています。

1オケでうっとり聴いて、2オケのホルンにやっぱりと思い、3オケでうまい!しかし濃いなあ。。。
とか、こんな感じです。

へんな聴きかたですが、ボレロは好きな曲です(*^_^*)
2013.12.19 Thu l 薔薇ねこ. URL l 編集
Re: こんばんは
パリ管&クリュイタンス、いいですね。(^^)
私も好きです。

メドレーでセットにしてさんざん・・・ですか。
あははは、それは面白いですね。
私も時々それに似たようなことをやることがあります。
第1主題が現れるまでの序奏ばかり、何通りものオケで何度も何度も聴いたり・・。
サティやスカルラッティ、ショパンなんかでもやります。
短い曲だと、何だか抵抗無くやれますよね。

コメント、ありがとうございました!(^^)
2013.12.19 Thu l ★赤影★. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://007mousike.blog.fc2.com/tb.php/81-17d63bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)