★ 荒井由美 ひこうき雲 ★
久しぶりに映画館に足を運んで、ジブリの「風立ちぬ」を観た。
さすがにこの映画のテーマでは、映画館の中の年齢層は高めで、いつもジブリの映画で見る小さなお子様の姿はあまり見かけなかった。
このブログでは映画を語る積もりは無いので、映画の筋や感想については他のブログに譲るとして、音楽だ。
エンディングに荒井由美さん(敢えて旧姓で呼びたい)の『ひこうき雲』が使われるのは映画を観る前から知っていたが、この曲が映画館に流れると、初めてこの曲を聴いた衝撃を思い出した。
今聞いても十分新鮮なのだ。

〇 斬新なコード進行 〇
この曲のキーは変ホ長調(E♭)でイントロのコード進行は、トニック-サブドミナント-トニック-サブドミナント という流れが基本だ。
この間、B♭音が持続的に曲を支えている。
私はこういうコード進行って、当時の所謂フォークソングには無かったのではないかと思う。

もっと驚くのは、サビの部分。
「かけていく」の部分だ。
ひこうき雲
Gm7→B♭m7→A♭maj7 というコード進行なのだが、問題はこのB♭m7だ。
定石とも言えるドミナントモーションの中で、突然提示されるB♭m7。
これでは勿論和声的に解決しないわけで、どこへ行くのだろう・・・。
特に最後の繰り返し部分では、その高音がとても新鮮な音に聞こえる。

この点については、松任谷 正隆氏が後日この音で荒井由美さんの才能に惚れたとまで仰っていたような気がする。
(多分言っていた)

この曲のベースは細野晴臣さんが弾いているのだ。
キーボードは勿論 松任谷正隆さん、ドラムスは林立夫さん、錚々たるメンバーだ。

〇 瑞々しい荒井由美さん 〇
私は、松任谷由美さんの音楽は大好きだが、やはり荒井由美で発表したアルバム『ひこう雲』『MISSLIM (ミスリム)』の2枚が、衝撃的で瑞々しくて、忘れられない。
そして、今でもその音楽は少しも古くはならず、新鮮だ。


<今日の一枚>
このベストアルバムばかりのご紹介で恐縮だが、ユーミンを聞くベストは現在ではこれだろう。
■松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤) [Original recording remastered]

41aA6p4kdfL__SL500_AA300_.jpg

ジブリとタイアップした特別企画限定盤アルバムも出ている。
■ユーミン×スタジオジブリ ひこうき雲 40周年記念盤 (CD+DVD)(完全生産限定盤)(LPサイズ絵本仕様) [CD+DVD, Limited Edition]

21dqJiS+sSL__SL500_AA300_.jpg
関連記事
スポンサーサイト
2013.08.16 Fri l 松任谷由美 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://007mousike.blog.fc2.com/tb.php/74-be21e297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)