★ ラヴェル マ・メール・ロワ ★
モーリス・ラヴェル、フランスのバスク地方に生まれた19世紀末から20世紀にかけて活躍した作曲家だ。
特にそのオーケストレーションの上手さには定評があり、「ボレロ」「ダフニスとクロエ」などのバレエ音楽や、ムソルグスキーの展覧会の絵のオーケスラバージョンなどが有名だ。

今日聞く『マ・メール・ロワ』は元々ピアノ連弾用の曲で、子供好きだったラヴェルが友人の子供のために「マザー・グース」題材に作曲したものだ。
『マ・メール・ロア(Ma Mère l'Oye)』とはマザー・グースのことだ。
本日手に取ったデュトワ+モントリオール交響楽団演奏のマ・メール・ロアはバレエ編曲版で、ピアノ連弾用のもの及び管弦楽版に前奏曲を付加して曲順を入れ替えたものだ。

1. マ・メール・ロワ 前奏曲
2. マ・メール・ロワ 第1場(紡ぎ車の踊りと情景)
3. マ・メール・ロワ 第2場(眠りの森の美女のパヴァーヌ)
4. マ・メール・ロワ 第3場(美女と野獣の対話)
5. マ・メール・ロワ 第4場(一寸法師)
6. マ・メール・ロワ 第5場(パゴダの女王レドロネット) 終曲(妖精の国)

(第5場と終曲は1トラックに収められている)

とても幻想的でどこか東洋的なテイストを持った曲で、ピアノ連弾よりもそうしたラヴェルの特徴がはっきりして、不思議な世界に旅たてるこのバレエバージョンを私は好んで聞いている。


【ドビュッシー 『ベルガマスク組曲』】
『ベルガマスク組曲』



<今日の一枚>
マ・メール・ロアはデュトワで良いと思っている。
それほど、この曲の優美で幻想的な特徴を聞かせて貰える盤だ。
■ラヴェル マ・メール・ロア(バレエ版全曲)
 シャルル・デュトワ指揮 モントリオール交響楽団

51-Jd9Mo5pL__SL500_AA300_.jpg


関連記事
スポンサーサイト
2013.05.19 Sun l ラヴェル l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://007mousike.blog.fc2.com/tb.php/44-d80fe70f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)