★ fly me to the moon ★
月に飛ばして!では風情がない。
そう、「私を月に連れて行って」。
フランク・シナトラが大ヒットさせた、ジャズの超スタンダードナンバー。
今朝は、この詩に酔いしれてしまった。
昔から知っている曲だし、詩の内容も分かっているが、時々とても切なくこの詩が心の琴線に響く。
昨日の晩から今朝が、丁度その時。

ほんの一節を
Fly me to the moon
中略・・
in other words,hold my hand!
in other words,daring,kiss me!

恋人に比喩的なおねがいをして、言い換えれば・・・言い換えれば、と本音をそっと囁く。
可愛い女性の心根が、いたずらっぽく歌われる。
思わず、微笑んでしまう。

この曲最初は三拍子だったというから驚きだ。
そちらのバージョンは聞いたことがない。
やっぱりボサノバ風の聞き慣れたFly me to the moonがいいような気がするが。

これだけ有名な曲になると、どれを聞くかはある意味大問題だ。

〇 ナット・キング・コール 〇
ナット・キング・コールはどうだろう。
ナット・キング・コール fly me to the moon

〇 フランク・シナトラ 〇
かなり古いが、王道とも言えるフランク・シナトラはどう?
フランク・シナトラ fly me to the moon
シナトラの音源は、他にも沢山のものがネットに存在する。

〇 ジュリー・ロンドン 〇
やっぱり女性の声の方がいいですか?
ジュリー・ロンドン fly me to the moon

〇 オスカー・ピーターソン 〇
最後はこの人、私の敬愛するオスカー・ピーターソンで決めよう!
オスカー・ピーターソン fly me to the moon




 fly me to the moon 
関連記事
スポンサーサイト
2013.04.12 Fri l ジャズ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://007mousike.blog.fc2.com/tb.php/28-84649c09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)