★ もう一つの春の歌 ★
先日、春を待ちながら大貫妙子さんの「春の手紙」をご紹介した。
この頃は、桜の便りも聞こえ始めて正に『春』真っ盛りになった。(朝晩はまだちょっと寒いが)
そこで、今日はスピッツの『春の歌』。

〇 スピッツ 〇
確か2005年の歌だから、もう8年前か、正宗君もまだ若かったなぁ~。
アクエリアスのCMソングに使われたんじゃないですか?
正宗君の良く通る声が、春の青空に届くような爽やかさのある歌でした。
『春の歌 愛も希望もつくりはじめる ・・』♪

〇 春の高原 〇
2006年春、私は長野県蓼科高原を訪れていた。
真っ青に晴れた春のその日、平日で車も少ないヴィーナスラインを颯爽とドライブした際に、スピッツをカーステレオでガンガンかけていた。
平和を愛する大人しい私だって、たまには弾けたい時があるのだ。
誰にも迷惑はかからないヴィーナスラインだったから。
『どうでもいいとか そんな言葉で汚れた心 今放て!』、ほんとにそんな心境だった。
この歌をエンドレスに設定して、ひたすら走って行った。
抜けるような青空に向かって・・・。


【ユーミン 春よ来い 】
春よ来い
【大貫妙子 春の手紙】
春の手紙
【鈴木祥子 ときめきは涙に負けない】
ときめきは涙に負けない



<今日の一枚>
スピッツ 「スーベニア」 (「春の歌」が収録されたアルバム)(「正夢」も入ってますよ)

21FFVWES3ML__SL500_AA300_.jpg

スピッツ「春の歌」


関連記事
スポンサーサイト
2013.03.27 Wed l J-POP l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://007mousike.blog.fc2.com/tb.php/19-622d8b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)