★ ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 Op.15 ★

うかうかしていたら、もうすぐ梅雨の季節になってきた。
雨の日々が続く前に、せめて音楽は爽やかなものを聴きたい。
おっかない風貌だが、青年期のベートーヴェンの双眸には輝きがあった。
そんな頃の軽やかなピアノコンチェルト。

○ ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 Op.15 ○
この曲は、1794年から95年にかけて書かれたと言われており、作曲年代的には続く第2番よりも後に書かれたそうだ。
数年前に書かれた変ホ長調(ピアノパート譜のみ現存)のコンチェルトを入れると実質3番目のコンチェルトということになる。

1.第1楽章(Allegro con brio)
ハ長調。4/4拍子の所謂協奏ソナタ形式。
まずとてもシンプルに「ドー、ド、ド、ド」と主音の連打で始まる。
24歳のベートーヴェンは素直で明瞭な主題を提示する。
まるでハイドンのような素直さだ。
独奏ピアノが入って来ても、モーツァルトのごとく極めて優雅なメロディラインだ。
途中、一呼吸おいて変ホ長調に転調する。
この辺はいかにもベートーヴェン、単純なままでは終わらない。

2.第2楽章(Largo)
変イ長調 。2/2拍子の三部形式。
いきなり独奏ピアノから入る緩徐楽章。
ほのぼのとした田園風景が浮かんでくるような美しい楽章だ。
おっかない顔の楽聖だって、舐めて貰っては困る。(誰も舐めてはいないと思うが・・・)
こんなに温もりのあるメロディが作れるのである。

3.第3楽章(Rondo Allegro)
主調に戻り、2/4拍子のロンド形式。
この楽章もいきなり独奏ピアノがロンド主題を軽やかに歌い出す。
厚いオーケストレーションに彩られて、ピアノがいかにも楽しげに躍動する。
そして、最後は堂々と締めくくられる。

全体でも40分足らずの演奏時間で、実に爽やかなコンチェルトである。


<今日の一枚>
今日はグルダでいこう。
グールドやバーンスタインでも良かったのだが、ベートーヴェン初期の傑作をウィーンの正統的な音で聴きたかった。
気儘と評されることもあるグルダだが、このベートーヴェンでは一つ一つのパッセージを緻密に丁寧に積み上げている感がある。
所謂美音に拘る訳では無く、モーツァルト的なベートーヴェンをとても真面目に表現していると思う。
ホルストとウィーンフィルのサポートも完璧だ。
使用ピアノは勿論ベーゼンドルファー。

■ ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番/第2番
フリードリッヒ・グルダ(Pf.)、ホルスト・シュタイン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

213RTYRWPZL.jpg

<推薦盤>
私はグールドには慎重なのだが、このベートーヴェンは実に爽快で後味も良好。
グールド自身あまり協奏曲は好まなかったようだが、ベートーヴェンやバッハは好んで録音も残している。
実に速いテンポで、とてもモーツァルト的なベートーヴェンだ。
(第1番はゴルシュマンの指揮によるコロンビア交響楽団の録音)
■ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集
 グレン・グールド(Pf.)
 指揮:ゴルシュマン(ウラディミール), バーンスタイン(レナード), ストコフスキー(レオポルド)
 オーケストラ:コロンビア交響楽団, ニューヨーク・フィルハーモニック, アメリカ交響楽団

51N8rB8r8gL.jpg

関連記事
スポンサーサイト
2015.06.10 Wed l ベートーヴェン l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

★赤影★さん、こんにちは。^_^
雨の日もその良さを見つけて楽しみたいのですが、カメラが濡れてしまうので困ります。狙い目は雨上がりでしょうかね。^_^
このピアノ協奏曲第1番は耳に心地よくて結構好きな曲です。
ダイナミックでかっこいいし、ベートーヴェンにしてはかなりロマンチックですし、3楽章の躍動的なオーケストレーションなどは堪りません。
2015.05.25 Mon l akifuyu102. URL l 編集
コメントありがとうございます^^
akifuyu102 さん
こんにちは!(^_^.)
なるほどぉ、雨の日にはカメラが気になりますか。
そうですね、紫陽花を狙うのもリスクがありそうですね。(^^)
愛機を駆使してのakifuyu102 さんの写真、また楽しみにしております。^^

このベートーヴェンのピアノコンチェルトは、akifuyu102 さんの仰る通りで、ベートーヴェンにしては親しみ易い曲ですし、そうそう特に第3楽章は非常に躍動的で心地よいですよね。
akifuyu102 さんは、ブログを引越しされましたけど、これからも宜しくお願いいたします。
2015.05.25 Mon l ★赤影★. URL l 編集
私はリヒテル
ピアノ:グールドのピアノ、ゴルシュマン指揮コロンビア交響楽団の演奏もCDで時々聴きますが、私のお気に入りはミンシュ・ボストン響によるリヒテルの演奏です。
昔のレコードですが、一番はじめに買って聴いたベートーベンのピアノ協奏曲でしたから、その思い入れも強いのでしょう。
何か他と違う「ベートーベンです」よって云うような匂いが漂う演奏です。
2015.06.01 Mon l MK. URL l 編集
Re: 私はリヒテル
MKさん、コメントありがとうございます。
ああ、宜しいですねぇ。
リヒテル/ミンシュ の名盤がありますね。
腕達者同士がしのぎを削るというよりも、お互いを認めながら協奏したという演奏でしたよね。
私もLPで聞いたことがあるのですが、今では音源が入手しにくくなっているようですね。

>何か他と違う「ベートーベンです」よって
なるほど、仰る通りですね。
格調高いと言っても良いのかもしれません。
グールドは、はっきり好みの別れる演奏家ですし、私もいつも慎重になります。
モーツァルトなどは、あまり聴きません。
けれど、このベートーヴェンは非常に軽快に弾きこなしていて親しみ易くもありました。(^_^.)

MKさんの記事を拝見しますと、草花や自然への愛情も深くて、気づかされることが多いです。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。


> ピアノ:グールドのピアノ、ゴルシュマン指揮コロンビア交響楽団の演奏もCDで時々聴きますが、私のお気に入りはミンシュ・ボストン響によるリヒテルの演奏です。
> 昔のレコードですが、一番はじめに買って聴いたベートーベンのピアノ協奏曲でしたから、その思い入れも強いのでしょう。
> 何か他と違う「ベートーベンです」よって云うような匂いが漂う演奏です。
2015.06.02 Tue l ★赤影★. URL l 編集
グールド
こんにちは♪
おかげさまでみんな元気に帰って参りました。
母に合わせての旅でしたので、ゆっくり休みながら
楽しんできました。コメントいただきありがとうございました。嬉しかったです。

さて、グレン・グールドといったら、バッハでしょうね♪
グールドのレコードは、実家に平均律とフランス組曲があると思います。
彼はピアノを弾きながらメロディや主題を鼻歌の様に歌います。
しっかり録音されているので、始めは驚きました。
ピアノの音色は透明感があり本当に美しい音色です。やはり天才なんですね。
グールドのベートーベンも聴いてみたいです。
2015.06.07 Sun l マリー. URL l 編集
Re: グールド
おはようございます!(^_^.)

マリーさん、コメントありがとうございます。
そして、お帰りなさいませ。(*^。^*)
無事に帰国なさったのですね、良かったです。
お母様も楽しめたようで、本当に素敵な旅になりましたね。^^
ヨーロッパ旅行記、楽しみしております。(^_^.)

そうですね、グールドと言えばまずバッハでしょうね。
グールドの平均律は、もはや伝説でもありますからね。^^
ベートーヴェンのコンチェルトでも、その存在感はただ者では無いと感じさせれらます。
ああ、そうですね、グールドの鼻歌(ハミング)は有名ですね。^^
それが故にグールドは買わないという人もいるぐらいですけど・・。^^;

マリーさん、お母様、(^^)、お帰りなさいませ。

2015.06.08 Mon l ★赤影★. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://007mousike.blog.fc2.com/tb.php/122-24eb6c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)