★ ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:44 ト短調 ★

12月は仕事がハードで、いつも欠かさず拝見している方のブログを訪問するのがやっとで、自身の更新は放棄していた。
漸く仕事納め、少しゆっくりしたい・・・。

そこで、今日はバッハとハイドンで身体の芯から癒そうと思った。
ハイドンのこのト短調のソナタは、所謂ホーボーケン番号で16/44、ランドン版の番号で言えば32番ということになる。
作曲年代については定かではないようだが、1770年頃だと言われている。
私には一瞬スカルラッティにも聴こえる、このト短調ソナタが好きで度々聴く。

〇 程好いメランコリック 第1楽章 〇
ト短調、ソナタ形式で書かれたこの楽章は、繰り返しも特徴的で第1主題のト短調のメロディが支配的な楽章だ。
スカルラッティの短調のソナタを彷彿とさせるこのメランコリックさは、長調へ転調する際の心地よさも相俟って、私には本当に程好いため息に聴こえるのだ。
シンコペーションやハイドンらしいトリルも大変効果的で、とても優雅だ。

〇 躍動的な 第2楽章 〇
この楽章もト短調、第1楽章のメランコリックを受け継ぎながら、躍動的な主部を持つコーダ付きの三部形式か。
中間部で二長調に転調する変貌が美しい。
旋律線は徐々に流麗な線を描き出し、締めでは短調の余韻を残しながらも長調で喜ばしく終わる。

〇 村上春樹氏 「1973年のピンボール」 〇
この曲は、実は村上春樹氏の2作目の長編である「1973年のピンボール」に登場している。
私は、自分が愛聴していたト短調ソナタがこのような形で文学の中で生命を与えられるのを不思議な感動で迎えていた。


僕があぶなっかしく積み上げられたバリケードがわりの長椅子をくぐった時には、ハイドンのト短調のピアノ・ソナタがかすかに聞こえていた。山茶花の咲いた山の手の坂道を上り、ガール・フレンドの家を訪ねるときのあの懐かしい雰囲気そのままだった。
(村上春樹氏『1973年のピンボール』から)


山茶花の咲いた山の手の坂道・・・、閑静な住宅地の瀟洒な家々が立ち並ぶ坂道を、彼女の邸宅に向かって登っていく。
赤い山茶花に彩られた垣根には柔らかい午後の日差しが静かな陰影を作っている。
懐かしい青春の1ページ。


<今日の一枚>
今日はリヒテルの確かなテクニックに支えられた叙情的なハイドンを聞こう。
フォルテピアノでの演奏も勿論良いのだが、モダンピアノでの深みのある音色でのハイドンも良いものだ。
■ハイドン:ピアノソナタ第40番&41番&44番&48番&52番
 スヴャトスラフ・リヒテル(Pf.)

41yOLyEICxL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
ハイドンのピアノソナタは、あまり人気のあるものではないので、CDのチョイスも限られてくる。
しかし、ヴァルター・オルベルツの全集は素晴らしいものだ。
非常に洗練された演奏で、ハイドンのソナタの楽しさや良い意味での「軽み」を表現していると思う。
全集という大仕事を見事に遣り遂げてくれている。
■ハイドン:ピアノソナタ全集
ヴァルター・オルベルツ(Pf.)

41N-TbnB-lL.jpg
関連記事
スポンサーサイト
2013.12.30 Mon l ハイドン l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

良い曲ですね。(^^)
こんにちは。
お仕事がお忙しかったのですね。景気が上向いても人員は
簡単に増やして貰えませんし、どこも大変ですね。

ハイドンのピアノソナタは初めてです。
美しい響きですね。それにロマンティックな香りがします。

音楽って不思議な力がありますね。
全く関心の無かった曲がその時の心のあり様で涙することさえあるのですから。
2013.12.30 Mon l akifuyu102. URL l 編集
Re: 良い曲ですね。(^^)
こんばんは!
そうですね、どこの企業もまだまだ大変ですね。
しかし、仕事が増えるのはありがたいことでもあります。(^^)

ハイドンのピアノソナタは60曲以上遺されていると思いますが、
あまり人気は無いのかも知れません。
でも、私は以前から結構好きであれこれ引っ張り出して聴いています。
「まぁ、ゆっくりしたら?」と言ってくれているようで、肩がこりません。(^^)

>音楽って不思議な力がありますね。
>全く関心の無かった曲がその時の心のあり様で涙することさえあるのですから。
ほんとにそうですね。
音楽の持つ魔力は、時として人の人生にさえ力を及ぼします。
でも、より良い人生を歩むために、音楽で涙する感性みたいなものは大切に
したいですね。(^^)

> こんにちは。
> お仕事がお忙しかったのですね。景気が上向いても人員は
> 簡単に増やして貰えませんし、どこも大変ですね。
>
> ハイドンのピアノソナタは初めてです。
> 美しい響きですね。それにロマンティックな香りがします。
>
> 音楽って不思議な力がありますね。
> 全く関心の無かった曲がその時の心のあり様で涙することさえあるのですから。
2013.12.30 Mon l ★赤影★. URL l 編集
こんばんは。
お仕事お疲れ様です!
昨日あたりから「色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年」を読んでいますが、村上春樹は音楽が重要な要素となっていますね。

私はピアノはあまり聴く方ではないのですが、お陰様でルービンシュタインの夜想曲など今年は色々と出会いがありました。
2013.12.30 Mon l sankichi1689. URL l 編集
Re: こんばんは。
こんばんは!
ありがとうございます。
仕事はやっと終わりました。(--)

「色彩を持たない・・」をお読みですか。
そうですね、村上春樹さんの小説では音楽は重要ですよね。
村上さん自身がクラシックやジャズには相当に造詣が深い方ですから、音楽に関する記述だけでも学びを貰えます。
ああ、ルービンシュタインですか、ショパンの夜想曲で会話が出来ましたね。(^^)

sankichi1689 とは、シューマンでも偶然にも同時にレヴァインでラインを聴いていたり、縁がありましたよね。
嬉しかったです。
sankichi1689 の記事には、音楽的な刺激や示唆を頂いて、次に聞く選曲にも参考にさせて頂きました。

どうぞ、ご家族と温かいお正月をお迎え下さいませ。
来年も宜しくお願い致します。
2013.12.30 Mon l ★赤影★. URL l 編集
明けましておめでとうございます
 小説の中の音楽って印象に残りますね。

読後、以前聴いた曲なら久々に聴いてみようと
思うし、初めて知った曲なら、ちょっと聴いてみようかと思うし。。。

文章から拡がる音楽の世界というのは 読者の琴線に触れると両者の相乗効果もあり、思わぬ幸福をもたらしてくれますね。


2014.01.02 Thu l 薔薇ねこ. URL l 編集
Re: 明けましておめでとうございます
コメントありがとうございます。
そうですね、小説の中での音楽というものもとても重要な要素ですね。
そうそう、以前聞いた曲ならば久し振りに聞いてみようと思いますし、知らない曲なら
CDを買ってみようかと思ったり・・。
中でも、思いがけない出会いが出来た音楽は印象も深くて一生モノですね。(^^)

2014.01.03 Fri l ★赤影★. URL l 編集
はじめまして
こんばんは、私はタワシと申します。
FC2の足跡からやってきました。
独学で、「下手の横好き」という言葉がぴったりのピアノを弾いてますが、まさに今、この曲を練習しています。
ハイドンのピアノ曲は全体的にあまり人気のあるとはいえないような気がしてましたが、最近私のお友達でも弾いている人が多いです。
YOUTUBEでも、この曲をいろいろ聴きましたが、★赤影★さんのお勧めで、私も以前から愛聴しているリヒテルの演奏が一番好きです。★赤影★さんとは趣味が合いそうでうれしいです。

最近お仕事お忙しそうですね。
コメントレスはどうぞお気になさらず。
(でも、ブログの更新は待っています。)
また遊びに来ますね。
2014.10.09 Thu l 私はタワシ. URL l 編集
ありがとうございます
はじめまして!タワシさん(^^)

コメントありがとうございます。
ずっと以前よりタワシさんのブログにはお邪魔しておりました。
ですのに、黙ったままで大変失礼致しました。

タワシさんのブログは、まずタイトルが面白いなァァと惹かれました。(^^)
ユーモアのある方のブログは、肩肘張らずに拝読できて好きなんです。
先日の記事で、このハイドンのソナタについて触れられているのを見て
思わず
「良いセンス!!」
と喝采申し上げておりました。(^^)
ハイドンのピアノソナタは、確かにあまり人気のあるものとは言えないでしょうが
私は、とてもハイドンらしい、優しくて上品な作品群で、人生を気軽に考えたい時
などに愛聴しております。^^
ハイドンの人柄でしょうか、ゆっくり行こうよ、と語りかけてくれているように聞けえます。

リヒテルの演奏は素晴らしいですよね。
この曲の魅力を、静かに語ってくれています。
タワシさんとは、ほんとに趣味嗜好についても楽しくお話できそうで嬉しいです。

これを機会に、今後共よろしくお願いします。m(_._)m
2014.10.10 Fri l ★赤影★. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://007mousike.blog.fc2.com/tb.php/100-c400343c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)