★ CASIOPEA 『SIGNAL』  ★

一念発起して、大切なはずなのに乱雑に積み上げられたCDの整理をしようと思い立った。
半日ほどは真面目に整理作業に没頭していたが、何枚ものCDやDVDを拭き清めている内に、どうせなら何か聞きながらやるほうが人間的だと思った。(飽きてきたのか・・・)
それが運のつきで、「うーん、やはりCDは整理するためにではなく、聴くために存在する」などと、根性無しの言い訳たらたらで見事に途中で挫折してしまった。(続きはまた後日、、ということで・・)
だから、今日は私の手を止めたジャズ・フュージョンだ。

CASIOPEAは1977年に野呂一生(ギター)、櫻井哲夫(ベース)、向谷実(キーボード)、佐々木隆(ドラムス)によって結成された所謂フュージョン・バンドだ。
私が、このバンドの演奏を好んで聞くようになったのは、ドラムスが神保彰に替わったあたりからでCDも30枚程度は所有している。
このバンドの特徴としては、何と言ってもリーダーでもあり殆どの楽曲を作曲している野呂一生の個性が光る、心地よいサウンドが迸るバンドだ。
ハーモニーやコード進行では結構複雑なこともやっているのだが、出来上がったサウンドは海辺のコテージや高原のドライブにも似合う、バランスの良い野呂サウンドだ。

万一CASIOPEAをご存じで無い方も、ひところは頻繁にTVのドラマやバラエティなどでもBGMに使われたりしたので、そのサウンドには触れておられると思う。

〇 『SIGNAL』 〇
この『SIGNAL』 というアルバムは2005年に発表されたもので、2006年にCASIOPEAとしての活動が一旦停止される少し前のアルバムだ。
CASIOPEA+Sync DNA ということで、ここではドラムスに神保彰と則竹裕之によるSynchronized DNAが参加している。
則竹裕之さんは例のT-SQUAREのドラムスを担当していたドラマーだ。(当初はTHE-SQUAREか?)



1. AWAKEN
2. MIST
3. 心・奥 KOKORO-CK
4. WILL YOU LOVE ME TOMORROW
5. ESCALATION
6. ASOBIにつれてって
7. LIFE LONG SERENADE
8. PITY
9. ARDENT
10. PAST AND FUTURE


一曲目の「AWAKEN」から、ああ野呂サウンドだ。
のりのりのサウンドで、夏を見送るのにもおあつらえ向きだ。
向谷さんのキーボードと野呂さんのギターが、掛け合いながら疾走していく。

2曲目の「MIST」はキーボードの向谷さんの曲で、少し気怠めのメロディーをシンセサイザーで奏でていく。
そう言えば、大分以前に鉄道ネタにも強い向谷さんがTV番組に出演していて、誰だったか覚えていないがお笑いの方が「誰だこのおっちゃん」みたいなことを言ったことがあった。「こあらぁぁ、天下の向谷さんに向って無礼な!」と思ったが、確かに風貌はそのような方なので・・・。
しかし、向谷さんの音楽は私は大好きだ。

4曲目の「WILL YOU LOVE ME TOMORROW」、最初のピアノによるメロディは、まるで募る想いを語るかのようで、その語りかけに野呂さんのギターが応えているかのように聴こえる。
神保彰さんの曲だ。

全編にわたって、Synchronized DNAによる、正にシンクロするフィルインなどもかっこ良くて、魅力的なアルバムに仕上がっている。


<今日の一枚>
■SIGNAL
 野呂一生(Guitars)、向谷実(Keyboards)、鳴瀬喜博(Basses)
 Synchronized DNA(神保彰&則竹裕之)(Drums)

41VYFTC06GL.jpg



スポンサーサイト
2017.03.31 Fri l ジャズ l コメント (9) トラックバック (0) l top