上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ モーツァルト フルート協奏曲第1番 ト長調 K.313 (285c) ★

まだまだ寒い日々が続いているが、そろそろ春の顔が見え始めた今日この頃、軽やかなモーツァルトを聴きたい。
この優雅にして軽快なフルート協奏曲は、1777年秋から1778年初頭にかけてマンハイム滞在時に書かれたと言われている。
当時のフルートはまだまだ音程が不安定で扱いにくい楽器であったようで、モーツァルトの書簡にはこのフルートと言う楽器を嫌っているような記述も見える。
額面通りに受け取っていいのかは、諸説あるようだが、とにかく2曲残したフルート協奏曲は、富裕なオランダ人であるドジャンという素人フルート愛好家からの作曲依頼で作られた。
モーツァルトがマンハイムで親交を持った、宮廷楽団のフルート奏者ヴェンドリングという人が仲介している。

実はドジャンからは『軽めの協奏曲を3つと、四重奏曲を何曲か』という注文であったにもかかわらず、モーツァルトは約束を守らずこの2曲の協奏曲と3つの四重奏曲を渡したようである。
しかも第2番の方は、オーボエ協奏曲を移調したもので、おやおや手抜き?と言いたくなるような仕事だった。
従って、ドジャンから受け取った報酬は約束の半分以下だった。
似たようなお話は他にもあるが、このマンハイム時代のモーツァルトが上の空状態だった理由は、恐らくアロイジア・ウェーバー(後に奥様になるコンスタンツェの姉)との恋の行方が気になっていたのだろう。

○ フルート協奏曲第1番 ト長調 K.313 (285c) ○
このフルート協奏曲、モーツァルトが嫌いだった楽器とはとても思えない程、のびのびと歌っている。
音域もフルフルに使い切って、可憐なメロディーがいかにも女性的な佳品だ。

1.第1楽章(Allegro Maestoso)
ト長調。4/4拍子のソナタ形式。
まず弦に第1主題が現れる。
第2主題は穏やかな表情で、堂々とした第1主題とは対照的だ。
モーツァルトのピアノコンチェルト的なメロディラインは、なんとも優雅だ。
独奏フルートが入って、平行調への転調などを交えて華やかな展開を重ねる。
この楽章、いかにもモーツァルトらしい、素直で明るいメロディが爽やかだ。

2.第2楽章(Adagio ma non troppo)
ニ長調。4/4拍子のソナタ形式。
ゆったりとした導入部に続いて、独奏フルートとヴァイオリンに第1主題が現れる。
ここでの独奏フルートは、たっぷりと歌うことが要求される。
弦との掛け合いが印象的な、美しいアダージョだ。

3.第3楽章(Tempo di Menuetto)
主調に戻り、3/4拍子のロンド形式。
出だしの3拍子を聴くと、「ああ!メヌエットか」と思える。
この楽章は独奏フルートが、出ずっぱりでかなりテクニカルな演奏を聴かせ、最後は緩やかに曲を閉じる。


<今日の一枚>
今日は以前ルツェルン歌劇場の主席指揮者も務めていたグラーフのフルートで聴いた。
第1楽章は、以前よく聞いていたハンス=マルティン リンデのフルートよりも堂々としている。
モーツァルトの指示に忠実だと言えるだろう。
グラーフのフルートは、力強さと典雅さを併せ持つ多彩さが良いと思う。
■ モーツァルト:フルート協奏曲集
ペーター=ルーカス・グラーフ(FL.)、レイモンド・レパード指揮 イギリス室内管弦楽団


517L9L0hiSL__SX425_.jpg


<推薦盤>
勿論、オーレル・ニコレもランパルも良い。
だが、ここはオーケストラも含めた総合力でベーム盤を推薦したい。
ヴェルナー・トリップとウィーンフィルの息はぴったりで(当たり前か・・)、ベームが全体を掌握しきっている。
コスパも大変良い盤だ。
■モーツァルト:フルート協奏曲第1番、オーボエ協奏曲、ファゴット協奏曲
 ヴェルナー・トリップ(FL.)、カール・ベーム指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


91B4ajoF9bL__SL1435_[6]


スポンサーサイト
2015.03.18 Wed l モーツァルト l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。