上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ チャイコフスキー 『四季』 作品37b ★

今日楽しんだのは、先日も登場頂いた「ギャラリー薔薇ねこ館」さんのご提案で、チャイコフスキーのピアノ曲『四季』だ。
漸く暖かくなって春を感じるこの頃だが、太陽の光が生気を帯び、私の部屋から見える何と言うことの無い風景すら、ルノワールの描いたセーヌ河の河畔風景に見える(う~ん、かなり無理があるか・・)から不思議だ。
そんな頃に聴くにはうってつけの季節感溢れる曲集だ。
『ギャラリー薔薇ねこ館』

チャイコフスキーと言うと、真っ先に思い浮かぶのがバレエ音楽(「白鳥の湖」「くるみ割り人形」等)やシンフォニー(特に4番~6番)そして、ピアノとヴァイオリンのコンチェルトなどかも知れない。
だが、ピアノの為の小品も結構な数を遺している。
折に触れて作曲されたピアノ曲を纏めて「6つの小品」というように構成されたものがいくつかあったりするが、現在最も親しまれているチャイコフスキーのピアノ独奏曲はこの『四季』だろう。

〇 「Nouvelist」の企画 〇
1875年にペテルブルクで創刊された音楽雑誌「Nouvelist」で、1月~12月の各月にマッチしたロシアの詩をチョイスして、その詩に合わせた曲を連載するという企画があり、チャイコフスキーに作曲が依頼された。
チャイコフスキーは1875年の12月から1876年の11月にかけて12のピアノ曲を書き上げ、それは後日『四季』として出版されることになった。

〇 『四季』 〇
曲は次の12曲から成る。
全体としては、各曲3部形式で書かれたシンプルな構成で、1月から2月が下属調、3月から4月が平行調、6月から7月及び8月から9月が下属調平行調というように曲間の調性連携も全体の統一感を考えて整えられているのだと感じる。
(春夏秋冬で捉えるのが正しいのかも知れない)

1.1月<炉端で>
(イ長調、3/4拍子)
1月のプーシキンの詩は、こんな感じだった。
穏やかな幸せの一隅
夜は黄昏に包まれたしまった
暖炉の火が少し弱まり
蝋燭の火は燃え尽きてしまった
(Alexander Pushkin, 1799-1837)


ロシアの冬は雪に閉ざされて、家の中で暖をとるひと時が至福の時間でもあるのだろう。
何とはなしに物思いにふける風情の音楽かと思うが、穏やかに始まる曲集の劈頭、単調に陥らない温もりが必要だ。
3部形式の中間部では、転調を繰り返しながらの分散和音で、暖炉の炎のゆらめきとそれが浮かび上がらせる室内の情景を描いているように思える。

そして最後の和音4連打のところで、「蝋燭は燃え尽きた」は表現されていると思うので、ここは余韻を持って「フッ」と消える炎を表現する演奏が好きだ。

2.2月<謝肉祭>
(ニ長調、2/4拍子)
謝肉祭の喧騒と、活き活きとした人々の様子が描かれている。

3.3月<ひばりの歌>
(ト短調、2/4拍子)
当時のロシア暦は陰暦だったと思うので、4月頃のひばりの歌だ。
とても美しいメロディで歌われるフランス的なひばりの歌だと感じる。
しかもト短調だ。

4.4月<松雪草>
(変ロ長調、6/8拍子)
松雪草は雪解けに咲く花だそうだが、チャイコフスキーは春の訪れをシューベルト的な息の長いメロディでメンデルスゾーンのように歌わせている。
それでも私は全体としてはサティっぽい音を感じる。

5.5月<白夜>
(ニ長調、8/9拍子)
安らぎに満ちた白夜が神秘的な旋律で歌われる。
中間部は2/4拍子で少し浮き浮きと初夏らしさが表現されている。

6.6月<舟歌>
(ト短調、4/4拍子)
この曲集の中で、11月のトロイカと並んで単独でもよく演奏される有名な曲だ。
さすがは稀代のメロディメーカーであるチャイコフスキー、大変叙情的なメロディが印象的だ。
舟歌というと、ショパンやフォーレが浮かんでくるが、チャイコフスキーのそれは最もメランコリックで、私には夜のバルカロールだ。

7.7月<刈り入れの歌>
(変ホ長調、4/4拍子)
草刈人の歌とも言われるが、真夏の草刈風景だろう。
7、8月は風景というよりも、喜びに満ちて働く「人」に視線が当たっているように思う。
力感溢れる主部に始まって、舞曲風の中間部にしても力強く働く人々が浮かんでくる。

8.8月<取り入れ>
(ロ短調、6/8拍子)
秋が訪れて、忙しい収穫の歌だ。
何故かロ短調だ、些か取り入れに焦っている感じだろうか。
中間部では収穫時の忙しさの中の束の間の休息だろう、ゆっくりとお茶でもしている風情。

9.9月<狩り>
(ト長調、4/4拍子)
狩りは、大変勇壮で胸を張った狩人が歌われているようだ。
トランペットやホルンといった金管を思わせる響きが、狩りの緊張と獲物へ向かう勇気の鼓舞を良く現している。

10.10月<秋の歌>
(ニ短調、4/4拍子)
センチメンタリズムの王様と言ってもいいチャイコフスキー。
この秋の歌は12曲中最も、そうしたチャイコフスキーの特性が表に出た曲だろう。
最初の一音から美しい、いや美しくたっぷりと弾かなくてはならない、出だしが重要な曲だ。
中間部では、やや立ち直るものの、憂鬱な足取りは消えはしない。

11.11月<トロイカ>
(ホ長調、4/4拍子)
このトロイカも舟歌同様、単独で演奏される機会の多い曲だ。
曲調的には10月までとは一線を画している感があるように思う。

この曲はあのラフマニノフが愛したことでつとに有名だ。
ラフマニノフは10代の頃に音楽教師であるニコライ・ズヴェーレフの自宅に住み込んでいたそうだが、そこをチャイコフスキーが訪れる機会があったようだ。
ズヴェーレフの誕生パーティの際にチャイコフスキーも招かれ、その席上でラフマニノフがこのトロイカを演奏したそうだ。
そうした関係でチャイコフスキーに大変可愛がられた才能溢れる若者は、以来このトロイカを愛奏したという。

1920年のラフマニノフの録音を聴いたことがあるが、ノイズの先から聞こえるそれは、表情をたっぷりつけたとてもロマンティックな演奏だった。
そしていかにもヴィルトゥオーソらしい卓越した演奏だった。(確かに上手い!)

12.12月<クリスマス>
(変イ長調、3/4拍子)
これも美しくメランコリックなワルツだ。
来る年への希望をこめて、少女たちがクリスマスを祝う軽やかなワルツなのだろう。
旋律線の移り変わりがとても印象的なワルツだ。


〇 6人組にはならなかったチャイコフスキー 〇
この『四季』は上述のように、ロシアの自然溢れる情景や農民の暮らしに愛情のこもった視線を当てたピアノ曲だ。
この曲集を聴くといつも思うのは、チャイコフスキーもやっぱりロシアという土地を、そして人を愛していたんだなぁということだ。
チャイコフスキーもロシアの民族音楽から曲調を発想したり、思い切りメランコリックなロシアの香りたっぷりな音楽を書いている。
例の「悲愴」の第2楽章での5拍子などの変拍子も民族音楽に由来するものだ。

だが、当時のバラキレフを中心に活動した所謂「ロシア5人組」とは、やはり本質的に違う音楽だと感じる。
この『四季』でも、チャイコフスキーが志向した音楽は、ロシアの香りを身に纏ったフランス的な音に思えてならない。
そして、私はそんなチャイコフスキーが大好きだ。


<今日の一枚>
以前はよくミハイル・プレトニョフのCDを聴いていたのだが、今日はトロップでいきたい。
ピアノ教師としても有名なウラジーミル・トロップはロシアのピアニストでラフマニノフの研究家でもある。
2010年のショパンコンクールで優勝したユリアンナ・アヴデーエワさんの先生でもある。
そして、このチャイコフスキーの四季は得意のレパートリーだ。
大きなストロークでピアノを鳴らしきるロシアのピアニストの中では、珍しく繊細なピアニズムを有したピアニストといっていいだろう。
この「四季」でも、ロシアの色はちゃんと漂わせながらも繊細なタッチで、そっと囁く様なパッセージを聞かせてくれるのだが、これが随所で嵌っている。

■チャイコフスキー:四季/ラフマニノフ:幻想的小品集 [Blu-spec CD]
 ウラジーミル・トロップ(Pf.)

819j0TXxfKL__AA1500_1.jpg
スポンサーサイト
2014.03.23 Sun l チャイコフスキー l コメント (2) トラックバック (0) l top
★ プッチーニ 歌劇 『ジャンニ・スキッキ』 ★

このところ仕事に追われながら、かろうじて生息してきた。
(それでも、お気に入りのブロガーさんのブログを訪問する楽しみだけは、仕事中でも決して放棄しなかったが・・。)
本日は事情があって休暇を取ったため、久し振りにオペラを観る時間を手にした。

この『ジャンニ・スキッキ』は、ジャコモ・プッチーニの唯一の喜劇であり、所謂「Il trittico(三部作)」の一幕物のオペラの第3作ということになる。
三部作とは『外套』『修道女アンジェリカ』そしてこの『ジャンニ・スキッキ』の3つのオペラを言うが、暗澹としたリアリズム漂う『外套』や宗教的な『アンジェリカ』よりも軽妙で機知に溢れた『ジャンニ・スキッキ』が恐らく上演機会も多く、私も3作中のみならずプッチーニの全作品の中でも最もよく聴く(観る)オペラの一つだ。

この3作はダンテの神曲の「地獄篇」「煉獄篇」「天国篇」から発想を得たとも言われており、地獄篇の中には確かに「ジャンニ・スキッキ」という人物のエピソードがチラッと出てくるようだが、このオペラは非常に世俗的な欲を扱った台本になっている。
それから、この後プッチーニは『トゥーランドット』を書くのだが、これは終幕途中で絶筆となっているため、この『ジャンニ・スキッキ』が彼が完成させた最後のオペラということになる。


〇 あらすじ 〇
さて例によって、超あらすじだ。

---
・時と場所
 1299年フィレンツェ ブオーゾ・ドナーティ家の寝室
・あらすじ(1幕物の喜劇)
 大金持ちのブオーゾ老人が亡くなった朝、寝室に集まった親戚が嘆いている。
 しかし、専らの関心事は老人が残した遺産、どこかにもありそうなお話だが、それを
 大袈裟に赤裸々に描いて始まる。
 親戚一同が遺言状を探し始め、ブオーゾの従妹ツィータの甥リヌッチョが発見する。
 ここで財産よりも恋人ラウレッタ(スキッキの娘)との結婚を望んでいるリヌッチョ
 は、結婚を認めてくれたら渡すと、条件を付ける。(この辺は重要な布石で、若い二
 人は愛に生きているのだ(^^))
 事が上手く運んだらと、これも条件付で結婚を認められたリヌッチョは遺言状を
 ツィータに渡すが、内容は噂通りで莫大な財産は全て修道院に寄贈するというもの
 だった。
 さぁて、どうしたものかと一同で悩んでいると、リヌッチョが知恵者のスキッキに
 相談したらどうかと言い始める。
 呼ばれてやってきたスキッキは最初は「やなこった」と言っているのだが、娘の
 ラウレッタの有名なアリア「私のお父さん」でほだされて協力することになる。
 死んだブオーゾに成り代わってスキッキが新しい遺言状を作る作戦が遂行されるの
 だが、最後にどんでん返しが待っている・・。

---

〇 聴き所 〇
このオペラでは各所でライトモティーフが現れるのだが、そのモティーフを巧みに使用して劇の世界に誘う、短い序奏から始まる。
スキッキに相談しようと提案する際には、リヌッチョがアリア「フィレンツェは花かおる木のようなもの」で、芸術と美の都フィレンツェでは、嫌がらせをやめて新しい仲間スキッキを迎えようと歌う。

そして、協力を嫌がるスキッキを説得する場面では、娘のラウレッタがあの名曲「私のお父さん」を歌い、愛するリヌッチョと結婚するにはお父さんの協力が必要なの、とおねだりする。

歌詞はこんな感じ、変イ長調の3/4拍子。

 ♪ ああ私の愛するお父さん
私は彼を愛してます、とても素敵なひとなの
ポルタ・ロッサへ行って指輪を買いたいの
そう、行ってみたいの

もし私の恋が叶わないのなら
私はポンテ・ヴェッキオに行って
アルノ川に身を投げるわ
私はとても苦しいの
神様、私は死んでしまいます

お父さま、お願い
お父さま、お願い ♪


私のお父さん

と、お父さんに半分脅しながらおねだりする歌だ。

2分ほどのとても短い歌なのだが、恋する娘の心情を何とも美しいメロディに乗せて切々と歌う私も大好きなアリアだ。

このシーン、このオペラではとても大切な場面なのだが、今日観たグラインドボーン歌劇場の演出ではなかなか面白かった。
アリアを聴いている内に段々ほだされていくスキッキが、ラウレッタの振り向く視線をタイミング良く避ける仕草や、最後にラウレッタがリヌッチョに手で合図を送って遺言状を受け取り、さっとスキッキに手渡すシーンなど、芝居としてもとても面白い演出で、歌手もなかなかの役者揃いだった。


<今日の一枚>
今日はオペラということもあって、DVDで鑑賞だ。
指揮者はウラディーミル・ユロフスキ。
録画当時はまだ32歳の若手だったが、ヨーロッパで大変評価の高い指揮者だ。
2001年からはグラインドボーン音楽祭の音楽監督に就いているが、この『ジャンニ・スキッキ』は2004年の音楽祭の時の映像だ。
このDVDでは、まず何と言ってもベテランのアレッサンドロ・コルベッリの歌唱と芝居が秀逸だ。
ボエームのマルチェルロやセヴィリアの理髪師のバルトロなどを歌わせたら名人だが、この喜劇の主役スキッキも見事に演じきっている。
それから脇を固めるツィータ役のパーマーも、さすがに上手いなぁと思わされるが、若い二人の恋人リヌッチョ役のマッシモ・ジョルダーノ(イタリアいけ面)とラウレッタ役のサリー・マシューズ(イギリス美人)が爽やかで、このオペラの財産争奪戦に涼風を吹き込んでいる。

■プッチーニ:歌劇《ジャンニ・スキッキ》グラインドボーン音楽祭2004 [DVD]
配役:
 ジャンニ・スキッキ:アレッサンドロ・コルベッリ
 ツィータ:フェリシティー・パーマー
 ラ・チェスカ:マリー・マクロクリン
 リヌッチョ:マッシモ・ジョルダーノ
 ラウレッタ:サリー・マシューズ
 他
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:ウラディーミル・ユロフスキ


4988001726012.jpg

こちらはブルーレイによる高画質盤だ。
これにはあまり知られていない、ラフマニノフの『けちな騎士』が併録されている。


<推薦盤1>
ジャンニ・スキッキの全曲録音で適正価格で入手可能なCDとなると、意外に少ない。
録音は1958年と古いのだが、ゴッビとロス・アンヘレスの名唱が聴けるサンティーニの録音を私はずっと聴いている。

■プッチーニ:ジャンニ・スキッキ
配役:
 ジャンニ・スキッキ:ティト・ゴッビ
 ラウレッタ:ヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレス
ローマ国立歌劇場管弦楽団
指揮:ガブリエーレ・サンティーニ

51Q6GE4ZZ1L.jpg


2014.03.07 Fri l プッチーニ l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。