★ ドビュッシー 二つのアラベスク ★

今日は軽やかにドビュッシーの小品を聴こう。
ドビュッシーの中では初期のピアノ曲、『二つのアラベスク(Deux Arabesques)』だ。
1888年の作品なので、ドビュッシーが初めてバイロイトに赴いてワーグナーの音楽に接した頃だ。
この『二つのアラベスク』は、ドビュッシーの作品の中では、作風上も和声的な志向に於いてもさほど重要な作品とは位置づけられてはいないが、洒脱なメロディと独特の視覚をイメージするような風情で日本でもとても人気のある曲だ。

この曲は以下の2曲から構成される。

1.Andantino con moto ホ長調
2.Allegretto scherzando ト長調


〇 3連符の ホ長調 〇
3連符の溢れるアルペジオで、アラビア風の唐草模様よろしく繊細なメロディラインを両手で紡いでいく、この第1番はとても有名だ。
テレビの番組や映画などでも色々なところで聞かれる、ドビュッシーの代表的なメロディの一つと言っていい。
3部形式の冒頭はサブドミナントから入る序奏で、この曲のイメージを特徴付けている。
6小節目から、例の主題が始まるのだが、所謂右手3左手2のポリリズムだ。

〇 細かい旋律線 ト長調 〇
第1番では両手の旋律線で織り成していった唐草模様は、第2番では右手に集約されてより細かい模様を作っていく。
第1番よりもかなり躍動的なメロディが可憐だ。
転調を駆使した表情の変化も、模様の微妙な移り変わりを表しているかのようだ。

〇 ポリリズム 〇
第1番でとても印象的なポリリズムだが、ポリリズムというと数年前にヒットしたPerfume の楽曲を思い出す。
今思い出せば、あの曲は基本的には4拍子で3人のシンクロした独特のダンスと中田ヤスタカ氏のソフトウェア音源によるテクノ風のサウンドが斬新だった。
ポリリズムが出てくるのは間奏部に当たる箇所(あれを間奏というと中田氏に怒られる。あの部分も歌なのだ。)で、「ポ・リ・リ・ズ・ム」と繰り返す部分だ。
4拍の基本リズムに「ポ・リ・リ・ズ・ム(ポ・リ・ルー・プ)」の歌唱を5拍で乗せ、ベース部は3拍を刻み、シンセサイザーは倍のリズムを刻んでいた。
ライブの際には、このポリリズムが展開する箇所の後、ノッチが歌いだすまでの間が何故か大盛り上がりになる。
多分これはポリリズム効果だと思う。(変拍子からの解放感みたいなもの)

Perfume ポリリズム (Polyrhythm)

<今日の一枚>
今日はアントルモンでいこう。
コルトーから連綿と受け継がれてきたフランス人のピアノがここにはある。
だが、このアラベスクには少し驚くのだ。
特に第1番なのだが、びっくりするくらいの高速演奏だ。
最初聞いたときにはちょっと違和感を覚えたのだが、聞き込む内に音の粒が天から次から次と舞い落ちてくるようなアラベスクも、引き締まった音像で魅力的に見えてきた。
■ドビュッシー : 月の光、亜麻色の髪の乙女
 フィリップ・アントルモン(Pf.)

41GSUp66ezL__SL500_AA300_.jpg

<推薦盤1>
フランソワのドビュッシーは素晴らしい。
ドイツ音楽を毛嫌いしたきかん坊のフランソワ、愛するドビュッシーではイキイキと演奏しているし、時折見せる独自のエスプリも気が利いていて聞き手を飽きさせない。
■ドビュッシー:ピアノ曲集第2集~映像、他
 サンソン・フランソワ(Pf.)

61dSlyxURBL__SL500_AA300_.jpg
スポンサーサイト
2014.01.28 Tue l ドビュッシー l コメント (13) トラックバック (0) l top
★ チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調作品35 ★

今日は、素敵な薔薇と手作りインテリアなどのコンテンツ、そして可愛いジル猫ちゃんがご案内役の「ギャラリー薔薇ねこ館」さんのご提案で、チャイコフスキーの唯一のヴァイオリンコンチェルトであるニ長調作品35を聴こう。
『ギャラリー薔薇ねこ館』

このあまりにも有名なコンチェルトは、私にとって小学生の頃の定番コンチェルトの一つだった。
所謂3大ヴァイオリンコンチェルトや4大ヴァイオリンコンチェルトと言う以上に、あまりにも美しくメランコリックで盛り上げ方の壷を知り尽くしたチャイコフスキーの手練にすっかりやられてしまったのである。
実は同時期にピアノコンチェルトの1番にも嵌り、毎日チャイコフスキーに浸っていた頃があったことを思い出す。

〇 3大(OR4大)ヴァイオリンコンチェルト 〇
ちなみにこの3大あるいは4大コンチェルトについては、

①ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームス
②ベートーヴェン、メンデルスゾーン、チャイコフスキー


の2通りの説があった。
そして、
・ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームス、チャイコフスキー
で4大コンチェルトとする説は、ほぼ定説になっているようだ。

これに、シベリウスやドヴォルザークなどを加えるべきといった色々な議論があるが、キリが無いのでここは4大に止めておこう。

また、4大コンチェルトの内ベートーヴェン、ブラームス、チャイコフスキーはいずれもニ長調で書かれている。
ヴァイオリンの場合、調弦の関係上倍音の響きが豊かになるこのニ長調が好んで使われる。
パガニーニの第1番もニ長調だ。(パガニーニのスコルダトゥーラを用いた演奏が物議を醸したコンチェルトだ)
他にもハチャトゥリアン、シベリウスなどはニ短調で書いている。

〇 二人の女性 〇
この曲が作曲されたのは1878年で、その前年にはチャイコフスキーにとって大変重要な女性二人との出来事があった。
一人はモスクワ音楽院での教え子であるアントニーナ・ミリコーヴァという女性で、1877年5月にミリコーヴァから愛を告白され同年7月にスピード婚を遂げている。
しかし、この結婚は僅か20日程で破局を迎える。(チャイコフスキーが同性愛者であったことは現在では周知の事実となっている。)
もともと本意ではなかったであろうこの結婚生活はチャイコフスキーを精神的に痛めつけ、モスクワ河での自殺未遂へと進んでしまう。

もう一人、運命的な女性とのプラトニックな愛情と、経済的な援助が始まったのもこの頃。
その女性は大富豪のフォン・メック夫人だ。
未亡人だったメック夫人は、ドビュッシーも音楽教師として出入りしていたことがあり、音楽家への理解が深いお金持ちだった。
そのメック夫人がチャイコフスキーの申し出を受け入れ、1877年から彼を経済的に援助するようになった。
この二人は生涯逢うことは無く、プラトニックな関係のままで、その後13年に渡ってチャイコフスキーは年間6000ルーブルもの年金を受け取ることになる。
チャイコフスキーのモスクワ音楽院での月給が50ルーブルほどだったというデータもあるので、この額は相当なものだったに違いない。(詳細は検証していません)

そんな環境の中でも、チャイコフスキーは精力的に代表作を完成させていったのがこの時期でもある。
1876年には交響曲第4番(弊ブログでも御紹介した)、1877年には歌劇『エフゲニ・オネーギン』、バレエ音楽『白鳥の湖』などを仕上げている。
離婚後暫くの間は創作活動もお休み気味になるのは、やはり立ち直るのに時間を要したということなのかもしれない。

〇 献呈者から拒否 〇
私が小学生だった頃の一時期学校から下校すると、家で必ずと言って良いほど聞いていたチャイコフスキーの二つのコンチェルト(ヴァイオリンコンチェルトとピアノコンチェルト第1番)は、どちらも献呈者からは拒否されてしまう。
ピアノコンチェルトはニコライ・ルビンシテインに、ヴァイオリンコンチェルトはレオポルト・アウアーによって演奏不可能とのレッテルを貼られ、ヴァイオリンの方はロシア人のヴァイオリニストで音楽教師であるアドルフ・ブロツキーに献呈されている。
ブロツキーによる初演は失敗に終わるが、彼は懸命に粘り強く演奏活動を続け、やがてアウアーもこの曲を認めるようになり、長い歴史を誇る西洋音楽の中で4大ヴァイオリンコンチェルトとまで言われるようになった訳である。
ブロツキーは正に功労者だ。

〇 親しみ易い 典型的な構成 〇
メンデルスゾーンのホ短調のコンチェルトとカップリングされることの多かった、日本でも非常に人気の高いこのコンチェルトは次の3楽章から成っている。

1.第1楽章(アレグロ・モデラート-モデラート・アッサイ)
ニ長調、ソナタ形式で書かれたこの楽章、まずアレグロ・モデラートの序奏部がとても印象的だ。
第1ヴァイオリンによる導入で管とのやりとりが上手い。
そして、独奏ヴァイオリンが早くもカデンツァ風に入ってきて、主部に移行する。
この序奏部、シンプルなのだが天才メロディメーカーらしいチャイコフスキーの掴みの上手さが既に現れている。
第1主題、独奏ヴァイオリンによる大変叙情的なメロディが奏でられる。
序奏部もそうだが、第1主題提示後ここで一盛り上がりを作って、第2主題も独奏ヴァイオリンに現れる。
こちらは、とても流麗なメロディで、よりメランコリックに聴こえる。
展開部では重音も駆使し、オーケストラも金管が色彩感を増す。
チャイコフスキー自身の作曲によるカデンツァの後、再現部では二つの主題を中心にダイナミックで推進力のある音楽がコーダまで突き進む。
第1楽章だけで、演奏時間は約20分ほどで全体の半分くらいを占める。

2.第2楽章(カンツォネッタ、アンダンテ)
こちらはト短調の3部形式か。
管楽器オンリーの導入に続いて、独奏ヴァイオリンがとてもとても悲しげなメロディを奏でる。
おお!チャイコフスキーだ。
この楽章での独奏ヴァイオリンと管楽器の遣り取りはとても美しい!
独奏者のロマンティシズムが発揮される楽章になる。

3.第3楽章(フィナーレ、アレグロ・ヴィヴァーチッシモ)
主調に戻ってロンド形式。
第2楽章からは、切れ目無く演奏される。
静かな第2楽章からいきなりオーケストラによる躍動的な序奏に入って、それを独奏ヴァイオリンが受けるのだが、ここでのピチカートの使い方もメリハリが利いていて上手い!
ロシア民謡風のロンド主題とそれより少しスローな中間主題が繰り返されながら、次第に激しく盛り上がっていって、最後は独奏ヴァイオリンとオーケストラが絶妙に絡み合って曲を閉じる。



<今日の一枚>
今日は私が子供の頃から愛聴してきたフランチェスカッティで聴こう。
このフランスのヴァイオリニストの美音は、他に類を見ないもので、とてもロマンティックでお酒に合う音色だ。
カップリングのメンデルスゾーンは私の父が最も愛した演奏だったこともあって思い出多い盤になっている。
■メンデルスゾーン & チャイコフスキー : ヴァイオリン協奏曲
 ジノ・フランチェスカッテッィ(Vn.)
 トマス・シッパーズ指揮ニューヨークフィルハーモニック
 ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団

51xTeocQ4-L.jpg


<推薦盤1>
この曲の名盤は数え切れないほど挙げたいところだ。
正直に言って、これはいい!と思った盤は2桁あるのだが、その中でもチョン・キョンファの演奏は素晴らしいと思う。
とても情熱的で心揺さぶる演奏だ。
彼女はチャイコフスキーを得意としていることがうなずける出来だ。
シベリウスとカップリングされた、衝撃のデビュー盤も良いが、ここはメンデルスゾーンとカップリングされたデュトワのサポート盤を挙げておく。
■チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
 チョン・キョンファ(Vn.)
 シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団

4197TCSJ9DL.jpg


<推薦盤2>
昔から名盤の誉れ高いオイストラッフも勿論一聴の価値があるが、それより少し新しいところでデュメイを挙げたい。
卓越したテクニックと、並外れた表現力、それをベースに正に自由奔放に歌っている。
■チャイコフスキー&メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
 オーギュスタン・デュメイ(Vn.)
 エミール・チャカロフ指揮ロンドン交響楽団

316n80dWOCL__SL500_AA300_.jpg


2014.01.19 Sun l チャイコフスキー l コメント (10) トラックバック (0) l top
★ ヨハン・シュトラウス 喜歌劇 『こうもり』 ★

新年を迎えて、音楽も喜ばしいものが良い。
ヨハン・シュトラウスのオペレッタ『こうもり(Die Fledermaus) 』だ。
このヨハン・シュトラウスは勿論ワルツ王であるシュトラウス2世のことだ。
おやじさんである1世も数々のワルツやポルカ、ギャロップなどを遺している。
おやじさんの作で最も有名なのが、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートでもお馴染みの「ラデツキー行進曲」だ。

さて、『こうもり』だが、原作はロデリヒ・ベンディックスの喜劇『牢獄』から、アンリ・メイヤックとリュドヴィック・アレヴィが書いた『レヴェヨーン』という喜劇だ。
1874年の作曲なので、ヨハン・シュトラウス49歳頃の作品で、シュトラウスらしい楽しいワルツ満載の私の大好きなオペレッタだ。
私は小学生の頃に、『ラ・ボエーム』の第4幕最後のロドルフォの慟哭でオペラの涙を教えられ、『ワルキューレ』の圧倒的な迫力に打ちのめされ、そして『こうもり』で西洋人が愛する洒落たオペラの本当の楽しさを覚えた。
以来、年末からお正月にかけてどこかで必ずこの『こうもり』を楽しむことにしている。
ヨーロッパの歌劇場でも年末には『こうもり』を上演することが慣わしなっていたりする。

〇 あらすじ 〇
例によって、超あらすじをお伝えしよう。
---
・時と場所
 1874年ウィーン郊外
・あらすじ(3幕物のオペレッタ)
 富裕な銀行家アイゼンシュタイン氏は些細な罪から数日投獄されようとしている。
 それより数年前にファルケ博士とある仮装舞踏会に出掛けて酔っ払い、アイゼンシュタインは
 ファルケ博士を家まで送る筈だったのに公園?にホッタラかして先に帰ってしまう。
 こうもりの扮装のファルケ博士は翌朝目を覚まして、大勢の人に笑われて「こうもり博士」
 との異名をとってしまう。
 そう、この喜劇はアイゼンシュタインのお陰で大恥をかいたファルケ博士の「こうもりの復讐」
 なのだ。
 この復讐劇に、アイゼンシュタインの妻ロザリンデ、小間使いのアデーレ、アイゼンシュタイン
 が入る筈の刑務所の所長フランク、第2幕の中心人物の一人オルロフスキー公爵、
 ロザリンデの元カレであるアルフレードといった人が絡んで、喜劇を盛り上げる。
 そして、オペラの定石、惚れたハレタ、浮気がどうのこうのと男と女の本音と建前が交錯して、
 それでもこのオペレッタは最後は「シャンパンの泡」と全てを水に流す大団円。

---

〇 聴き所 〇
このオペレッタ、ワルツを中心に楽しい歌が溢れているのだが、まずは有名な「序曲」から胸が躍る。
「序曲」だけ独立して演奏されたり、ウィンナワルツのCD等に入れられたりするくらいシュトラウスの代表曲でもある。

冒頭、色男アルフレードの登場シーンで、「飛び去った小鳩よ」と歌う辺りでアルフレードのテノールが全開だ。
演出によるのだが、ここでアルフレードが別のオペラからの一節を歌いまくったりするのがまた楽しい。
このオペレッタはスコア上には台詞はあまり書かれていないため、アドリブ有りの演出で台詞もアリアも何が出てくるかお楽しみだ。
実際今日私が聴いた(観た)コヴェント・ガーデンのDVDでも、アルフレードが「椿姫」の乾杯の歌を歌ったり、アイゼンシュタインが「ヴァルキューレ」の第3幕の歌を歌ったりと何でもあり状態だ。

第2幕のオルロフスキー公爵の舞踏会(夜会)のシーンでも素晴らしい歌唱が聞かれる。
「各人各様」に楽しむのが僕の流儀、だと歌うオルロフスキー、ハンガリー人の伯爵夫人?に扮したロザリンデが「チャールダーシュ」を歌ったり、アイゼンシュタインが我が妻とは知らずに女持ちの時計を使ってロザリンデを口説く「時計の二重唱」、シャンパンで乾杯する際の合唱「シャンパンの歌」、など目白押しだ。

数々の舞台を経験してきた世界的な歌手が集められることの多いこのオペレッタの舞台はとにかく楽しいこと間違い無しだ。
洒落たお笑いの台詞や気のきいた寸劇は、舞台芸術のクールな魅力を教えてくれる。


<今日の一枚>
今日は名テノールであるプラシド・ドミンゴが指揮した、1983年の大晦日にコヴェント・ガーデン・ロイヤル・オペラで収録したDVDを観た。
この公演ではまず、ドミンゴがタクトを持って現れるところから大盛り上がりだ。
しかも、序曲でのドミンゴはもう全力投入で、序曲が終わって拍手に応えているドミンゴは既に汗まみれ。
観ていると、これで第3幕までもつのか??と余計な心配までしてしまうくらい力が入っている。
デニス・オニールが演じるアルフレードは人の良い色男で各所で聞き慣れたアリアを歌い始めて面白い。
第3幕では、アデーレの姉のイーダに引っ掛けて、酔っ払いの看守フロッシュがアイーダの「清きアイーダ」を歌い始めると、あまりの下手クソさに、指揮者のドミンゴが歌い始める一幕も。

第2幕では、例によってゲストが現れてのガラ・パフォーマンスがある。
ブラケットとヒンジ(コミック歌手)、シャルル・アズナヴール(シャンソン歌手・俳優)、メール・パークとウェイン・イーグリング(英国ロイヤル・パレエ)
バレエのシーンではシュトラウスのワルツ「春の声」が使われている。

また、イギリスでの公演ということもあって、台詞はドイツ語ではなく英語が多く使われている。

■J.シュトラウス 喜歌劇『こうもり』全曲
配役:
 アデーレ:ヒルデガルト・ハイヒェレ
 ロザリンデ:キリ・テ・カナワ
 アルフレード:デニス・オニール
 アイゼンシュタイン:ヘルマン・プライ
 他
コヴェント・ガーデン・ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団・合唱団
指揮:プラシド・ドミンゴ


images.jpg
2014.01.05 Sun l ヨハン・シュトラウス l コメント (2) トラックバック (0) l top