上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ ドビュッシー 弦楽四重奏曲 ト短調 ★

ドビュッシーの《弦楽四重奏曲 ト短調》作品10 は1893年に完成したドビュッシー31歳の若かりし頃の作品だ。
弦楽四重奏というと、私はハイドン、モーツァルトの「いかにも室内楽」といったアンサンブルや、ベートーヴェンに代表されるドイツ的な響きを思い起こすのだが、この曲はそうした典型的とも言える響きとは明らかに異なる風情を醸し出している。

〇 循環形式 〇
かのドビュッシーが敬愛したセザール・フランクによって提起された循環形式がこの曲全体を特徴付けている。
第1楽章冒頭の循環主題は、緩徐楽章を除くあらゆる箇所で顔を覗かせる。
この循環主題は、拡大され縮小され、そして終楽章ではかなり変形されて、曲全体に多様性を持たせながらも統一感を形成する源となっている。
極めて印象的で支配的なこの主題は、いかにもドビュッシーらしい旋律だ。

〇 旋法的で繊細な旋律 〇
この曲の魅力は殆どが第1楽章に凝縮されていると言ってもいいかもしれない。
旋法的な和声を使用したり、かと思うと第1楽章などはソナタ形式ともとれる形式美も垣間見せる。
ドビュッシーにとっては過渡的な作品とも言えるのだが、その旋律は美しく、なかなか解決しない和声に身を委ねていると、不思議な瞑想世界に浸ることが出来る。

〇 スケルツォ・ピチカート 〇
そんな全4楽章の中で、ちょっと眼を瞠るのが第2楽章かも知れない。
冒頭の力強いピチカートでチャイコフスキーの第4シンフォニーを想起させる。
チャイコフスキーのシンフォニー第4番第3楽章のあのスケルツォ・ピチカートだ。
実にユニークなあの弦楽器がピチカートに終始する楽章から、ドビュッシーは発想したのではないだろうか。
主題としては、主要主題のアレンジが効果的に随所に現れる。

私はこのドビュッシーらしい、繊細さと新奇性を持った、弦楽四重奏曲をかなり愛している。


<今日の一枚>
今日はイタリア弦楽四重奏団に登場願おうと思う。
この四重奏団の特徴であるベル・カント的カンタービレが、この曲の叙情性を程よく演出していてとても心地よい。
■ドビュッシー:弦楽四重奏曲 ト短調/ラヴェル:弦楽四重奏曲 へ長調 [Limited Edition]
 イタリア弦楽四重奏団

41KNT6VZ22L__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
イタリア四重奏団の演奏は私のイチオシだが、フランス的な音に拘るならば、パルナン弦楽四重奏団がお勧めだ。
しかし、まともな値段で入手することが出来なくなっているようなので、ここはアルバン・ベルクを推しておく。
録音がイマイチだった盤がリマスタリングされて改善した。
■ラヴェル&ドビュッシー:弦楽四重奏曲集
 アルバン・ベルク弦楽四重奏団

41E0T4SP3EL__SL500_AA300_.jpg
スポンサーサイト
2013.11.26 Tue l ドビュッシー l コメント (2) トラックバック (0) l top
★ メンデルスゾーン 交響曲第4番 『イタリア』 ★
今日はシューマンのラインと同様に、私が小学生の頃からとても親しんだ軽快なシンフォニー、メンデルスゾーンの『イタリア』でいこう。

交響曲第4番イ長調『イタリア』作品90 は出版順にナンバリングされたメンデルスゾーンの交響曲の中で、実際には3番目に作曲されたものだ。
全部で5曲遺されたNo.付きシンフォニーの中で、第3番『スコットランド』と並んで人気の高い交響曲だが、私は父が大変好んで聴いていたこともあって、世間での演奏頻度を遥かに越えた度合いで聞いていたことを思い出す。
反動からか、大人になってからはあまり聴く機会がなかった。
今日改めて聴いてみると、冒頭から物凄くユニークなシンフォニーなのだが、うーん、やっぱり一分の隙も無いメンデルスゾーンの構築美を再認識した。

〇 イタリア 〇
この「イタリア」はメンデルスゾーンが21歳の頃にイタリアに旅行し、その時のイタリアの印象や民族音楽などから着想し、24歳のときに完成したものだ。
青年作曲家が目の当たりにした、輝く太陽、抜けるような青い空、快活な人々などが、このシンフォニーの曲調に豊かに反映されている訳だ。

〇 特に秀逸な第1楽章 〇
ソナタ形式で書かれた第1楽章、第1主題がとても印象的だ。
この冒頭は一度聞いたら忘れられない。
木管中心のイ長調の和音に乗って、ヴァイオリンが奏でる弾むようなメロディ、軽快だ!
第1主題がまず展開されて、やがて第2主題は属調であるホ長調で木管に現れる。
展開部では、似通った2つの主題とは異なる(第3)の主題を呈示してくる。
この辺が天才たる所以なのだろう、この新しい主題に第1主題を巧みに絡ませて対位法的な展開を行う。
実に分かり易い旋律とシンプルなオーケストレーションで、爽やかな音楽を作り上げていく。
シューマンが重厚且つ混沌のシンフォニーならば、メンデルスゾーンは有機的に洗練されたシンフォニーだと言えるだろう。

〇 歩むような第2楽章 〇
ニ短調の3部形式。
主部は重くは無いのだが、一定のリズムを刻む弦の上で、管が奏でる多少感傷的なメロディ。
中間部はニ長調に転じて、慰めるような優しい旋律が包んでくれる。

「イタリア」は明るい曲だと言われているし、私もそれを否定しないが、意外と短調のメロディが多く、メランコリックな部分も併せ持つ、陰陽の対比が特徴的な曲だ。

〇 優雅な第3楽章 〇
主調に戻って3部形式。
この楽章はメヌエットなのだろうが、多少スケルツォ的な香りもする。
トリオでの牧歌的なホルンがとても印象的だ。

〇 終曲はサンタレロ 〇
終曲は激しく活発な舞曲に終始する。
サンタレロというのは当時イタリアで流行っていた舞曲なのだそうだ。
中間でタランテラという舞曲も出てくるのだが、私は子供の頃にこの舞曲について、タランチュラという毒蜘蛛に関連した説明を聞いたのが忘れられずにトラウマ的に心に残っている。

曰く:タランチュラという猛毒を持つ蜘蛛に噛まれると、その毒を抜く為にこの激しいダンスを踊り続けなければなら無い・・。

幼い私:「ほんとかぁぁ??」「激しい運動なんかすると、却って毒が回ってしまうんじゃないのかなぁ??」


<今日の一枚>
今日は、カラヤンで聴いてみようと思う。
カラヤン&ベルリン・フィルの完璧な演奏が聴ける。
そのアンサンブルといい、リズム感も抜群でメンデルスゾーンの良い意味での軽さが音楽に溢れている。
ゴージャス過ぎるなどの批判を受けがちなカラヤンだが、このぐらい上手いと私は何もいえない。
■メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」&4番「イタリア」
 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


41oGvj8YgGL.jpg


<推薦盤1>
クラウディオ・アバドの盤は、イタリア的な水彩画のようなメンデルスゾーンになっていると思う。
実にナチュラルで本来的な「イタリア」のシンフォニーとしての魅力を引き出している。
■メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」&第5番「宗教改革」
 クラウディオ・アバド指揮 ロンドン交響楽団


51BkaaRTbHL__SL500_AA300_.jpg
2013.11.22 Fri l メンデルスゾーン l コメント (6) トラックバック (0) l top
★ シューマン 交響曲第3番変ホ長調 『ライン』 ★
交響曲第3番変ホ長調作品97「ライン」は、作曲年代からするとシューマンの最後の交響曲だ。
私は小学生の頃にこのシンフォニーを初めて聴いて、独特の音色に結構惹かれたことを覚えている。

ロベルト・シューマンという作曲家は、同時代に生きたブラームスやメンデルスゾーンとは対極的な作曲家で、非常に完成度の高い作品を作り出した彼らとは異なり、もっと何か詩的な啓示によって作曲を行った人のように感じている。
この第3番のシンフォニーは、クララの強い勧めもありシューマンが1850年にデュッセルドルフに職を請けて(当地の市立管弦楽団と合唱団の指揮者)、ライン川の河畔をそぞろ歩きながら構想を練ったようである。

〇 『ライン』 〇
この『ライン』はシューマンの交響曲では唯一の5楽章構成の交響曲だ。(他は全て4楽章)
だが、演奏時間は大体30分~35分とそれ程長大なものではなく、親しみやすいメロディもあって日本でも人気が高い曲の一つだ。

第1楽章:Lebhaft(生き生きと)
第2楽章:Scherzo Sehr mäßig(とても穏やかに)
第3楽章:Nicht schnell(速くなく)
第4楽章:Feierlich(荘重に)
第5楽章:Lebhaft(生き生きと)

シューマンによる各楽章の指示は、上記の通りイタリア語ではなくドイツ語で書かれている。

〇 第1楽章冒頭 〇
「ライン」と言えば、まずこの第1楽章冒頭のメロディが口をついて出てくる。
3/4拍子なのだが、やや変則的に3/2拍子との組み合わせのようになっており独特のリズム感だ。
以前のNHKの番組で、N響アワー?のテーマメロディになっていた。
私はこの明るく雄大な曲想の旋律が大好きだ。
この楽章はソナタ形式で書かれている。

〇 スケルツォ? 〇
ハ長調の3/4拍子の舞曲風のメロディから始まる。
だが、あまりスケルツォ的ではなくて、低弦が中心になる落ち着いた楽章だ。
シューマンの指定もSehr mäßig(とても穏やかに)。
終盤ではホルンが大活躍だ。

〇 穏やかな第3楽章 〇
この楽章は木管で始まり、弦とのやりとりで穏やかに進行する。
大変美しい楽章に仕上がっている。

〇 ケルンの大聖堂 〇
コラール風の金管で始まる第4楽章は、ケルンの枢機卿就任式での感銘を表現していると言われているが、なるほどだ。
変ホ長調4/4拍子で書かれているが、和声的には短調に聞こえる。
壮麗なこの楽章はやはりトロンボーンの活躍が目立つ。

〇 堂々とした終曲 〇
前楽章から一転して、明るい祝祭的な旋律がこの楽章を支配している。
シンコペーションを巧みに入れながら、盛り上がっていく。
ファンファーレ的な金管の使い方が印象的なクライマックスだ。


<今日の一枚>
若い頃レヴァインの意欲的なシューマンを聞こう。
シューマンの場合よくオーケストレーションについて云々されることが多いし、実際に名演と言われる演奏も多くがマーラーの編曲版か、それをベースとした改訂版で演奏されている。
しかし、この盤でレヴァインは敢えてスコアに手を加えずに、シューマンが書いたそのままで演奏を行っている。
確かに、シューマンのシンフォニーはトゥッティを多用しがちで、ともすると旋律線が消えてしまうような難点があるように私も感じるのだが(音が濁るとも言われている)、レヴァインはオーケストラのバランスをたくみに操って、輝かしいシンフォニーに仕立て上げている。
また、第2ヴァイオリンの旋律線を浮き立たせる為に、ミキシングによって対向配置的な効果を出している。
これはレヴァインのシューマン交響曲全集だ。
■シューマン:交響曲全集
 ジェームズ・レヴァイン指揮 フィラデルフィア管弦楽団

41T183KAP3L__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
クナッパーツブッシュやシューリヒトの演奏もなかなか良かったような記憶があるが、録音が古いので・・。
マーラー版がベースとなっていると思われるジョージ・セルは音質も良好。
シューマンのオーケストレーションに違和感を覚える方でも、この盤ならば非常にすっきりしたオーケストラの音を聴くことが出来る。
■シューマン:交響曲第1&3番
 ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団

511o9QvnH3L.jpg
2013.11.18 Mon l シューマン l コメント (8) トラックバック (0) l top
★ ベートーヴェン 交響曲第2番二長調 ★

今日は少し元気を貰いたくて、ベートーヴェンで勇気を摂取しようと思う。
交響曲では初期の作品であるが、ベートーヴェンの青春の輝きとハイリゲンシュタットの影が微妙に投影された魅力的なシンフォニーだ。

この曲が作曲されたのは1800年から1802年かけてで、弟に宛てて書かれた有名な「ハイリゲンシュタットの遺書」をしたためた時期に合致する。
この曲の持っている闊達なイメージと遺書という暗いトーンは、そのアンバランスさに少し驚くことなのだが、私は聴覚の異常を憂うマイナスオーラを「遺書」に封じ込めて、同じペンからこの曲を書き上げ、生きる力を引き出そうとしたのではないかと感じている。

〇 背筋が伸びる第1楽章 〇
第1楽章はかなり凝った序奏から始まるソナタ形式。
主調の堂々たる和音の強奏、効果的な転調、主部を導くこの序奏はベートーヴェンの後期作品を思わせる大胆なものだ。
とてもリズミックな第1主題には心が躍動し始め、弱奏管楽器による長調のメロディと強奏弦楽器による短調の応答による対話が面白い第2主題が呈示される。
私はこの第2主題を聴くととても勇気付けられて背筋が伸びる思いがする。
今日はここが聞きたくて、この曲をチョイスした。

〇 美しいラルゲット 〇
第2楽章はベートーヴェンの作り出したメロディの中でも、非常に歌謡性の高い美しい旋律が奏でられる。
死まで考えた自らの心の安寧を祈るような緩徐楽章になっている。

〇 スケルツォの登場 〇
ベートーヴェンが交響曲のスコア上に始めて「スケルツォ」と記述した楽章になる。
しかし、以前の当ブログの記事でも触れたが、第1番のシンフォニーにおけるメヌエット楽章も実質的にはスケルツォだと思っているが。
独特のリズムの音型をもったスケルツォで、3種類の短いモティーフを楽器を変えて絡ませながら進んでいく。
とても面白い楽章だ。
なるほど、諧謔曲だと言えるだろう。

〇 飛躍する終曲 〇
これまで重ねてきた躍動感はこの楽章で頂点を迎える。
さすがベートーヴェン、楽曲の纏め方が巧みだ。
ベートーヴェンを聞くといつも思うのだが、何故西洋音楽は何楽章もあって、しかもそれを作曲家の指定通りの順番で聴かなければならないのか・・、ベートーヴェンの終曲を聴くととても納得する。
重ねてきた熱い想いがここに収斂するかのように纏められていく。
恐らくこうした見事な構築美に、人は人生の積み上げを重ね合わせて感動するのだろう。


<今日の一枚>
今日はブロムシュテットでいこう。
ブロムシュテットは、良い意味で非常に堅い演奏を聞かせてくれる。
この人のリハーサルはとても厳しいことで知られているが、派手な演出を排除した、妥協の無いベートーヴェンには飽きがこない。
■ベートーヴェン:交響曲第2番&第4番
 ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 シュターツカペレ・ドレスデン


51sKmBJsftL.jpg


<推薦盤1>
この曲の推薦盤となると、少し古い録音なのだがワルターが良い。
全曲に渡って、リズムも各声部の歌わせ方も理想的に思える。
第2楽章は少し遅いテンポで、たっぷりと美しいメロディを堪能させてくれる。
録音は古いが音質は良好だ。
■ベートーヴェン : 交響曲第2番、第6番「田園」
 ブルーノ・ワルター指揮 コロンビア交響楽団


419W5acMFRL__SL500_AA300_.jpg
2013.11.14 Thu l ベートーヴェン l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ フォーレ レクイエム ★
永らく休止を頂いておりましたが、漸く復帰いたしました。

そこで、今日はレクイエムだ。
日本人には教会音楽というジャンルは馴染みが薄いかも知れない。
かく言う私などは、子供の頃に教会で賛美歌を歌った以外は、友人・知人の結婚式で儀礼的に触れるくらいで、キリスト教が生活の中に入っている西洋人が教会音楽に寄せる思いは恐らく理解できていない。
それでもこのフォーレのレクイエムの美しさは解る。
モーツァルトのレクイエムの崇高な気高さ、ヴェルディのレクイエムのオペラ的な感動、いずれも素晴らしいがフォーレのそれはシンプルで清澄、正に天上の音楽だ。

〇 レクイエム ニ短調作品48 〇
フォーレのレクイエムは以下の7曲から成っている。

第1曲: イントロイトゥスとキリエ Introït et Kyrie(入祭唱とキリエ)
第2曲: オッフェルトリウム Offertoire(奉納唱)
第3曲: サンクトゥス Sanctus(聖なるかな)
第4曲: ピエ・イェズ Pie Jesu(慈愛深いイエスよ)
第5曲: アニュス・デイ Agnus Dei(神の小羊)
第6曲: リベラ・メ Libera Me(私を解き放ってください)
第7曲: イン・パラディスム In Paradisum(楽園へ)


本来レクイエムには欠かせない Dies Iræ(怒りの日)を敢えて入れていないことや、ミサ終了後の赦祷式で歌われる応唱であるリベラ・メ、出棺・葬儀時に歌われるイン・パラディスムが入っていることなど、本来的なミサからはいささか外れた構成になっている。
そうしたこともあってか、この曲は初演以来「異教徒的」「死の恐怖から逸脱している」などの批判を受けたりしたようだ。
本当に「異教徒」である私には異教徒的なる本質に入り込めないが、確かにこの曲は「天上の音楽」であり、静謐な祈りが溢れており、死の恐怖には程遠いと感じている。
これについてフォーレ本人は、『私にとって死は苦しみというよりも、むしろ永遠の至福と喜びに満ちた解放感に他ならない』と語っている。

長年教会のオルガン奏者を勤めたフォーレは、画一的な教会音楽から逃れたかったとも述懐している。

〇 サンクトゥス 〇
全曲が美しく、心に滲みるのだが、中でも特筆すべきなのが第3曲サンクトゥス。
Sanctus, Sanctus,  
変ホ長調、アルペッジョに乗ってソプラノがSanctusと歌いだし、テノールが応じる。
ここではヴァイオリンの音色が効果的だ。
この上なく美しい。

〇 ピエ・イェズ 〇
このソプラノ独唱は感動的だ。
変ロ長調のオルガン伴奏に乗って、ここでは合唱が休み、ソプラノの独唱がPie Jesu Domineと歌いだす。
私はこの曲はボーイソプラノが良いと思っている。
多少の音程の振れを伴いながらも、ピュアで透明な音色は心を打つ。


今日は、この旋法を用いた儚くも美しいフォーレの天上音楽に、ただ清冽に心を震わせたいと思う。


<今日の一枚>
フォーレのレクイエムは、以前はクリュイタンスの2回目の録音をよく聞いていたが、コルボ盤に出会ってからはこればかり聴いている。
フォーレの言う「永遠の至福と喜びに満ちた解放感」を慎み深く、静かに描いていると思う。
願わくば、私が滅する際にはこの演奏に包まれたい。
■フォーレ: レクイエム
 ミシェル・コルボ指揮 ベルン交響楽団
            サン=ピエール=オ=リアン・ドゥ・ビュール聖歌隊

412JQJNM67L__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
所謂「改訂版」での演奏ではコルボ盤が私の推薦盤になるが、小編成な「原典版」での演奏となるとラター盤になるだろう。
■Requiem [CD, Import]
 ジョン・ラター指揮 メンバーズ・オブ・シティ・オブ・ザ・ロンドン・シンフォニア
           ケンブリッジ・シンガーズ

61U7cO6mkNL__SL500_AA300_.jpg
2013.11.07 Thu l フォーレ l コメント (6) トラックバック (0) l top
身内に不幸があった為、小休止を頂いております。
2013.11.01 Fri l フェイバリット l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。