★ CASIOPEA 『SIGNAL』  ★

一念発起して、大切なはずなのに乱雑に積み上げられたCDの整理をしようと思い立った。
半日ほどは真面目に整理作業に没頭していたが、何枚ものCDやDVDを拭き清めている内に、どうせなら何か聞きながらやるほうが人間的だと思った。(飽きてきたのか・・・)
それが運のつきで、「うーん、やはりCDは整理するためにではなく、聴くために存在する」などと、根性無しの言い訳たらたらで見事に途中で挫折してしまった。(続きはまた後日、、ということで・・)
だから、今日は私の手を止めたジャズ・フュージョンだ。

CASIOPEAは1977年に野呂一生(ギター)、櫻井哲夫(ベース)、向谷実(キーボード)、佐々木隆(ドラムス)によって結成された所謂フュージョン・バンドだ。
私が、このバンドの演奏を好んで聞くようになったのは、ドラムスが神保彰に替わったあたりからでCDも30枚程度は所有している。
このバンドの特徴としては、何と言ってもリーダーでもあり殆どの楽曲を作曲している野呂一生の個性が光る、心地よいサウンドが迸るバンドだ。
ハーモニーやコード進行では結構複雑なこともやっているのだが、出来上がったサウンドは海辺のコテージや高原のドライブにも似合う、バランスの良い野呂サウンドだ。

万一CASIOPEAをご存じで無い方も、ひところは頻繁にTVのドラマやバラエティなどでもBGMに使われたりしたので、そのサウンドには触れておられると思う。

〇 『SIGNAL』 〇
この『SIGNAL』 というアルバムは2005年に発表されたもので、2006年にCASIOPEAとしての活動が一旦停止される少し前のアルバムだ。
CASIOPEA+Sync DNA ということで、ここではドラムスに神保彰と則竹裕之によるSynchronized DNAが参加している。
則竹裕之さんは例のT-SQUAREのドラムスを担当していたドラマーだ。(当初はTHE-SQUAREか?)



1. AWAKEN
2. MIST
3. 心・奥 KOKORO-CK
4. WILL YOU LOVE ME TOMORROW
5. ESCALATION
6. ASOBIにつれてって
7. LIFE LONG SERENADE
8. PITY
9. ARDENT
10. PAST AND FUTURE


一曲目の「AWAKEN」から、ああ野呂サウンドだ。
のりのりのサウンドで、夏を見送るのにもおあつらえ向きだ。
向谷さんのキーボードと野呂さんのギターが、掛け合いながら疾走していく。

2曲目の「MIST」はキーボードの向谷さんの曲で、少し気怠めのメロディーをシンセサイザーで奏でていく。
そう言えば、大分以前に鉄道ネタにも強い向谷さんがTV番組に出演していて、誰だったか覚えていないがお笑いの方が「誰だこのおっちゃん」みたいなことを言ったことがあった。「こあらぁぁ、天下の向谷さんに向って無礼な!」と思ったが、確かに風貌はそのような方なので・・・。
しかし、向谷さんの音楽は私は大好きだ。

4曲目の「WILL YOU LOVE ME TOMORROW」、最初のピアノによるメロディは、まるで募る想いを語るかのようで、その語りかけに野呂さんのギターが応えているかのように聴こえる。
神保彰さんの曲だ。

全編にわたって、Synchronized DNAによる、正にシンクロするフィルインなどもかっこ良くて、魅力的なアルバムに仕上がっている。


<今日の一枚>
■SIGNAL
 野呂一生(Guitars)、向谷実(Keyboards)、鳴瀬喜博(Basses)
 Synchronized DNA(神保彰&則竹裕之)(Drums)

41VYFTC06GL.jpg



スポンサーサイト
2017.03.31 Fri l ジャズ l コメント (9) トラックバック (0) l top
★ ケニー・ドリュー 『BY REQUEST』 ★

今日は、久し振りに早い時間に帰宅したのでミニコンポで何か音楽を聴こうと思った。(いつもは愛用のウォークマン)
実はチョコチョコお邪魔させて頂いているブロガーさんの記事に触発されて、ニールス・ペデルセンのベースワークが聞きたくなったのだ。
だから、今日はジャズだ。

以前から、私はケニー・ドリューのピアノが好きで、ケニー・ドリュー・トリオのアルバムを良く聴くのだが、そのベーシストがニールス・H・O・ペデルセンだ。
ドリューがアメリカからヨーロッパに渡って、このベーシストに出会ったことが彼の成功に大きく寄与したと言っても過言ではない。
それ程、素晴らしいベースワークを聞かせてくれる。
ちなみに今日聞く『BY REQUEST』では、ドラムスはエド・シグペンだ。

〇 『BY REQUEST』 〇
この『BY REQUEST』というアルバムは、1985年のスウィング・ジャーナル誌を通じて当時のRVCが、ドリューの新作アルバムで取り上げて欲しい曲を一般公募という形で募った結果レコーディングされたものだ。
従って、ドリューの個性を活かしながらも非常にポピュラーなナンバーが並んでいる。

1.朝日のようにさわやかに
2.ミスティ
3.グリーン・ドルフィン・ストリート
4.煙が目にしみる
5.ユード・ビー・ソー・ナイス
6.マイ・ファニー・ヴァレンタイン
7.恋人よ我に帰れ
8.時のたつまま
9.フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
10.ラウンド・ミッドナイト


最初の「SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE」の冒頭から、ペデルセンのベースワークが流暢だ。
この人のベースは本当にピッチも正確で、どんなに早いパッセージでも決していい加減に弾き流さない。
ドリューのピアノもハード・バップ出身とは思えないほど、繊細でロマンティックな旋律を奏でるので、ペデルセンとのセッションでは二人のそうしたクラシックをベースに持った確かなテクニックが心地よい乗りを生み出していると思う。
コアなジャズファンには必ずしも評価されないドリュー・トリオだが、私にはとても良い音楽だ。

ミスティにはちょっと個人的な思い出もある。
昔よく行ったジャズ・バーで、22時になるとバンドが必ずこの曲を演奏するというシキタリがあった。(理由は特に無かった)
するとマスターが必ずドライ・マティーニを作って私の前にサッと置いてくれた。
もちろんステアで。
あのマティーニは美味しかった・・。


<今日の一枚>
■ケニー・ドリュー・バイ・リクエスト (紙ジャケット仕様) [Limited Edition]
 ケニー・ドリュー(p)、ニールス・ペデルセン(b)、エド・シグペン(ds)

51E6YZ09WML__SL500_AA300_.jpg


2014.04.19 Sat l ジャズ l コメント (4) トラックバック (0) l top
★ チック・コリア 『Return to Forever』 ★
今日はジャズでスタートだ。
台風一過で少し涼しくなったこともあって、フュージョン系を選びたくなった。
『Return to Forever』、このアルバムはチック・コリアが1972年に発表したもので、同名のバンドでの有名なヒットアルバムだ。

シンセサイザーや電子ピアノなどを使用した、所謂クロスオーバーと言われるジャンルになるのだろう。
私は、クラシック音楽を中心に色々好きな音楽を聴いているのだが、時々このアルバムを聞きたくなる。
チック・コリアがまだ若い頃のアルバムでラテンの味付けが心地よいフュージョンだ。

〇 『Return to Forever』〇
このアルバムは次の4曲が収録されている。

1. Return to Forever
2. Crystal Silence
3. What Game Shall We Play Today
4. Sometime Ago - La Fiesta

2曲目のCrystal Silenceはゲイリー・バートンとのデュオも有名だが、このジョー・ファレルのソプラノ・サックスとの音がまた良い。
チック・コリアのアコースティックピアノの幻想的なメロディにファレルのサックスが入ることでアーバンな気怠さまでが漂って、何とも心地よい。

3曲目の What Game Shall We Play Today は平成11年の日産セフィーロのCMに使われたとのことだが、私は残念ながら記憶に無い。
「イルカに乗ろう フルリラックス セフィーロ誕生」 とのキャッチコピーだったそうだ。
ボーカルも入ってボサ・ノヴァ、リラックスするご機嫌なナンバーだ。

最後は、Sometime Ago と La Fiesta のメドレーになっている。
ピアノとベースのイントロから入って、前半は Sometime Ago。
後半の La Fiesta ではフローラ・プリムのボーカルが瑞々しくて魅力的だ。


1970年代以降のジャズ・フュージョンの先駆けとなった、そして今でも心地良い名アルバムだ。
お酒が無くてもリラックス出来る。(あった方がbetterだろうが)


<今日の一枚>
カモメのジャケットで有名なチック・コリアのアルバムは、私のお気に入りだ。
■リターン・トゥ・フォーエヴァー
 チック・コリア:electric piano
 ジョー・ファレル:flutes/soprano sax
 スタンリー・クラーク:elec. bass/double bass
 アイアート・モライア:drums/percussion
 フローラ・プリム:vocal/percussion

51Pw3rISdbL__SL500_AA300_.jpg
2013.09.05 Thu l ジャズ l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ デューク・エリントン A列車で行こう ★
デューク・エリントン、勿論「デューク」は愛称で、本名は「エドワード・ケネディ・デューク・エリントン(Edward Kennedy "Duke" Ellington)」
ジャズ界ばかりか、世界の音楽シーンで多くのビッグミュージシャンが、公爵(Duke)の影響を公言している。

〇 ビッグ・バンド の本流 〇
彼の死後も尚活躍している「デューク・エリントン・オーケストラ」が活動を開始したのは、1920年代のことだ。
ビッグ・バンドというジャズの形態を確立したのは、フレッチャー・ヘンダーソンであろうが、ニューヨークのハーレムでクラブやボールルームを拠点に、このジャズ・スタイルの流れを作り上げたのは、デューク・エリントンだ。
フランスの夭折したボリス・ヴィアンという作家は自らもジャズ・トランペット奏者だったが、『日々の泡』という作品の中でエリントンに触れている。

「ただ二つのものだけがある。どんな流儀でもいいが恋愛というもの、かわいい少女たちとの恋愛、それとニューオーリンズの、つまりデューク・エリントンの音楽。ほかのものは消え失せたっていい、醜いんだから。」(『日々の泡』ボリス・ヴィアン著、曾根元吉訳、新潮文庫 から)

なかなか粋なことを言っている。

「デューク・エリントン・オーケストラ」は2011年にも来日しているが、その際にメンバーは、宮城県の気仙沼市にある、小・中学生のビッグバンド「スウィング・ドルフィンズ」が先輩から繋いできた伝統が潰えてしまう危機にあることをニュースで知る。
すぐさまメンバーは、コンサート先で募金を開始し、来日記念盤の収益と合わせてスウィング・ドルフィンズに寄付している。
「夢と希望を持って、ジャズの演奏に取り組んでいただけることを望んでおります」との言葉を添えて。

翻れば、1964年の新潟地震の際にも、たまたま来日中だったエリントンは、迷わず次回のハワイコンサートをキャンセルし、東京で震災募金コンサートを行い、収益は新潟市に贈られている。
人間エリントンの精神は、今もその音楽性と共にデューク・エリントン・オーケストラに脈々と受け継がれているのである。

〇 『ザ・ポピュラー』 〇
さて、このアルバムは私の大好きなナンバー『A列車で行こう」』が収録されている、エリントンのベストアルバムで、彼の膨大なレパートリーから彼自身が11曲をチョイスした選りすぐりのアルバムだ。

収録曲は以下の通り

1. A列車で行こう
2. アイ・ガット・イット・バッド
3. パーディド
4. ムード・インディゴ
5. 黒と茶の幻想
6. ザ・トゥイッチ
7. ソリチュード
8. 私が言うまで何もしないで
9. ザ・ムーチ
10. ソフィスティケイテッド・レディ
11. クリオール・ラヴ・コール


ご覧の通り、名曲ばかりが並んでいる。
中でも、やっぱり心が躍るのは「A列車で行こう」だ。
これを聞けば、多少元気がないときでも、何とかなるさ!!みたいな気分になれる。
ノリノリだ。
『黒と茶の幻想』はプランジャー・ミュートという弱音器を付けたトランペットが印象的でムーディな曲だ。
村上春樹さんの「アフターダーク」にも登場した、『ソフィスティケイテッド・レディ 』 、確かにハリー・カーネイの気怠いバスクラリネットが流れ出すと、空間に雰囲気が乗り移る・・・。
数々のエリントンのナンバーが聞ける、お楽しみアルバムだ。


【オスカー・ピーターソン 『We Get Requests』】
『We Get Requests』
【キース・ジャレット 『ザ・メロディ・アット・ナイト・ウィズ・ユー』】
『ザ・メロディ・アット・ナイト・ウィズ・ユー』
【ケニー・ドリュー 『IMPRESSIONS』】
『IMPRESSIONS』


<今日の一枚>
■ザ・ポピュラー・デューク・エリントン [Original recording remastered]
 音質もとても良い。

4181C7BBB0L__SL500_AA300_.jpg


デューク・エリントン


2013.06.16 Sun l ジャズ l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ オスカー・ピーターソン We Get Requests ★
今日はジャズが聞きたい。
それも、聞く者を心地良くスウィングさせてくれる名盤。
となれば、私の中ではオスカー・ピーターソンだ。
『鍵盤の皇帝』とか『魔法の指を持つ少年』などと称される、超絶技巧と抜群のスウィング感を持ったジャズ界の巨匠だ。
魔人の如く弾きまくり、しかもミスタッチをしないテクニックと、ナット・キング・コールばりのタイム感覚で、ジャズ好きばかりでなく、あらゆる音楽ファンを魅了した。
かく言う、私もその一人だ。
先日、ベートーヴェンの記事で触れたバックハウス同様、ベーゼンドルファーを愛した一人だ。
私は基本的にはスタインウェイの音が好きだが、バックハウスとピーターソンのベーゼンドルファーの音を聞くと、う~ん、これもいいなぁと、苦も無く降参してしまう。
スタインウェイよりも、よりヒューマンな音かなと思っている。

彼のアルバムの中でも、私が自宅でも、飛行機・新幹線等での移動中のウォークマンでも、カーステでも、一番良く聞くのがこれ、We Get Requests だ。
とってもとっても気持ちの良い、最高の一枚!!(^^)♪

〇 耳に馴染みのスタンダード 〇
コルコヴァード、イパネマの娘、酒とバラの日々 など等、誰の耳にもお馴染みのスタンダードナンバーが並んだ、快適なアルバムだ。
私は、特に出始めの「コルコヴァード」で心がウキウキしてくる。
冒頭からベースとピアノの掛け合いに酔う。
心が自然にスウィングしてくる。とても良い。
2曲目の「酒とバラの日々」、これはヘンリ・マンシーニの作曲によるもので、同名の映画に使われて大ヒットした。
この曲はピーターソンの代名詞的な名曲でもあるが、これがまたいい!

〇 バッハまで登場 〇
3曲目の『マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ 』の最後には、バッハの147番の有名なコラールが登場する。
例の「主よ、人の望みの喜びよ」だ。
ジャズがバロックと親和性が高いのが、こんなところからも判る。

〇 全曲気持ちいいアルバム 〇
このように、声高に叫ぶことなく、心地よいリズムを刻みつつ、歌うところはしっとり歌う、オスカー・ピーターソントリオ。
実に快適で、ジャズに興味のない人でも、読書や仕事のBGMにでも、お酒やお食事のお供にも、オールラウンドに聞けるアルバムでありながら、非常にハイレベルなジャズを聞かせてくれる優れもの。

【 曲目 】
1. コルコヴァード
2. 酒とバラの日々
3. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
4. ピープル
5. ジョーンズ嬢に会ったかい?
6. ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー
7. イパネマの娘
8. D.& E.
9. タイム・アンド・アゲイン
10. グッドバイJ.D.


【デューク・エリントン 『ザ・ポピュラー』】
『ザ・ポピュラー』
【キース・ジャレット 『ザ・メロディ・アット・ナイト・ウィズ・ユー』】
『ザ・メロディ・アット・ナイト・ウィズ・ユー』
【ケニー・ドリュー 『IMPRESSIONS』】
『IMPRESSIONS』



<今日の一枚>
■オスカー・ピーターソントリオ 『We Get Requests』

51vtjrgnJ2L__SL500_AA300_.jpg



輸入盤で良ければ、そちらの方が多少安いからお得だ。


 オスカー・ピーターソン 


2013.06.09 Sun l ジャズ l コメント (0) トラックバック (0) l top