★ メンデルスゾーン 交響曲第4番 『イタリア』 ★
今日はシューマンのラインと同様に、私が小学生の頃からとても親しんだ軽快なシンフォニー、メンデルスゾーンの『イタリア』でいこう。

交響曲第4番イ長調『イタリア』作品90 は出版順にナンバリングされたメンデルスゾーンの交響曲の中で、実際には3番目に作曲されたものだ。
全部で5曲遺されたNo.付きシンフォニーの中で、第3番『スコットランド』と並んで人気の高い交響曲だが、私は父が大変好んで聴いていたこともあって、世間での演奏頻度を遥かに越えた度合いで聞いていたことを思い出す。
反動からか、大人になってからはあまり聴く機会がなかった。
今日改めて聴いてみると、冒頭から物凄くユニークなシンフォニーなのだが、うーん、やっぱり一分の隙も無いメンデルスゾーンの構築美を再認識した。

〇 イタリア 〇
この「イタリア」はメンデルスゾーンが21歳の頃にイタリアに旅行し、その時のイタリアの印象や民族音楽などから着想し、24歳のときに完成したものだ。
青年作曲家が目の当たりにした、輝く太陽、抜けるような青い空、快活な人々などが、このシンフォニーの曲調に豊かに反映されている訳だ。

〇 特に秀逸な第1楽章 〇
ソナタ形式で書かれた第1楽章、第1主題がとても印象的だ。
この冒頭は一度聞いたら忘れられない。
木管中心のイ長調の和音に乗って、ヴァイオリンが奏でる弾むようなメロディ、軽快だ!
第1主題がまず展開されて、やがて第2主題は属調であるホ長調で木管に現れる。
展開部では、似通った2つの主題とは異なる(第3)の主題を呈示してくる。
この辺が天才たる所以なのだろう、この新しい主題に第1主題を巧みに絡ませて対位法的な展開を行う。
実に分かり易い旋律とシンプルなオーケストレーションで、爽やかな音楽を作り上げていく。
シューマンが重厚且つ混沌のシンフォニーならば、メンデルスゾーンは有機的に洗練されたシンフォニーだと言えるだろう。

〇 歩むような第2楽章 〇
ニ短調の3部形式。
主部は重くは無いのだが、一定のリズムを刻む弦の上で、管が奏でる多少感傷的なメロディ。
中間部はニ長調に転じて、慰めるような優しい旋律が包んでくれる。

「イタリア」は明るい曲だと言われているし、私もそれを否定しないが、意外と短調のメロディが多く、メランコリックな部分も併せ持つ、陰陽の対比が特徴的な曲だ。

〇 優雅な第3楽章 〇
主調に戻って3部形式。
この楽章はメヌエットなのだろうが、多少スケルツォ的な香りもする。
トリオでの牧歌的なホルンがとても印象的だ。

〇 終曲はサンタレロ 〇
終曲は激しく活発な舞曲に終始する。
サンタレロというのは当時イタリアで流行っていた舞曲なのだそうだ。
中間でタランテラという舞曲も出てくるのだが、私は子供の頃にこの舞曲について、タランチュラという毒蜘蛛に関連した説明を聞いたのが忘れられずにトラウマ的に心に残っている。

曰く:タランチュラという猛毒を持つ蜘蛛に噛まれると、その毒を抜く為にこの激しいダンスを踊り続けなければなら無い・・。

幼い私:「ほんとかぁぁ??」「激しい運動なんかすると、却って毒が回ってしまうんじゃないのかなぁ??」


<今日の一枚>
今日は、カラヤンで聴いてみようと思う。
カラヤン&ベルリン・フィルの完璧な演奏が聴ける。
そのアンサンブルといい、リズム感も抜群でメンデルスゾーンの良い意味での軽さが音楽に溢れている。
ゴージャス過ぎるなどの批判を受けがちなカラヤンだが、このぐらい上手いと私は何もいえない。
■メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」&4番「イタリア」
 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


41oGvj8YgGL.jpg


<推薦盤1>
クラウディオ・アバドの盤は、イタリア的な水彩画のようなメンデルスゾーンになっていると思う。
実にナチュラルで本来的な「イタリア」のシンフォニーとしての魅力を引き出している。
■メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」&第5番「宗教改革」
 クラウディオ・アバド指揮 ロンドン交響楽団


51BkaaRTbHL__SL500_AA300_.jpg
スポンサーサイト
2013.11.22 Fri l メンデルスゾーン l コメント (6) トラックバック (0) l top
★ メンデルスゾーン フィンガルの洞窟 ★
この曲はメンデルスゾーンが20歳の頃、スコットランド北西の沖にあるヘブリディーズ諸島内のスタッファ島を訪れた際の感銘を基に作曲された、所謂演奏会用序曲である。
この無人島には海水侵食による見事な洞窟があり、当地の古謡「オシアン」に登場する英雄フィンガルにちなんで「フィンガルの洞窟」と呼ばれているそうだ。

〇 風景画 〇
この曲は、絶海に浮かぶスタッファ島、そしてそこのジュール・ヴェルヌの地底旅行にでも出発できそうな地球の入り口、壮大な洞窟を音楽で表現している。
メンデルスゾーンに激しい敵意を示したワーグナーでさえ、メンデルスゾーンを『第一級の音の風景画家』と評し認めていたのだ。 

ちなみに、ワーグナーの敵意は「最高の教育を受けた才能あるユダヤ人は、我々に一度も深い感動を与えたことも無いのに、最高の栄誉職に就いている」というような言葉に如実に現れている。
これは生まれながらにして裕福な家庭に育ったメンデルスゾーンへのやっかみも半分入っているだろうが、鋭い突っ込みでもあると思う。

「深い感動を与えたことも無い」という箇所は、メンデルスゾーンの音楽性の一面を突いていると思うのだ。
彼は当時のロマン派音楽の趨勢である半音階的な音創りを嫌った。
生まれながらに裕福で、正に当時最高の教育を受け、天賦の才能を幼い頃から磨き上げた神童。
器用で、音楽に於いても高いテクニックを発揮した全音階的な音創りは、宿命的にエモーショナルな側面に欠けていた。

この点で正反対だったのが、やはりワーグナーなのだろう。

〇 抑制的なロマン主義 〇
だが、私はバッハ、モーツァルトを敬愛してやまなかったこの「抑制的なロマン主義者」とも言えるメンデルスゾーンの音楽が好きだ。
端正で、隙が無く、見事な構築美を醸し出す。

この「フィンガルの洞窟」においても、それは言えると思う。
曲はソナタ形式で書かれており、第1主題は絶海の孤島スタッファ島全景を現したかのように思える。
第2主題は大きな波に洗われる不気味な口を開けた洞窟。
私の印象はそのように、絶海という侘しさや人間の叡知を超えたものへの畏敬の念までを含めたメンデルスゾーンの音楽表現に思えている。
以降、リストやリヒャルト・シュトラウスの「交響詩」へと流れが出来ていく。


<今日の一枚>
たまには、管弦楽曲の名曲集のようなものに浸ってみるのもいいものだ。
書き物をしている時などには、ピアノ曲かこうした管弦楽曲が邪魔にならずに良い。
音楽もTPO。
カラヤン+ベルリン・フィルの美音はそんな時には安心できる。

■モルダウ/カラヤン名曲コンサート [Limited Edition]
 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

収録曲は下記のようにバラエティに富んでいる。
スメタナやシベリウスもなかなかの出来だ。
1. 交響詩《モルダウ》
2. 交響詩《前奏曲》
3. ハンガリー狂詩曲 第2番
4. 交響詩《フィンランディア》作品26
5. 舞踏への勧誘 作品65(ベルリオーズ編)
6. シチリアーナ(リュートのための古代舞曲とアリア 第2組曲より)
7. 序曲《フィンガルの洞窟》作品26

619YNWZV2aL__SL500_AA300_.jpg

<推薦盤1>
この10分足らずの曲を中心にしたCDはあまり無いと思うが、巨匠クレンペラーの「夏の夜の夢」とカップリングされたCDは入手しやすくてしかも名演と言ってよいだろう。

■メンデルスゾーン:劇付随音楽「真夏の夜の夢」
 オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団

1. 序曲「フィンガルの洞窟」op.26
2. 劇付随音楽「真夏の夜の夢」

313HJWRE1JL__SL500_AA300_.jpg
2013.08.29 Thu l メンデルスゾーン l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ メンデルスゾーン 『夏の夜の夢』 ★
このところの暑さに、少々参り気味の私は、メンデルスゾーンを思い出した。
『夏の夜の夢』だ。
この曲は、以前は『真夏の夜の夢』と呼んでいたが、シェークスピアの戯曲の原題である「A Midsummer Night's Dream」の誤訳である為に、最近では『夏の夜の夢』と呼ばれるようになってきている。

〇 序曲から始まった 〇
序曲から始まった、って当たり前だろと言われそうだが、そうではなくて現在演奏される劇付随音楽『夏の夜の夢』の中で、メンデルスゾーンが17歳の時に書いたのは「序曲 作品21」だけで、しかも愛する姉とのピアノ連弾用に書いたものだった。
玉座のロマン主義者と揶揄されたプロイセン王のフリードリヒ・ヴィルヘルム4世がこの序曲をお気に召して、その命によって、序曲を基にシェイクスピアの劇付随音楽「夏の夜の夢 作品61」を完成させることになったという訳だ。(34歳頃)
今では演奏会でもCD録音でも、「作品21」と「作品61」はセットで演奏されることが多い。

〇 『夏の夜の夢』 〇
この曲は、全曲となると以下の様に、序曲を含めて13曲になる。

1. 序曲 作品21
2. 第1番 スケルツォ (以下 作品61)
3. 第2番 メロドラマ<山を飛び、谷を飛び>
4. 第3番<さあ、輪になって踊りなさい> 合唱つきの歌<夜鶯の子守歌>
5. 第4番 メロドラマ<目覚めた瞬間、最初に見た者>
6. 第5番 間奏曲
7. 第7番 夜想曲
8. 第8番 メロドラマ<戻れよ、戻れ、元の妃に>
9. 第9番 結婚行進曲
10. 葬送行進曲
11. 第11番 ベルガモ風道化踊り
12. 第12番 アレグロ・ヴィヴァーチェ
13. フィナーレ<死んでまどろむ暖炉の火で>

演奏会やCD録音では、この中から抜粋したものを組曲的に構成するケースが多い。
演奏会でも、全曲を演奏しようとすると、合唱やソプラノ・メゾソプラノなどが入るため、それなりの用意が必要になる。
抜粋する例としては

1. 序曲 作品21
2. 第1番 スケルツォ (以下 作品61)
6. 第5番 間奏曲
7. 第7番 夜想曲
9. 第9番 結婚行進曲
11. 第11番 ベルガモ風道化踊り

あるいは、以前の巨匠達の録音で多かったのは、上記抜粋例の内、結婚行進曲までの5曲というものも目立ったように思う。


〇 結婚行進曲 〇
作品61-9結婚行進曲はあの有名な「パパパパーン、パパパパーン」だ。
ご自身の結婚式で、ワーグナーのローエングリンからの結婚行進曲とどちらを選択するか迷われた方もいるだろう。
日本では、メンデルスゾーンを選ぶ方が多いと聞いたことがある。
出だしがファンファーレ的で晴れがましいことと、曲調が明るくていかにもメンデルスゾーンだからなのだろう。

〇 「序曲」 〇
まず、序曲で思うことがある。
17歳の青年の作曲した曲とはとても思えない完成度、正にモーツァルトに匹敵する天才振り。
この曲は、そうは聞こえないかも知れないが、かなりきっちりとソナタ形式だ。
メンデルスゾーンという作曲家は、ロマン派の時代に相当異色な古典主義の作曲家だと思う。
ロマン派的な香りに満ちたメロディを書きながら、先鋭的な姿勢や古典主義の音楽の破壊を嫌った、極めてお行儀のよい作曲家と言える。
それは、多分メンデルスゾーンが裕福な銀行家の家柄に生まれたこと、ユダヤ人であったことと無縁ではないだろう。
小さいころから謂れなき差別を受けた、失うべきものを所有した出自。
メンデルスゾーンの音楽は、そうしたある意味で不安定だった環境とバランスをとるかのように、安定した全音階的な明るい音楽になった・・・。
そして、世界大戦までのヨーロッパでは絶大な人気を誇る作曲家になったのだろう。


【メンデルスゾーン 無言歌集】
無言歌集
【メンデルスゾーン ピアノ協奏曲第1番】
ピアノ協奏曲第1番
【メンデルスゾーン ピアノ協奏曲第2番】
ピアノ協奏曲第2番



<今日の一枚>
この曲の場合、私は緊迫感のある管弦楽表現が好きだ。
特に、序曲とスケルツォが重要で、どんな演奏を聞かせてくれるか楽しみな部分だ。
あー、やっぱり今日はトスカニーニでいこう。
この緊張感と疾走感溢れるスケルツォはどうだ。
誰にも達成しえなかった高みがここにはある。
但し、致し方ないのだが、音源が古いので音質は宜しくない。
■メンデルスゾーン:真夏の夜の夢/他 [Limited Edition]
 アルトゥーロ・トスカニーニ指揮 NBC交響楽団

・メンデルスゾーン
1. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~序曲
2. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~間奏曲
3. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~夜想曲
4. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~スケルツォ
5. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~結婚行進曲
6. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~フィナーレ
・ケルビーニ
7. 交響曲ニ長調
・ウェーバー:
8. 歌劇「オイリアンテ」序曲

41EMK848M1L__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
この曲の推薦盤を挙げるなら、まずはレヴァインだろう。
非常に統率のとれたバランスの良い演奏だ。
レヴァインという指揮者の素晴らしさを感じることができる、切れの良い弦と抜群のリズム感で闊達な表現に成功している。
録音状態も良好。
■メンデルスゾーン:真夏の夜の夢 [Limited Edition]
 ジェームズ・レヴァイン指揮 シカゴ交響楽団

1. 劇付随音楽≪真夏の夜の夢≫ 作品61から 序曲 作品21
2. 劇付随音楽≪真夏の夜の夢≫ 作品61から スケルツォ
3. 劇付随音楽≪真夏の夜の夢≫ 作品61から 妖精の合唱「舌先さけたまだら蛇」
4. 劇付随音楽≪真夏の夜の夢≫ 作品61から 間奏曲
5. 劇付随音楽≪真夏の夜の夢≫ 作品61から 夜想曲
6. 劇付随音楽≪真夏の夜の夢≫ 作品61から 結婚行進曲
7. 劇付随音楽≪真夏の夜の夢≫ 作品61から 終曲「ほのかな光」
8. 劇音楽≪ロザムンデ≫ D797から 序曲(≪魔法の竪琴≫D644より転用)
9. 劇音楽≪ロザムンデ≫ D797から 間奏曲 第3番
10. 劇音楽≪ロザムンデ≫ D797から バレエ音楽 第2番

61EDLxqSLpL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤2>
さらに挙げるとしたら、セルだろう。
こちらも特に弦の繊細な音が素晴らしい。
妖精の姿にも豊かな生命力が与えられているように感じる。
「イタリア」とのカップリングもお得感ありだ。
■メンデルスゾーン : 交響曲第4番「イタリア」&劇音楽「夏の夜の夢」 他
 ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団

1. 交響曲第4番イ長調op.90「イタリア」
2. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.61
3. 序曲「フィンガルの洞窟」op.26
(「真夏の夜の夢」は
1. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~序曲
2. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~間奏曲
3. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~夜想曲
4. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~スケルツォ
5. 劇音楽「真夏の夜の夢」op.21&61~結婚行進曲
の5曲)
51jR0dcFhcL__SL500_AA300_.jpg

2013.07.13 Sat l メンデルスゾーン l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ メンデルスゾーン ピアノコンチェルト第2番 ★
昨日に引き続いて、メンデルスゾーンだ。
このところ、同じ作曲家のそれも同じジャンルの曲を聞く習慣が芽生えてしまったのか・・・。
いえいえ、以前からその傾向はありますよ。
それで、ピアノ協奏曲第2番 ニ短調 作品40だ。
メンデルスゾーンのピアノコンチェルトは2曲とも短調だ。
この曲はニ短調で第1番はト短調。
メンデルスゾーンという作曲家は短調でも暗い曲調は感じさせない。

〇 育ちの良いメンデルスゾーン 〇
第1番は弦のトレモロから入るが、こちらは管から入り弦が応答し、すぐにピアノ独奏がロマンティックな主題を奏でる。
メンデルスゾーンが提示する主題は、分かりやすく軽快で洒落ている。
裕福な銀行家の息子として生まれ、幼少からその天才ぶりを発揮した育ちの良さのようなものがメロディにも出ていると思う。
とても素直なメロディラインなのだ。
この曲も出だしからその本分を発揮している。

〇 切れ目なし 〇
第1番でも触れたが、この曲も全楽章切れ目なしで演奏される。
しかし、主題的な関連性はあまりないように感じる。

〇 演奏時間 〇
この曲の演奏時間は大体23分~24分くらい。
少し時間のある時や、気分転換にも最適な演奏時間、標準的と言っても良い。
一方第1番はもっと短くて、17分~19分くらい。
従って、私はいつも聞き始めると2曲通して聞いてしまう。
実は、昨日も今日も2曲通しで聞いているのだ。(^^)


【メンデルスゾーン 無言歌集】
無言歌集
【メンデルスゾーン ピアノ協奏曲第1番】
ピアノ協奏曲第1番
【メンデルスゾーン 夏の夜の夢】
夏の夜の夢



<今日の一枚>
上述の通り、2曲通しで聞くことが多いため2曲がカップリングされたCDが好都合。
昨日同様にシフで聞いた。
そうそう、昨日は書き忘れましたが、このCDは第1番、第2番がカップリングされている。

■メンデルスゾーン ピアノ協奏曲第2番ニ短調
 アンドラーシュ・シフ(P) シャルル・デュトワ指揮バイエルン放送交響楽団
51ZsJw264PL__SL500_AA300_.jpg


<もう一枚>
このメンデルスゾーンのピアノコンチェルトはあまりCDが発売されていない。
シフ以外で挙げるとしたら、若き日のペライアでどうだろう。
■メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番&第2番【Blu-spec CD】 [Limited Edition]
 マレイ・ペライア(P) サー・ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ

これはBlu-spec限定バージョンで、音質が良い。
ノーマル・バージョンもある。

51bgDneu9LL__SL500_AA300_.jpg


2013.04.30 Tue l メンデルスゾーン l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ メンデルスゾーン ピアノコンチェルト第1番 ★
今日はお天気も良いし、連休前半の最終日、ちょっと明るい曲でいこう!
明るいというと、私はまず思い浮かぶのがメンデルスゾーン。
第4番のシンフォニー・イタリアのイメージが小さい頃から抜けないので、とても明るい作曲家=メンデルスゾーンということになっている。
メンデルスゾーンのピアノコンチェルトは2曲残されている。
第3番はスケッチのみだ。
今日はその内、ピアノ協奏曲第1番 ト短調 Op.25、MWV.O 7でいくことにした。

〇 ト短調ピアノコンチェルト 〇
このト短調のコンチェルトは、冒頭の半音階上昇がとても印象的だ。
そして、いきなりピアノ独奏が入ってくる。
ト短調なのだが、メンデルスゾーンらしい溌剌とした曲想でかなり元気になれそう。
メンデルスゾーン22歳の時の作品だから、若々しく華々しい展開で朝に聞くにはうってつけだ。
メンデルスゾーンは楽章間に切れ目のない曲が多い。
この曲も第2番のピアノコンチェルトもかの有名なヴァイオリンコンチェルトもそうだ。

〇 巧妙な転調 〇
第1楽章から第2楽章へは、実に巧妙に転調して入っていく。
第2楽章はヘ長調。
うっかりすると第2楽章に入ったことに気付かないほどだ。
低弦からピアノに渡った主題を、穏やかに優しく奏でていく。

〇 華やかな第3楽章 〇
第2楽章から第3楽章へはホルンの連呼からピアノが奏する明るい主題に展開されて、これは絶対気が付く。(^^)
実にメンデルスゾーンらしい、軽快で明るい曲想に転じる。
最後は第1楽章の主題が帰ってきて、幸せに終わる。


【メンデルスゾーン 無言歌集】
無言歌集
【メンデルスゾーン 夏の夜の夢】
夏の夜の夢
【メンデルスゾーン ピアノ協奏曲第2番】
ピアノ協奏曲第2番



<今日の一枚>
メンデルスゾーンの明るさと軽快さが、良い意味で発揮されている一枚。
■メンデルスゾーン ピアノ協奏曲第1番ト短調
 アンドラーシュ・シフ(P) シャルル・デュトワ指揮バイエルン放送交響楽団

51ZsJw264PL__SL500_AA300_.jpg

2013.04.29 Mon l メンデルスゾーン l コメント (0) トラックバック (0) l top