上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ シューベルト ピアノソナタ第21番 ★

今日はシューベルトのソナタにしよう。
第21番変ロ長調D960 は、4楽章から成るシューベルトの最後のピアノソナタだ。
この曲は1828年9月に作曲されたということなので、亡くなる2ヶ月ほど前のことだ。
シューベルトは1822年頃から急に体調を崩し始め、翌年には入院してしまい、一時小康状態を保つが、再び悪化し病院では回復の望みなしとの診断を受けてしまう。
詰まり、シューベルトがこの曲を作曲した時期には、病苦が確実に彼を襲っており、もしかすると自分自身の寿命を感じていたかも知れないのである。
実はシューベルトの最後の3つのピアノソナタは3部作などとも言われており、いずれも同時期に完成されている。

17番のソナタなどでもよく言われることだが、最後の三部作のソナタも長大で極めて歌謡的なソナタだ。

〇 いかにもシューベルト 〇
ソナタ形式で書かれた第1楽章の第1主題は、やはりシューベルトだ、ピアノで歌を詠っているような主題が奏でられる。
8小節目の低音のトリルは、これまたいかにもシューベルトだ。
この主題は変ト長調に転調したのち、主調に戻る。
この長大な楽章は20分以上になるが、その間魅力的な転調を繰り返しながら、主題は色彩を変えていくが、あくまでも呈示された旋律線は残る。
これはシューベルトの楽曲の大きな特徴と言っていいが、ソナタ形式で書いても大きな展開はしない。

自分の書いた旋律に酔うように、あくまでもラインを消すことはない。
この点でシューベルトは展開が弱いと、指摘されることもある。
しかも、以前は「長大で退屈」だとの批判から、ソナタなどはあまり演奏会でも取り上げられることは無かったそうだ。
弾くピアニストが居ても、聴衆が求めなかったのである。
確かに、規模の大きなシンフォニーなどを書くには欠点になるかも知れない「シューベルトの展開力」だが、私はこれこそがシューベルトの魅力ではないかと思う。
ベートーヴェンには無い、大らかで純真なメロディと心穏やかにしてくれる素朴なハーモニーが止め処なく流れているのだ。

〇 諦観 第2楽章 〇
第2楽章はゆったりとしたメロディが息づく3部形式の楽章だ。
私はこの優しい主部のメロディを聞くと、死を間近にしたシューベルトの諦観のようなものを感じる。
決して、声高に叫ぶことはないが、とても悲しい歌だ。
中間部はイ長調に転じて、少し明るさを取り戻す。
そして、最後は再現部のように同じメロディが現れる。

〇 軽快にスケルツォ 〇
第3楽章は、軽やかなスケルツォ楽章で、変ロ長調の複合3部形式。
トリオ部は変ロ短調でシンコペーションをうまく使って独特な響きを出している。

〇 元気な終楽章 〇
この楽章は最後を締めくくるに相応しい明るさを取り戻す。
主題はハ短調から始まって、しだいに主調である変ロ長調に転じる。
ソナタ形式なのだろうが、展開部ははっきりしない。
この楽章の元気さは、シューベルトの生への憧憬のように聞こえる。


<今日の一枚>
今日は巨匠ケンプのピアノに委ねてみたい。
第3楽章の一部では、少し手がロレってしまう部分もあるが、何と言ってもその演奏は品格と自信に満ちている。
第2楽章では、生きることへの憧憬の残渣を諦めるかのように穏やかな癒しの歌を詠ってくれる。
■シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D.960/楽興の時 D.780 [Limited Edition]
 ヴィルヘルム・ケンプ(Pf.)

51OGEw6KU0L.jpg

<推薦盤1>
ずっと以前に、イヴォンヌ・ルフェビュールやアンドレ・フォルデシュの演奏を聴いていたことがあり、お勧めしたいのだが、殆ど入手困難なようだ。
最近の録音で、私が素晴らしいと思うのはやはり内田光子さんだ。
第1楽章冒頭では、遥か遠くから『哀しみに溢れた憧憬』が静かに近づいてくるような音を響かせる。
テクニックも抜群にうまい。
■シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番/楽興の時
 内田光子(Pf.)

51CcWgkQeVL__SL500_AA300_.jpg


スポンサーサイト
2013.09.23 Mon l シューベルト l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ シューベルト ピアノ五重奏曲イ長調 『鱒』 ★
今日はシューベルトの鱒でいこう。
ピアノ五重奏曲 イ長調 D667,(Op.114) は、シューベルトがまだ若い22歳の頃の幸せな作品だ。
この曲は5楽章構成なのだが、第4楽章が自作の歌曲「鱒」から主題を取った変奏曲の為『鱒』(Trout)というタイトルで呼ばれている。

小学生の頃、音楽の時間にこの曲のことを友人が「たる」と呼んでいたのを思い出す。
(惜しい!うん、樽と言えばクロフツにそんな名作があったぞ、と当時海外物の推理小説を読み耽っていた私は思ったものだ)
勿論、これはお魚の「ます」だ。

この原曲である、歌曲「鱒」は正に漁師と鱒のお話で、とても実も蓋も無い言い方をすると

「綺麗な小川で泳いでる鱒を見ていたら、それを釣り人が獲ろうとしていた。
こんなに澄んだ水ならば、あの釣り人の針にかかることはあるまいと 見ていたら
釣り人は、川を掻き混ぜて濁らせて鱒を捕まえてしまった。」

という内容である。
だが、このシューバルト(Schubart:シューベルトではない)の詩には続きがあって、この鱒のお話を、若いお嬢さんへの男性の誘惑に喩えて教訓めいた結びになっている。
このフレーズをシューベルトがカットした理由は判らないが、歌曲なので俗世的な教訓まで落ちを付けるのを避けたのだろう。

〇 編成 〇
ピアノ五重奏曲は通常ならば、ピアノ+弦楽四重奏(第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ビオラ、チェロ) というのが一般的だが、この曲は第2ヴァイオリンの代わりにコントラバスが入っている。
それにははっきりした理由がある。
そもそもこの曲の作曲をシューベルトに依頼したのは、ジルヴェルター・パウムガルトナーという鉱山技師だそうで、この人はチェロを趣味にしていたようだ。
恐らく自分がチェロを演奏することを前提に、コントラバスの通奏低音をバックにチェロがメロディラインや内声部を奏でる様な活躍を望んだのだろう。
(このとても良く出来たお話は、原典がどうもはっきりせず、真贋の程定かではないと付記しておきます)

〇 第4楽章 変奏曲 〇
この曲の第4楽章が有名な「鱒」の変奏曲だ。
まず、弦楽器であの美しい主題が提示される。
原曲のリートは変ニ長調だが、ここではヴァイオリン属用にニ長調に移調されている。
第1変奏では主題提示で沈黙していたピアノが活躍する。
ここでのピアノは所謂両手ユニゾンが目立つ。(ここだけでは無いのだが)
その為、ピアノの奏でるメロディは大変訴求力があって、弦楽に負けない力強さを持っている。
(ピアニストには難曲だが)

このように、この楽章では各楽器が主役の座を持ち回りながら、魅力的な変奏曲(第6変奏まで)を作り上げていく。

〇 スリリングな第1楽章 〇
この曲は歌曲「鱒」を主題にした第4楽章が余りにも有名であるし、リズミックで溌剌とした第3楽章との対比などまことに素晴らしいのだが、私は第1楽章を一番好んでいる。
この楽章、最初からまるで見得を切るかのように主和音の強奏で始まる。
アンサンブルの中でのこの手法はベートーヴェンを髣髴とさせる。
(ベートーヴェンで言うと、弦楽四重奏よりもやはりピアノが入る「大公」のイメージ)
ソナタ形式で書かれたこの楽章はイ長調で始まるのだが、いきなり転調し始める。
それも秘めやかに・・・。
シンプルな主題が各楽器で歌われるのだが、展開部ではコントラバスのソロが入ったりする。
ジャズじゃあるまいしなどと仰る無かれ。
コントラバスが入った為に、チェロとピアノが通奏から開放されて、ピアノなど左手もかなり高音で頑張っている。
編成の妙も相俟って、各楽器が実に活き活きとスリリングなアンサンブルを聞かせてくれるのが、この曲の特徴であり、中でもこの第1楽章が素晴らしいと思っている。


<今日の一枚>
この曲は、本当に様々な四重奏団やピアノと弦楽の組み合わせで録音が残されている。
好みも非常に分れる曲だと思う。
私は特にピアノの透明感が欲しいと思っている。
清流を鱒が泳いでいくイメージ・・。
そこで、今日はリヒテルでいく。
■シューベルト:ピアノ五重奏曲「鱒」
 スヴャトスラフ・リヒテル(p)/ボロディン弦楽四重奏団員(ミハイル・コペルマン ドミトリー・シェバーリン ヴァレンチン・ベルリンスキー)/ゲオルク・ヘルトナーゲル(cb) 1980録音

613EtkC9e4L__SL500_AA300_.jpg

<推薦盤1>
今日の一枚のリヒテルは明らかに私の推薦盤だが、ブレンデルもいい!
若い弦楽をブレンデルが纏めている感じのアンサンブルだが、非常にバランスも拮抗感も程良くて、心地よいのだ。
■シューベルト:ピアノ五重奏曲<ます>/モーァルト:ピアノ四重奏曲第1番
アルフレッド・ブレンデル(P),トーマス・ツェートマイアー,タベア・ツィンマーマン,リヒャルト・ドゥヴェン,ペーター・リーゲルバウアー

51j7ZRWioTL__SL500_AA300_.jpg
2013.08.07 Wed l シューベルト l コメント (0) トラックバック (0) l top
  ★ シューベルトのピアノ曲 ★  
歌曲王としてドイツリートの礎を築いたフランツ・ペーター・シューベルト。
ちょっと貧乏臭いイメージがあるのですが(失礼)、未完成などでも聞かれるその叙情性はロマン派の雄と言える。
ヴィルヘルム・ミュラーの詩による「美しき水車小屋の娘」には、哀しき若者の心情に不覚にも涙してしまったものだ。
しかも、彼の人生にも儚さがあって、かのモーツァルトよりもメンデルスゾーンよりも夭折なのだ。
僅か31歳でこの世を去っている。


  ○ アンプロンプチュて何? ○
私が初めてシューベルトのアンプロンプチュに触れたのは小学生の頃。
アンプロンプチュってなんだろう??って思いますよね。
最後の「チュ」が可愛い!なんて思った。(フザケテる訳じゃない。可愛い子供だったのだ。)
アンプロンプチュ(impromptu)は即興曲、フランス語だ。
即興曲というと、ショパンやリストにも聞きなれたピアノ作品がある。
日本では、何故だかシューベルトの即興曲は、ショパンやリストのものよりもアンプロンプチュと呼ばれるケースが多いように思う。


  ○ 4つのアンプロンプチュは2つの作品がある ○
シューベルトのピアノ曲「4つのアンプロンプチュ」には2つの作品がある。
「4つのアンプロンプチュ」Op.90
「4つのアンプロンプチュ」Op.142
ですから、全部で8曲あることになる。
それぞれ第1曲~第4曲まであるのだが、どの曲も美しいメロディがまるで天から降ってくるように心に滲みる。
今朝はOp.90を地下鉄の中で聴いていたが、「そうそう、これがアンプロンプチュ」と楽しんでいると、あっという間に降車駅。
これはまさに「歌」だ。
ピアノの歌にピアノが伴奏をつけている。
さすが!歌曲王。ピアノでも歌ってしまう。
今更ですが、三連符が多い。
この中では第4曲が一番親しまれているのだろうか。
今朝の私は第2曲の歌謡に一番心惹かれた。ロンド形式かな。



今朝の一枚は
■ダニエル・バレンボイム : シューベルト即興曲集 1977年録音盤
これもいいです。天才バレンボイムがシューベルトの「歌」を爽やかに歌ったという感じ。
515HjFVOYyL__SL500_AA300_.jpg




けれど、巨匠が歌いに歌っている盤がある。
<推薦盤1>
■ヴィルヘルム・ケンプ : シューベルト 4つの即興曲 1965年録音盤
いかにも学者然とした風貌の巨匠ケンプ。このベートーベン弾きのピアニストがシューベルトを歌いに歌う。
ヘタクソだなんだと叩かれることもある巨匠ですが、これは歌ってますよ~。
こちらも長年の愛聴盤だ。

41PSCTEXQKL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤2>
■マリア・ジョアン・ピレシュ シューベルト 即興曲集  1996年、1997年録音
記事本文でも触れた通り、シューベルトはピアノであっても「歌謡」なのだ。
ケンプ大先生とは全く違うアプローチだが、ピレシュも美しい歌を丁寧に紡いでいる。
51lMMG6UySL__SL500_AA300_.jpg

2013.02.22 Fri l シューベルト l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。