★ ヴィヴァルディ フルート協奏曲ニ長調RV.428 『ごしきひわ』 ★
今朝は爽やかな鳥の声で行こう、バロックの雄アントニオ・ヴィヴァルディだ。
ヴィヴァルディは生涯に実の多くの協奏曲を遺してくれているが、この『ごしきひわ』というネーミングで知られるフルート協奏曲は、アムステルダムのル・セーヌ社からの依頼でヴィヴァルディが作曲し、作品10として纏められた6曲の曲集の3番目の協奏曲だ。

〇 ごしきひわ? 〇
ゴシキヒワとは勿論、鳥の名前だ。
ヨーロッパを中心に生息する小型の鳥で、日本では主にペットとして輸入されているそうだ。
植物にも鳥にも弱い私は、どこかで見ているのかもしれないが確実な記憶は無い。
693px-De_Stieglitz_lat_Carduelis_carduelis.jpg
可愛い鳥だ。
そう、この曲はこの小鳥の囀りをフルートの音色で模した曲という訳だ。

〇 聴き所 〇
この曲の聴き所はずばり、ゴシキヒワを模したというフルートの音色だ。
特に第1楽章のリトルネッロ主題の呈示の後のフルートのカデンツァ。
ここが最大の聴き所であり、独奏フルートの腕の見せ所だろう。
正に鳥の囀りそのものだ。

第2楽章のイタリアのヴィヴァルディらしい、思い切りシチリアーナの6拍子と踊るような付点リズム。
ここでの通奏低音に乗ったフルートの歌謡は秋の朝にはぴったりだろう。(本日は生憎曇天だったが・・)

〇 合奏編成 〇
この協奏曲は、独奏フルートと弦楽合奏というこじんまりした編成で、
独奏フルートにヴァイオリン(第1、第2)、ヴィオラ、そして通奏低音(チェロ、コントラバス、チェンバロ)
というものだ。



<今日の一枚>
今朝は高木綾子さんのフルートに癒された。
これは所謂flauto traversoでは無く、モダンフルートでの演奏だったと思うが、新イタリア合奏団とイタリアで録音というようにイタリアに拘ったアルバムで、高木さんの温かいフルートの音色がとても清々しい。
■イタリア
 高木綾子(Fl.) 新イタリア合奏団


【曲目】
1. フルート協奏曲ニ長調op.10-3,RV.428「ごしきひわ」(ヴィヴァルディ)
2. 協奏曲ニ短調~アダージョ(A.マルチェッロ)
3. フルート協奏曲ト短調op.10-2,RV.439「夜」(ヴィヴァルディ)
4. フルート四重奏曲第6番~アンダンテ(チマローザ)
5. 「ウィリアム・テル」の主題による幻想曲(ロッシーニ)
6. 序奏とアレグロ(ドニゼッティ)
7. 「椿姫」の主題による幻想曲(ヴェルディ/ブリッチャルディ)
8. 映画「荒野の用心棒」~ララバイ(モリコーネ)
9. 映画「ミッション」~ガブリエルズ・オーボエ(モリコーネ)
10. 協奏曲ニ短調op.9-2~アダージョ(アルビノーニ)

61ygiRq96vL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
なんと言っても、イ・ムジチならば定番的な安心感するある。
その上手さは、今更お伝えするまでも無いと思うくらいだ。
■ヴィヴァルディ / フルート、オーボエ、バスーン協奏曲集 [Limited Edition]
 演奏: イ・ムジチ合奏団, ニコレ(オーレル), ホリガー(ハインツ), トゥーネマン(クラウス), ハーデンベルガー(ホーカン)他


【曲目】
1. フルート協奏曲第1番ヘ長調RV.433「海の嵐」
2. フルート協奏曲第2番ト短調RV.439「夜」
3. フルート協奏曲第3番ニ長調RV.428「ごしきひわ」
4. オーボエ協奏曲ニ短調RV.454
5. 協奏曲ハ長調RV.446
6. ファゴット協奏曲イ短調RV.500
7. ファゴット協奏曲変ロ長調RV.504
8. 2つのトランペットのための協奏曲ハ長調RV.537

31GB0TDCC6L__SL500_AA300_.jpg

スポンサーサイト
2013.10.23 Wed l ヴィヴァルディ l コメント (4) トラックバック (0) l top