★ フォーレ レクイエム ★
永らく休止を頂いておりましたが、漸く復帰いたしました。

そこで、今日はレクイエムだ。
日本人には教会音楽というジャンルは馴染みが薄いかも知れない。
かく言う私などは、子供の頃に教会で賛美歌を歌った以外は、友人・知人の結婚式で儀礼的に触れるくらいで、キリスト教が生活の中に入っている西洋人が教会音楽に寄せる思いは恐らく理解できていない。
それでもこのフォーレのレクイエムの美しさは解る。
モーツァルトのレクイエムの崇高な気高さ、ヴェルディのレクイエムのオペラ的な感動、いずれも素晴らしいがフォーレのそれはシンプルで清澄、正に天上の音楽だ。

〇 レクイエム ニ短調作品48 〇
フォーレのレクイエムは以下の7曲から成っている。

第1曲: イントロイトゥスとキリエ Introït et Kyrie(入祭唱とキリエ)
第2曲: オッフェルトリウム Offertoire(奉納唱)
第3曲: サンクトゥス Sanctus(聖なるかな)
第4曲: ピエ・イェズ Pie Jesu(慈愛深いイエスよ)
第5曲: アニュス・デイ Agnus Dei(神の小羊)
第6曲: リベラ・メ Libera Me(私を解き放ってください)
第7曲: イン・パラディスム In Paradisum(楽園へ)


本来レクイエムには欠かせない Dies Iræ(怒りの日)を敢えて入れていないことや、ミサ終了後の赦祷式で歌われる応唱であるリベラ・メ、出棺・葬儀時に歌われるイン・パラディスムが入っていることなど、本来的なミサからはいささか外れた構成になっている。
そうしたこともあってか、この曲は初演以来「異教徒的」「死の恐怖から逸脱している」などの批判を受けたりしたようだ。
本当に「異教徒」である私には異教徒的なる本質に入り込めないが、確かにこの曲は「天上の音楽」であり、静謐な祈りが溢れており、死の恐怖には程遠いと感じている。
これについてフォーレ本人は、『私にとって死は苦しみというよりも、むしろ永遠の至福と喜びに満ちた解放感に他ならない』と語っている。

長年教会のオルガン奏者を勤めたフォーレは、画一的な教会音楽から逃れたかったとも述懐している。

〇 サンクトゥス 〇
全曲が美しく、心に滲みるのだが、中でも特筆すべきなのが第3曲サンクトゥス。
Sanctus, Sanctus,  
変ホ長調、アルペッジョに乗ってソプラノがSanctusと歌いだし、テノールが応じる。
ここではヴァイオリンの音色が効果的だ。
この上なく美しい。

〇 ピエ・イェズ 〇
このソプラノ独唱は感動的だ。
変ロ長調のオルガン伴奏に乗って、ここでは合唱が休み、ソプラノの独唱がPie Jesu Domineと歌いだす。
私はこの曲はボーイソプラノが良いと思っている。
多少の音程の振れを伴いながらも、ピュアで透明な音色は心を打つ。


今日は、この旋法を用いた儚くも美しいフォーレの天上音楽に、ただ清冽に心を震わせたいと思う。


<今日の一枚>
フォーレのレクイエムは、以前はクリュイタンスの2回目の録音をよく聞いていたが、コルボ盤に出会ってからはこればかり聴いている。
フォーレの言う「永遠の至福と喜びに満ちた解放感」を慎み深く、静かに描いていると思う。
願わくば、私が滅する際にはこの演奏に包まれたい。
■フォーレ: レクイエム
 ミシェル・コルボ指揮 ベルン交響楽団
            サン=ピエール=オ=リアン・ドゥ・ビュール聖歌隊

412JQJNM67L__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
所謂「改訂版」での演奏ではコルボ盤が私の推薦盤になるが、小編成な「原典版」での演奏となるとラター盤になるだろう。
■Requiem [CD, Import]
 ジョン・ラター指揮 メンバーズ・オブ・シティ・オブ・ザ・ロンドン・シンフォニア
           ケンブリッジ・シンガーズ

61U7cO6mkNL__SL500_AA300_.jpg
スポンサーサイト
2013.11.07 Thu l フォーレ l コメント (6) トラックバック (0) l top
★ フォーレ 夜想曲集 ★
今日は、フォーレで行こう。
ガブリエル・フォーレ、オルガン奏者を経てサン=サーンスにピアノ・作曲を師事したフランスの作曲家だ。
ショパンがそうだったように、フォーレも大規模な作品よりも小品にこそその天才を発揮した作曲家であったと感じている。
世に言う3大レクイエムの一つがフォーレの『レクイエム』で、日本でも人気があるが、室内楽やピアノの小品『舟歌』『即興曲』などにも珠玉の名品が並ぶ。

〇 夜想曲 〇
この夜想曲というジャンルは、イギリスのフィールドに始まりショパンによって確立された分野と言っていいだろう。
ノクターン(nocturne)は英語だが、イタリア語ならばノットゥルノ(notturno)ドイツ語ならばノクチュルネ(nocturne)、そしてフランス語ならノクチュルヌ(nocturne)だろうか。

発音はどうでもいいが、ショパンのノクターンに比べるとフォーレのそれは、シンプルで瞑想的な衣を纏っているように思う。

フォーレのピアノ曲には、パターン的な書法が見られて、特に初期の作品に多いのだが、旋律はスタティックで伴奏は分散和音というシンプルな書法を、固定的に見てしまうと魅力を発見できないかも知れない。

その為か、フォーレのピアノ小品を、まるで歌曲の伴奏だけを聞いているようで詰まらない、との評を聞いたことがあるのだが、私はそうは思わない。
同時代のドビュッシーやサン=サーンス、そしてワーグナーからも影響を受けつつ、独自の旋律(極めてロマン的であったり、無調の貌が覗いたり)と和声を保ち続けた稀有な存在で、ピアノ小品にもその特徴は遺憾なく発揮されていると思う。

〇 フォーレ:夜想曲集 〇
フォーレの夜想曲は全部で13曲残されている。
その作品群を大別すると、1番~8番と9番~13番に分けられると思う。
8番までは、瞑想的でありながら大変優美な旋律で書かれているが、9番からは構成もより簡素な佇まいでストイックな印象を受ける。
旋律も短いものの組み合わせが多くなる。
これはフォーレの聴力の衰えと関連しているのかもしれないが、作品の質が変化していることは間違いないと感じている。
後期作品は、不協和音も転調も苛烈な使い方になる。
さらに言うならば、前期の5番と6番には作曲時期が開いていることもあり、6番~8番を別の作品時期と考えても良い。

〇 第6番は傑作 〇
中でも第6番はフォーレの作品群の中でも傑作と言って良い逸品だ。
曲は大きく3部形式。
最初の主題では、変則的な構成のため、フォーレらしい瞑想的なノクターンが始まる。
3拍子なのだが、落ち着かない変則性が面白い。
不協和な音から解決する際にも、穏やかな移行を考えているのが印象的だ。
 
中間部の主題は、アルペジオによって導かれている。
こういう手法はフォーレのお得意と言っていいのだろう。

〇 バッハ的とも言える第13番 〇
フォーレ最後のピアノ曲でもある、夜想曲第13番は素晴らしい曲だ。
ここでは、聴覚の疾患が顕著になり始めた頃の鬱屈した曲調は超越している。
達観したような出だしからカノン風な組み立てでバッハを思わせる。
しかし、曲は自由に書かれており、しかも独特の和声を聞かせる。
最早、夜想曲というジャンルには縛られていないように感じる。
中間部は、嵐のように激しい想いを鍵盤にぶつけるようだ。
この曲は恐らくピアニストにとって陶酔の曲だ。
追想、諦観、焦燥、歓喜、安寧・・・。
間違いなく、フォーレの最高のピアノ曲だろう。


<今日の一枚>
フォーレの夜想曲の全曲となると、それほど選択肢は広くないが、今日は若き日のハイドシェックで聞こう。
フランスでよりも日本で大変ファンの多いピアニストの一人だが、若さ溢れるハイドシェックの情熱とロマンティシズムがフォーレでは説得力となっていると感じている、お気に入りの一枚。
一音一音、微妙に変化していく和声を丁寧に語っているところが、ハイドシェックの特徴か。
■フォーレ:夜想曲
 エリック・ハイドシェック(P)

51jXu-Z35UL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
ハイドシェックは私の推薦盤だが、さらに挙げるとしたら同じくフランス人であるジャン・ユボーだろう。
ハイドシェックはフランス人とはいえドイツ系の家系だが、ユボーは生粋のパリっ子だ。
流麗なタッチで、ピアニッシモが特に美しいと思う。2枚組みだ。
■フォーレ:ピアノ作品全集(1)
 ジャン・ユボー(P)


ディスク:1
1. 夜想曲(第1番~第9番)
ディスク:2
1. 夜想曲(第10番~第13番)
2. 主題と変奏 嬰ハ短調op.73
3. 即興曲(全曲)(第1番~第5番)
4. 3つの無言歌op.17

41FV59R7BSL__SL500_AA300_.jpg
2013.08.22 Thu l フォーレ l コメント (1) トラックバック (0) l top