★ ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:52 変ホ長調 ★

今日は何気ない癒しをくれるハイドンで、心身共にゆったりしよう。
ハイドンの最後期に書かれたこのソナタは、ホーボーケン番号で言うと16/52、ランドン版の番号で言えば62番だ。
1794年の作曲ということだから、エステルハージ家のニコラウス侯爵が亡くなり、楽団が解散されてしまい、ハイドンにとってはある意味、年金を頂きながら自由に創作活動が出来るようになった時期でもあるそんな頃の作品。
ハイドンのピアノ・ソナタの中では最も難易度も高く、主題を細かく展開するよりも華やかで立派な主題を中心に雄大なソナタ形式に立ち戻ったというように思える作品だ。
ブラームスのように古典の枠組みのロマン派音楽を聞き続けると、ハイドンの音楽はとても『新鮮』な印象を受けるから不思議だ。

○ ピアノソナタ Hob.XVI:52 変ホ長調 ○
ハイドンは1794~1795年にかけてイギリスを訪問しており、Hob. 50~52の3曲はイギリス・ソナタとも呼ばれている。
従って、この52番はその終曲に当たる。
この3曲はハイドンのそれまでのソナタに比して、高難度で非常にピアニスティックな作品に仕上がっているように思える。
ハイドンらしからぬと言うと、怒られそうだが、これには晩年の作品だからという理由よりも当時のロンドンのピアノ事情もありそうだ。
当時のロンドンにはあのムツッオ・クレメンティが存在しており、ハイドンがクレメンティの高弟(女性)の為にピアノ曲を書いたという話も聞いたことがある。
それがこのイギリス・ソナタだとの確証はないようだが、とにかくクレメンティを意識したことは間違いないはずで、自然に気合が入ったことだろう。

1.第1楽章(Allegro)
変ホ長調。4/4拍子のなかなか雄大なソナタ形式で書かれている。(ハイドンらしからぬと言ってはいけない)
堂々とした第1主題と軽やかな第2主題の対比も面白く、ダイナミクスも細かく変化する。
明らかにハイドンのメロディだが、ベートーヴェンの香りが少し漂ってくる第1楽章だ。

2.第2楽章(Adagio)
ホ長調の3部形式の3/4拍子アダージョ。
多少物思いに沈むようなゆったりした楽章で、中間部は同主調。
緩徐楽章であっても、装飾音も多めで、印象的な同音連打などもあって変化に富んでいる。

3.第3楽章(Presto)
主調に戻って、3/4拍子のロンド形式。
出だしから躍動的な音が乱れ飛ぶ。
ここでも同音連打が聞かれ、ダイナミクスの変化も急激なものが多い。
繊細なタッチと、懐の深い表現を要求される楽章になっている。


<今日の一枚>
今日は少し珍しいフォルテピアノによる演奏を聴いてみよう。
ハイドンのピアノ・ソナタ自体があまりメジャーではないため、選択も限られてくるのだが、これは貴重な全集ものだ。
ソナタ全曲を5人の演奏家が分けて演奏しており、この変ホ長調のソナタはStanley Hooglnadが演奏している。
以前ご紹介したヴァルター・オルベルツの全集も癖のない丁寧で良い演奏だったが、こちらは日本人2名も含めて違う演奏家のハイドンを楽しめる全集になっている。
【ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:44 ト短調】
ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:44 ト短調

■ハイドン:ピアノ・ソナタ全集(10枚組)(Haydn:Piano Sonatas Complete)Import
バルト・フォン・オールト, ウルズラ・デュッチュラー, スタンレー・ホッホラント, 小島芳子, 福田理子(Pf)

514dNL3ZH5L.jpg

<推薦盤>
リヒテルのハイドンは一味違う。
リヒテルは、モダンピアノで繊細かつ雄大なハイドンを作り上げている。
これも前回もご紹介した盤。
■ハイドン:ピアノソナタ第40番&41番&44番&48番&52番
 スヴャトスラフ・リヒテル(Pf.)

41yOLyEICxL__SL500_AA300_.jpg
スポンサーサイト
2015.01.20 Tue l ハイドン l コメント (6) トラックバック (0) l top
★ ハイドン ピアノソナタ Hob.XVI:44 ト短調 ★

12月は仕事がハードで、いつも欠かさず拝見している方のブログを訪問するのがやっとで、自身の更新は放棄していた。
漸く仕事納め、少しゆっくりしたい・・・。

そこで、今日はバッハとハイドンで身体の芯から癒そうと思った。
ハイドンのこのト短調のソナタは、所謂ホーボーケン番号で16/44、ランドン版の番号で言えば32番ということになる。
作曲年代については定かではないようだが、1770年頃だと言われている。
私には一瞬スカルラッティにも聴こえる、このト短調ソナタが好きで度々聴く。

〇 程好いメランコリック 第1楽章 〇
ト短調、ソナタ形式で書かれたこの楽章は、繰り返しも特徴的で第1主題のト短調のメロディが支配的な楽章だ。
スカルラッティの短調のソナタを彷彿とさせるこのメランコリックさは、長調へ転調する際の心地よさも相俟って、私には本当に程好いため息に聴こえるのだ。
シンコペーションやハイドンらしいトリルも大変効果的で、とても優雅だ。

〇 躍動的な 第2楽章 〇
この楽章もト短調、第1楽章のメランコリックを受け継ぎながら、躍動的な主部を持つコーダ付きの三部形式か。
中間部で二長調に転調する変貌が美しい。
旋律線は徐々に流麗な線を描き出し、締めでは短調の余韻を残しながらも長調で喜ばしく終わる。

〇 村上春樹氏 「1973年のピンボール」 〇
この曲は、実は村上春樹氏の2作目の長編である「1973年のピンボール」に登場している。
私は、自分が愛聴していたト短調ソナタがこのような形で文学の中で生命を与えられるのを不思議な感動で迎えていた。


僕があぶなっかしく積み上げられたバリケードがわりの長椅子をくぐった時には、ハイドンのト短調のピアノ・ソナタがかすかに聞こえていた。山茶花の咲いた山の手の坂道を上り、ガール・フレンドの家を訪ねるときのあの懐かしい雰囲気そのままだった。
(村上春樹氏『1973年のピンボール』から)


山茶花の咲いた山の手の坂道・・・、閑静な住宅地の瀟洒な家々が立ち並ぶ坂道を、彼女の邸宅に向かって登っていく。
赤い山茶花に彩られた垣根には柔らかい午後の日差しが静かな陰影を作っている。
懐かしい青春の1ページ。


<今日の一枚>
今日はリヒテルの確かなテクニックに支えられた叙情的なハイドンを聞こう。
フォルテピアノでの演奏も勿論良いのだが、モダンピアノでの深みのある音色でのハイドンも良いものだ。
■ハイドン:ピアノソナタ第40番&41番&44番&48番&52番
 スヴャトスラフ・リヒテル(Pf.)

41yOLyEICxL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
ハイドンのピアノソナタは、あまり人気のあるものではないので、CDのチョイスも限られてくる。
しかし、ヴァルター・オルベルツの全集は素晴らしいものだ。
非常に洗練された演奏で、ハイドンのソナタの楽しさや良い意味での「軽み」を表現していると思う。
全集という大仕事を見事に遣り遂げてくれている。
■ハイドン:ピアノソナタ全集
ヴァルター・オルベルツ(Pf.)

41N-TbnB-lL.jpg
2013.12.30 Mon l ハイドン l コメント (8) トラックバック (0) l top
★ ハイドン 交響曲第101番ニ長調 『時計』 ★
この101番は、先日の103番同様ザロモン交響曲の中の一曲だ。

【弊ブログご参照】
→ハイドン 交響曲第103番『太鼓連打』


この101番は、ザロモン交響曲第2期の3曲目に当たるシンフォニーで、『時計』というニックネームで日本でも親しまれており、ハイドンの中では演奏機会の多い方になる。
ハイドンの場合、ニックネームに捻りが足りないので、とかく軽く見られがちだが、この『時計』も第2楽章だけでなく全てに渡って古典シンフォニーの楽しさを感じさせてくれる素晴らしい音楽だ。

〇 交響曲のニックネーム 〇
ちなみに、ハイドンのシンフォニーのニックネームについてだが、以下の様にそのまんまという感じだ。

交響曲第6番 ニ長調『朝』
交響曲第7番 ハ長調『昼』
交響曲第8番 ト長調『夕』
交響曲第22番 変ホ長調『哲学者』
交響曲第31番 ニ長調『ホルン信号』
交響曲第38番 ハ長調『エコー』
交響曲第44番 ホ短調『悲しみ』
交響曲第55番 変ホ長調『校長先生』
交響曲第59番 イ長調『火事』
交響曲第60番 ハ長調『うかつ者』
交響曲第82番 ハ長調『熊』
交響曲第83番 ト短調『めんどり』
交響曲第88番 ト長調『V字』

わざと、気軽に面白いものだけをピックアップしたが、捻りが足りないのを納得頂けたと思う。
朝昼夕って、おいおいって思いませんか?
逆に「うかつ者」とか「V字」なんて、一体どんなシンフォニーじゃ??と思うのではないか。
機会があれば、このブログでもご紹介したいと思っている。

〇 『時計』 〇
さて、この『時計』だが、ニックネームの由来は第2楽章の「トゥ、トゥ、トゥ、トゥ」という規則正しい時計のようなテンポとリズムからきている。

♪「時計」第2楽章

ただ、この第2楽章のテンポについては、聞く方も実際の時計の1秒ずつ刻むテンポに拘らない方が良いと思う。
古今の名指揮者の演奏を聴いても、実に様々である。
クレンペラーは少し遅めだったし、ドラティは逆に少し速めだ。
アダム・フィッシャーは標準的だろう、時計より少し速いくらいだ。
この辺りも、CDを聞く際のお楽しみになっている。

〇 第1楽章 序奏がミソ 〇
第1楽章の序奏はゆっくりとした音型で、ニ短調で始まる。
この序奏、なかなかミステリアスな雰囲気があって好きだ。
私はもう少し序奏を発展させて貰えたら嬉しいくらいだ。
ちょっとベートーヴェンの第4交響曲を想起させる。
【ベートーヴェン 交響曲第4番】
交響曲第4番

すると、意外なほどすんなりとニ長調の主部に入るのだが、この主部と序奏には音型的に関連がある。
きっちりと序奏がソナタ形式の主部を導いている当たり、さすがシンフォニーの父だ。

〇 第3楽章 典雅でスケール感のあるメヌエット 〇
第2楽章は良く知られた『時計』のメロディによる変奏曲だが、この第3楽章はモーツァルトに匹敵する立派なメヌエットだ。
私はメヌエットと言えば、やはりモーツァルトを思い出すし、モーツァルトこそが古今東西最高のメヌエット作家だと思っているが、このハイドンのメヌエットはそれに負けない。
2部形式のメヌエット部はとても堂々としている。
トリオはオスティナート・バス的な反復音型の上に管楽器が優雅な音楽を乗せる。
バロック調と言えるのだろう、とても典雅な趣だ。

〇 第4楽章 軽快な終曲 〇
終曲は単一主題を展開するようなソナタ形式。
最後に第1主題が強調されるような形で、ロンド・ソナタ形式ともとれるか。
ハイドンはかなり自由に書いているし、対位法的な処理が巧みだ。
第2主題が少しはっきりしない為に、第1主題の印象の強い楽章になっている。

<今日の一枚>
今日は全曲集を録音した先駆者であるドラティに敬意を表して、ドラティでいきたい。
このブタペスト生まれの指揮者は、ストラヴィンスキーやコダーイの演奏で特に名高いが、このフィルハーモニア・フンガリカを率いて録音したハイドン全曲集は歴史的快挙とまで言われている。
今日はその全集からの盤だ。
■ハイドン:交響曲第94番「驚愕」/第100番「軍隊」/第101番「時計」
 アンタル・ドラティ指揮 フィルハーモニア・フンガリカ

21999NX2R2L__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
これは、中庸というかあまりアザトイ真似をしていない安心できるハイドンを聞きたい方には絶対お薦めだ。
テイトなのだが、小さ目の編成で落ち着いてハイドンに向かい合った、いつまでも聞ける飽きのこない盤。
94番『驚愕』とのカップリングだ。
■ハイドン:交響曲第94&101
 ジェフリー・テイト指揮 イギリス室内管弦楽団

410S6T3BNML__SL500_AA300_.jpg


2013.07.08 Mon l ハイドン l コメント (4) トラックバック (0) l top
★ ハイドン 交響曲第103番 『太鼓連打』 ★
本日はハイドンで行こう。
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン、18世紀古典派を代表する作曲家だ。
バッハが「音楽の父」なら、ハイドンは「交響曲の父」「弦楽四重奏曲の父」などと呼ばれることがある。
確かに、ハイドンが残した104曲の交響曲(他にNo.の付いていない交響曲が4曲ある)と68曲の弦楽四重奏曲(正味の数)は、その数もさることながら、内容が大変独創的で素晴らしい。
ハイドンの77年の生涯全般に渡って創作されている、彼の主要な作曲ジャンルでもある。

〇 ザロモン交響曲 〇
ハイドンはロンドン在住だった音楽興行師であるヨハン・ペーター・ザーロモンの招聘で2回に渡って渡英している。
1度目は1791年から1792年にかけて、2度目は1794年から1795年にかけてで、この渡英の際に作曲した交響曲12曲をザーロモンの名に因んで、「ザロモン交響曲」と呼ばれている。(ザーロモンと伸ばすのが正しいのかも知れない)

2回の渡英に分けて下記のように第1期と第2期に分けて整理されている。
第1期 交響曲第93番~第98番
交響曲第93番ニ長調
交響曲第94番ト長調「驚愕」
交響曲第95番ハ短調
交響曲第96番ニ長調「奇蹟」
交響曲第97番ハ長調
交響曲第98番変ロ長調

第2期 交響曲第99番~第104番
交響曲第99番変ホ長調
交響曲第100番ト長調「軍隊」
交響曲第101番ニ長調「時計」
交響曲第102番変ロ長調
交響曲第103番変ホ長調「太鼓連打」
交響曲第104番ニ長調「ロンドン」

この12曲の「ザロモン交響曲」は、別名「ロンドン交響曲」とも言われている。(それも納得)

〇 ザロモンとジュピター 〇
モーツァルトの最後のシンフォニーは『ジュピター』と呼ばれているが、このネーミングはザロモンによるものだと言われている。
ハイドンはモーツァルトの晩年(と言っても若かったが)にモーツァルトと親交を深めているが、この時代の人間関係のようなものが伺えるエピソードだ。

〇 太鼓連打 〇
この第103番『太鼓連打』はザロモン交響曲(ロンドン交響曲)の最後から二つ目に当り、晩年のハイドンの充実振りが伺える、ハイドン独特の軽みの中にも独創性に富んだ曲で、初演から現在に至るまで人気のあるシンフォニーだ。

〇 何故?『太鼓連打』 〇
この「太鼓連打」というニックネームは、第1楽章の冒頭とコーダの始めに、Wティンパニによる「ドドドド」という正に太鼓の連打があるからだ。
第1楽章を聞けば、冒頭からティンパニで、それはそれで納得はいくのだが、ここでハイドンがやりたかったことが私には良く判らない。
生来のユーモア感覚の為せる業なのか、序奏の新機軸としての発想なのか・・・。
この後続く序奏のメロディは、良く聞くとソナタ形式の主部でも現れる。
ティンパニの連打と少し不気味な色彩を帯びる低弦が奏する序奏、何かを象徴しているのかもしれない。

〇 双子の主題 〇
この曲を聞いて印象に残るのは、各楽章の主題の類似性だ。
第1楽章はソナタ形式だが、その第1主題と第2主題は類似性があり、特に第2主題の後半は第1主題から取られているように思う。
第2楽章はAndanteで変奏曲になっているが、ここでの二つの主題がハ短調とハ長調でとても良く似た和音進行をする。

さらに、主題ではないが、第3楽章のメヌエットでも、トリオの部分が近親調ではなくメヌエットと同じ変ホ長調で、ここでも類似性を持たせた上で、曲調を変えることでメリハリをつけている。

このように、ハイドンはこのシンフォニーの中で、双子の音楽を如何にコントラストをつけて展開するか、というテーマに挑んでいるかのように感じられる。

〇 優雅な宮廷音楽 〇
これはザロモン交響曲全般に言えることだが、ハイドンの時代の音楽が貴族を中心とした富裕層のものであったことから、曲調はあくまで優雅で調性もあまり尖ったものは使われていない。
バロックから続くこの流れをハイドンは色濃く継ぎながらも、独特の感性と独創性のある音楽の構成でシンフォニーを一つの高みに持っていった作曲家だと感じる。


【ハイドン 交響曲第101番『時計』】
交響曲第101番『時計』


<今日の一枚>
私はハイドンのシンフォニーを聞く際に、まずこの全集を引っ張り出す。
殆ど聞く機会の無いハイドンの初期のシンフォニーを含めて、ハイドンの第1人者のアダム・フィッシャーが非常に丁寧に、流麗な音楽を聞かせてくれる。
ハイドンの語るには絶好の全集だと思う。
ちなみに、オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団は1987年にアダム・フィッシャーによって組織されたオーケストラで、本拠地はハイドンゆかりのアイゼンシュタットのエステルハーツィ宮殿内のハイドンザールだ。
オーストリアからのメンバーとは即ちウィーン・フィルのメンバーということだ。

■ハイドン:交響曲全集(33枚組)/Joseph Haydn: Symphonies 1-104 [CD, Import]
 アダム・フィッシャー指揮 オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
 2001年録音で音質は良好。

51TzMvwV1PL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
ハイドンはちょっと単調かな、と思っている方にはアーノンクールをお奨めする。
切れ味のあるハイドンが楽しく聞ける。
■ハイドン : 交響曲第101番「時計」,第102番,第103番「太鼓連打」,第104番「ロンドン」
 ニコラウス・アーノンクール指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

412BS4GVKDL__SL500_AA300_.jpg



<推薦盤2>
古楽器からも良いCDを推薦したい。
クイケンだ。
このCDは小編成オーケストラの弦楽器などの音色のピュアさを堪能しつつ、しかもなかなかスケール感のある演奏を聞かせてくれるのだ。
ザロモン交響曲12曲全てが収録されている。
■ハイドン:ロンドン(ザロモン)交響曲集
 シギスヴァルト・クイケン指揮 ラ・プティット・バンド

51v+0QatwaL__SL500_AA300_.jpg

 
2013.06.14 Fri l ハイドン l コメント (0) トラックバック (0) l top