上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ シューマン 交響曲第3番変ホ長調 『ライン』 ★
交響曲第3番変ホ長調作品97「ライン」は、作曲年代からするとシューマンの最後の交響曲だ。
私は小学生の頃にこのシンフォニーを初めて聴いて、独特の音色に結構惹かれたことを覚えている。

ロベルト・シューマンという作曲家は、同時代に生きたブラームスやメンデルスゾーンとは対極的な作曲家で、非常に完成度の高い作品を作り出した彼らとは異なり、もっと何か詩的な啓示によって作曲を行った人のように感じている。
この第3番のシンフォニーは、クララの強い勧めもありシューマンが1850年にデュッセルドルフに職を請けて(当地の市立管弦楽団と合唱団の指揮者)、ライン川の河畔をそぞろ歩きながら構想を練ったようである。

〇 『ライン』 〇
この『ライン』はシューマンの交響曲では唯一の5楽章構成の交響曲だ。(他は全て4楽章)
だが、演奏時間は大体30分~35分とそれ程長大なものではなく、親しみやすいメロディもあって日本でも人気が高い曲の一つだ。

第1楽章:Lebhaft(生き生きと)
第2楽章:Scherzo Sehr mäßig(とても穏やかに)
第3楽章:Nicht schnell(速くなく)
第4楽章:Feierlich(荘重に)
第5楽章:Lebhaft(生き生きと)

シューマンによる各楽章の指示は、上記の通りイタリア語ではなくドイツ語で書かれている。

〇 第1楽章冒頭 〇
「ライン」と言えば、まずこの第1楽章冒頭のメロディが口をついて出てくる。
3/4拍子なのだが、やや変則的に3/2拍子との組み合わせのようになっており独特のリズム感だ。
以前のNHKの番組で、N響アワー?のテーマメロディになっていた。
私はこの明るく雄大な曲想の旋律が大好きだ。
この楽章はソナタ形式で書かれている。

〇 スケルツォ? 〇
ハ長調の3/4拍子の舞曲風のメロディから始まる。
だが、あまりスケルツォ的ではなくて、低弦が中心になる落ち着いた楽章だ。
シューマンの指定もSehr mäßig(とても穏やかに)。
終盤ではホルンが大活躍だ。

〇 穏やかな第3楽章 〇
この楽章は木管で始まり、弦とのやりとりで穏やかに進行する。
大変美しい楽章に仕上がっている。

〇 ケルンの大聖堂 〇
コラール風の金管で始まる第4楽章は、ケルンの枢機卿就任式での感銘を表現していると言われているが、なるほどだ。
変ホ長調4/4拍子で書かれているが、和声的には短調に聞こえる。
壮麗なこの楽章はやはりトロンボーンの活躍が目立つ。

〇 堂々とした終曲 〇
前楽章から一転して、明るい祝祭的な旋律がこの楽章を支配している。
シンコペーションを巧みに入れながら、盛り上がっていく。
ファンファーレ的な金管の使い方が印象的なクライマックスだ。


<今日の一枚>
若い頃レヴァインの意欲的なシューマンを聞こう。
シューマンの場合よくオーケストレーションについて云々されることが多いし、実際に名演と言われる演奏も多くがマーラーの編曲版か、それをベースとした改訂版で演奏されている。
しかし、この盤でレヴァインは敢えてスコアに手を加えずに、シューマンが書いたそのままで演奏を行っている。
確かに、シューマンのシンフォニーはトゥッティを多用しがちで、ともすると旋律線が消えてしまうような難点があるように私も感じるのだが(音が濁るとも言われている)、レヴァインはオーケストラのバランスをたくみに操って、輝かしいシンフォニーに仕立て上げている。
また、第2ヴァイオリンの旋律線を浮き立たせる為に、ミキシングによって対向配置的な効果を出している。
これはレヴァインのシューマン交響曲全集だ。
■シューマン:交響曲全集
 ジェームズ・レヴァイン指揮 フィラデルフィア管弦楽団

41T183KAP3L__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
クナッパーツブッシュやシューリヒトの演奏もなかなか良かったような記憶があるが、録音が古いので・・。
マーラー版がベースとなっていると思われるジョージ・セルは音質も良好。
シューマンのオーケストレーションに違和感を覚える方でも、この盤ならば非常にすっきりしたオーケストラの音を聴くことが出来る。
■シューマン:交響曲第1&3番
 ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団

511o9QvnH3L.jpg
スポンサーサイト
2013.11.18 Mon l シューマン l コメント (8) トラックバック (0) l top
★ シューマン 幻想曲 ハ長調 作品17 ★
今日はシューマンだ。
考えてみると、このブログではシューマンの曲は初めて紹介することになる。
シューマンと言う人は情熱的で、歌曲やピアノ曲に優れた作品を多く残している。
シンフォニーなどになると、良く言われる管弦楽法のまずさからヨーロッパでもあまり人気がないと言われるが、ラインなどは私は小中学生の頃から好んで聞いた。
この『幻想曲ハ長調 作品17』 は当初ピアノソナタとして構想されたそうで、3楽章からなっている、ちょっと異色の曲だ。

〇 青春の息吹 〇
この曲が作られた1835年~38年頃というと、シューマンがクララに猛烈なアタックをしていた時期だと思う。
しかしクララの父ヴィーク氏に猛反対されて、シューマンの心は千々に乱れていたことだろう。
だからこの曲は、若いシューマンのそんな青春の息吹がたっぷり吹き込まれた恋愛音楽といっていい。

〇 ベートーヴェンを讃える歌 〇
もう一方では、当時偉大なるベートヴェンの記念碑を建てる発起人の一人だったシューマンはこの曲の中でベートーヴェンの曲の一節を引用して、その偉業を讃えている。

〇 青春讃歌の第3楽章 〇
3楽章の中でも第3楽章が素晴らしい。
正に胸が張り裂けんばかりのクララへの想いが包み隠さず謳歌されている。
ロマンティックで情熱的なこの楽章が「幻想曲」たらしめているような気がしてならない。

<今日の一枚>
シューマンの幻想曲というと、ホロヴィッツやリヒテルの名演がある。
特にホロヴィッツのカーネギーホールでの復帰ライブの演奏は鬼気迫るものがあった。
しかし、今日は敢えて母なるラローチャでロマンを満喫したい。
この音源はDECCAの物だが、日本では販売されていないのかも知れない。
私は、輸入盤のPIANO MASTER WORKSで入手した。
■シューマン 幻想曲 ハ長調作品17
 アリシア・デ・ラローチャ(P)

41atVNA+NoL__SL500_AA300_.jpg



<推薦盤1>
推薦盤となると、やはりリヒテルは外せないか。
但し、1961年録音なのでステレオ録音とは言え、音質はお世辞にも良いとは言えない。
しかし、スケール感は群を抜いている。
こちらはベートーヴェンのテンペストとカップリングされている。
51ibgxVSWcL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤2>
ホロヴィッツ、このピアニストは本当に困った人だ。
不世出にして、好不調の波の大きいピアニストとしても知られている。
特に初来日の演奏が物議を醸したことで有名だ。
評論家・吉田氏曰く「ひび割れた骨董品」・・・。
しかし、俗に「ヒストリック・リターン」と呼ばれている、この1965年カーネギーホールのライブ録音は必聴ものだ。
このCDにはバラキレフ「イスラメイ」が収録されており、この超絶技巧は悪魔的とまで言われている。
51SQtcZYhCL__SL500_AA300_.jpg


2013.05.01 Wed l シューマン l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。