上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 ★ ブラームス ヴァイオリンソナタ第1番 ト長調 『雨の歌』 ★ 

ブラームスのヴァイオリン・ソナタと言えば、こちらを思い出す方が多いかも知れない。
私も実は、イ長調のソナタを聴けば、必ずト長調のこのソナタも聴いてしまう。
昨日は日本中が冷たい雨に包まれたこともあり、やはり『雨の歌』だろう。

○ ヴァイオリンソナタ第1番 ト長調作品78 『雨の歌』 ○
このト長調のソナタは、ブラームス自身の歌曲「8つの歌曲 作品59」の第3曲『雨の歌』と、同じく第4曲『余韻』から主題を取っていることから、『雨の歌』と呼ばれている。
ブラームスの歌曲は、他の作品に比して演奏会でも取り上げられる機会が少ないようだが、「ドイツ・レクイエム」以外にも、生涯を通して多くの歌曲を残しており味わい深い物が多い。
この「8つの歌曲」の『雨の歌』作品59-3は、ブラームスにとって最も大切な女性クララ・シューマンによって、こよなく愛されていたことでも有名である。

1.第1楽章(Vivace non troppo)
ト長調。ピアノの和音に導かれて、ヴァイオリンに付点リズムの印象的な第1主題が静かに現れる。
この特徴的な主題は歌曲『雨の歌』の旋律に通じるものがあると思う。
ピアノに主題の現れることの多いブラームスだが、冒頭のここはヴァイオリンが美しい主題を奏でる。
この儚くも美しい主題は、雨の雫が窓を覆うように、全曲を支配しているかのようだ。

2.第2楽章(Adagio)
変ホ長調の三部形式。
穏やかな慰めに満ちた緩徐楽章になっている。
シューマン夫妻の末っ子フェリックスが病床にあった際、ブラームスは作曲中のこの第2楽章を引用してクララを慰めたという。
次の年にはフェリックスは帰らぬ人となり、同年にこのソナタは完成している。
フェリックスの死を悲しむクララを想い、慰めるブラームスの愛が籠められているように感じる。

3.第3楽章(Allegro molto moderato)
ト短調のロンド形式。
冒頭の主題は確かに歌曲『雨の歌』だ。
「Walle,Regen,walle nieder・・・」
で始まるこの歌は、クラウス・グロートの詩によるもので、「雨は子供の頃に見た夢を呼び覚まし、甘いざわめきをもたらす」と歌われる。

私は全体を通じて、この曲はブラームスのクララに向けた、とてもプライベートな曲だと感じている。


<今日の一枚>
先日、イ長調のソナタは女王アンネ=ゾフィー・ムターとオーキスのコンビで聴いたが、今日はもう少し抑制的なズッカーマンとバレンボイムで聴いてみよう。
ズッカーマンの豊潤なヴァイオリンの音色が『雨の歌』には相応しい。

■ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ(全曲)
 ピンカス・ズッカーマン(Vn.)、ダニエル・バレンボイム(Pf.) 

81Xfyqw95+L__SL1500_a.jpg
スポンサーサイト
2014.12.21 Sun l ブラームス l コメント (8) トラックバック (0) l top
 ★ ブラームス ヴァイオリンソナタ第2番 イ長調 ★ 

このところブラームスを聞いている。
私の場合、この作曲家を聴き始めると、暫く嵌るという傾向がある。
ブラームスの3曲のヴァイオリンソナタはどれも大好きなのだが、この季節敢えて聞き分けるとしたら、例えば第1番は雨の日に、第2番は抜けるような秋の青空の下で、そして第3番は秋の夜長の読書のお供に。
本日は爽やかな晴天でもあり、やはり第2番だろう。

○ ヴァイオリンソナタ第2番 イ長調作品100 ○
このイ長調のソナタは、とても明るく、ブラームスのロマンティシズムが快活に現れた作品だと思う。
だから、秋の清々しい青空はお似合いだ。
第一番のト長調のソナタは、『雨の歌』の副題も与えられているが、これは自身の同名の歌曲からモティーフを引用しているからであり、第3番も含めて、ブラームスのヴァイオリンソナタは「歌曲」に聞こえてならない。
ブラームスのヴァイオリンソナタは、「歌」であり、そして密やかな弱音にこそ比類ない美しさが存在する。
私は演奏を選ぶ場合も、かそけき歌を聴く積もりでチョイスする。
あまり技巧を誇示する曲ではないため、むしろ演奏家の解釈の部分が問われる作品だと思う。

1.第1楽章(Allegro amabile)
イ長調。ピアノの主和音から導かれ、ヴァイオリンが呼応しながら第1主題を奏でる。
流れるようにピアノに第2主題が現れて、途中時折短調に変貌しながら展開していくソナタ形式。
この3/4拍子の主題は正に愛らしく(amabile)、この楽章全体を甘く包んでいるようだ。

2.第2楽章(Andante tranquillo-vivace)
ヘ長調。シンプルなロンド形式。
Andante主題は、第1楽章の主題と類似しているように思える。
前楽章から穏やかに入るこの楽章は、短調に転じるリズミックなvivace部分とのコントラストが面白い。

3.第3楽章(Allegretto grazioso)
イ長調のロンド形式。
初めにヴァイオリンの低音に印象的なブラームスらしい旋律が現れる。
ここは艶のある音が必須な部分だ。
正に「歌」うヴァイオリンであり、ピアノは和声での応答に傾く。


<今日の一枚>
さて、今日はこのロマンティックなブラームスのソナタを誰で聴こうか。
女王アンネ=ゾフィー・ムターに登場願おう。
かつてカラヤンに愛された天才少女もすっかり完成されたヴァイオリニストになった。
このムターのブラームスは、折り目正しいシェリングとは異なり、オイストラッフのように愛情に満ち、叙情的で、この曲の持つロマン性を艶やかに歌っている。
このCDは、ブラームスの魅力的なヴァイオリンソナタの全てを楽しむことが出来る。

■ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ(全曲)
 アンネ=ゾフィー・ムター(Vn.)、ランバート・オーキス(Pf.) 

417EQeAK1nL__SX425_.jpg

2014.11.22 Sat l ブラームス l コメント (4) トラックバック (0) l top
★ ブラームス 交響曲第1番 ★
このブラームスの1番のシンフォニー(ハ短調作品68)は、本当に聞き応えのある曲だ。
ブラームスはこの曲を完成させるのに約20年の歳月を費やしている。
(19年という説と21年という説を聞いたことがあるが、ここは約20年でいいだろう)
これには、例によって大変有名なお話があって、

「ブラームスは、シンフォニーを作曲するならば、敬愛するベートーヴェンのシンフォニーを超えるものを作らなければならない、と心に決めていた」

というものだ。
多分そうなのだろう。
ワーグナーが「ベートーヴェンの後にシンフォニーなど書けるものか」と言い放ち、楽劇の創作に邁進したというエピソードも思い出す。

今でこそ、毎日のように世界のどこかでベートーヴェンの作品は演奏され、日本では何故か年末になると第九を聞くと言う習慣まで出来てしまった。
しかし、当時のヨーロッパではベートーヴェンの第九シンフォニーを『新譜』として迎えた訳で、聴衆はもとより作曲を生業とする人達にとっては、驚愕であり、とんでもなく高いハードルになったことは想像に難くない。
無論、物まねなど何の意味も無かっただろう。

だが、私はとてもロマンティックなので(?)、この無骨者(ブラームス)の恋心で紐解いてみたい。
そうだ、クララ・シューマンの存在だ。

〇 交響曲はステイタス 〇
その頃のヨーロッパでは、ハイドンやモーツァルトの逸品を引き継いだベートーヴェンの影響もあったのだろう、西洋音楽の作曲家にとって「優れた交響曲」を書くことは大きなステイタスであったようだ。
従って、シューマンもクララの勧めによって最初のシンフォニー「春」を1841年に作曲し、メンデルスゾーンが初演の指揮を執っている。(その時、ブラームスはまだ8歳の坊やだが)

〇 クララに認めて貰いたかった 〇
プロのピアニストであるクララもそのような認識があった訳で、ブラームスはシンフォニーを書くならばベートーヴェンの正統な後継者である自分を認めて貰いたかった。
ブラームス流の完璧な絶対音楽を標榜し、しかもそれを愛するクララに認めて貰いたかった・・・。
呻吟の20年間は、そのようにクララへの愛を胸に過ぎていった・・と私は考えてみた。

〇 アルペン・ホルンと歓喜の歌 〇
この困難な仕事を自分なりに遣り遂げたと思ったブラームスの表明が、第4楽章に現れる。
第1楽章を髣髴とさせる序奏につづく、第2部の序奏では調性も長調に転じ、アルペン・ホルンが朗々と歌い始める。
このアルペン・ホルンのメロディは過日、クララの誕生日を祝う手紙にこのメロディの楽譜と共に
"Hoch auf'm Berg, tief im Tal, grüß ich dich viel tausendmal"
 「高い山から、深い谷から、君に何千回も挨拶しよう」
なる詩的な台詞が添えられていた。
恐らく、何千人という聴衆の中でクララただ一人が、このアルペン・ホルンに秘められた愛のポエムを理解したことだろう。
(しかし、ブラームスとクララは生涯結ばれることは無かった。)

そして、ここの第1主題は第九の歓喜の歌に酷似したメロディであることは有名だ。
メロディそのものだけでなく、旋律の立ち現れ方まで第九を思わせる。
混沌・懊悩から開放・歓喜へ。

ブラームスは、これ以外にも第1楽章の提示部の終わりに「運命の動機」に似たモティーフを使用したり、敬愛するベートーヴェンへの尊敬の念と共に、それを自分がしっかり継承していくことを表明しているように感じる。

〇 序奏は特別 〇
この序奏は、後から書き加えられたと言う事だが、いきなり強奏で始まる。
ティンパニの、ドンドンドンという爆発的なリズムに乗って、弦が特徴的な半音階上昇のフレーズを奏でると、相反するように木管は半音階下降を奏する、まるで奈落の底に落ちていくように・・。
そして、この序奏にはこの半音階音型や2小節目の付点8分音符+16分音符の音型など、主題労作するネタがしっかり出現している。
ああ、ブラームスだ。

〇 音型の達人 〇
ブラームスという作曲家は、音型の達人と呼んで良いだろう。
それは、ブラームスが真に優れたメロディーメーカーでは無かったことの裏返しでもある。
ブラームスが、無限の泉の如く美しいメロディを生み出すドボルザークを羨んだというお話はこのブログでも紹介した覚えがあるが、ブラームスは一つの主題を大切に装飾しあの手この手で発展させる主題労作が得意であった。

この20年推敲を重ねたシンフォニーには、ブラームスの巧みな音型の扱いが随所に見られる。
上述の半音階上昇・下降やそのアレンジ、第3楽章の冒頭クラリネットが奏する鏡像音型(冒頭の主題の繰り返し部分は鏡像になっている)など、労作の中で論理的に音型を作り出し、しかもそれを感じさせないところがすごいのだ。


<今日の一枚>
この名曲にも所謂名演奏と言われるものが多い。
私がCDを選ぶ際に、とりわけ大切にしているのは、やはり冒頭の序奏部分だ。
ここのテンポ(遅すぎないこと)とアンサンブルの混沌度(決め付けないが、しっかり締めること)だ。
やはりこの演奏は素晴らしい!
最盛期のベームとベルリン・フィルだ。
■ブラームス:交響曲第1番
 カール・ベーム指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年10月録音

41CE7FGFJSL__SL500_AA300_.jpg

<推薦盤1>
ブラームスの1番は、ベームの盤を推奨するが、ヴァントの推進力も良い!
冒頭は少し速めのテンポでぐいぐい聞き手を引っ張って行く。
そして、管弦楽の各パートは大変緻密に計算し尽くされた音を重ねていく。
こういったアプローチがブラームスには必要なのだ。
これはヴァント2度目のブラームス全集からだ。
■ブラームス:交響曲第1&3番
 ギュンター・ヴァント 北ドイツ放送交響楽団



<推薦盤2>
堂々としたミンシュの演奏も特筆ものだ。
出だしのスピードはかなりゆったりしているが、気迫の籠もった迫力が清新だ。
そして、最終楽章の混沌から歓喜への心の開放の表現が堪らない魅力だ。
■ブラームス:交響曲第1番
 シャルル・ミンシュ指揮 パリ管弦楽団

617W2jppWcL__SL500_AA300_.jpg
2013.08.02 Fri l ブラームス l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ ブラームス ハンガリー舞曲集 ★
さあ、まだブラームス症候群は続いている。
今日もブラームスを聞こうと思い、最初はシンフォニーをと思ったが、いやいや軽めの楽しい曲を聞こうと思い直した。
それで、ハンガリー舞曲だ。
ピアノでワルツ集という選択もあったが、少しオーケストラが聞きたい気分。

〇 ハンガリー舞曲 〇
ブラームスのハンガリー舞曲というと、私の思い出としては小学生の頃に25cm盤のレコードで何度も何度も聞いたことを覚えている。
そのレコードは21曲全部入っていたのでは無くて、前半の10曲だけだったと思う。
いかにもジプシーというエキゾチックなメロディーとリズムで、何となく民族衣装を着て陽気に踊っているジプシーがイメージできるような気がしたものだ。
子供ながらにヨーロッパ旅情を感じた。

〇 実はブラームスの作曲ではない 〇
ハンガリー舞曲は全部で21曲残されているが、ブラームスが若い頃(20歳代だったと思う)にレメーニというヴァイオリニストの伴奏を務めていた時に彼の演奏するロマの民族音楽を気に入って採譜していたものを編曲して出版した曲集だ。
一部オリジナルのメロディ-もあるようだが、大半はブラームスの作曲ではない。
私も子供の頃にこの舞曲を聞いていて、あの重厚なシンフォニー1番と同作者とはどうしても思えなかったものだ。
そうなのだ、多分ブラームスはこうした多彩なメロディーを惜しみなく生み出すメロディーメーカーではない。
武骨で地味なメロディーを大切に節約しながら対位法を駆使して積み上げていく作曲家だ。

〇 スラブ舞曲 〇
ブラームスは、自身のハンガリー舞曲の成功を受けて、色々と面倒をみたドヴォルザークに「スラブ舞曲集」を作曲するように勧めている。
ここで言う「成功」とは、主に収入面。
ブラームスはジムロック社とハンガリー舞曲の楽譜出版によってかなりの収入を得たようだ。
そうそう、かのドヴォルザークこそ天性のメロディーメーカーで、スラブ舞曲集もオリジナルのメロディーに拠っている。
誰だったか、ドヴォルザークのゴミ箱を探れば、シンフォニーの一曲くらいはすぐに書けると言った人がいた。
【ドヴォルザーク スラブ舞曲集】
スラブ舞曲集


〇 訴訟まであった 〇
ブラームスは上述のレメーニから盗作で責めらたてられ(自分が教えてあげたのに、ブラームスばかりが儲けるのは不当だということだろう)、ジムロック社も入って訴訟になっている。
当時は著作権という権利が現代のように確立していた訳ではないが、妬み嫉みからみの訴えはあったようだ。(レメーニの言うのも分かるが)
結局、ブラームスが発表当時から「編曲」としていたことが幸いしてブラームス側が勝利している。
デメタシデメタシ。

〇 第5番は超有名 〇
第1集(第1番~第5番)と第2集(第6番~第10番)が特に有名で、演奏会でも取り上げられることが多い。
その中でも映画やCMなどでも使用されることがある第5番が超有名だ。
私も、第1番から第6番までを子供のころからずっと愛聴してきた。
ドヴォルザークが編曲した17番以降などは大人になってから新たにCDを買って聞いた。
個人的には第3番がお気に入りで、オーボエの哀愁を帯びたメロディーが大好きだ。
一曲当たりの演奏時間が2分~4分くらいで、短いから飽きないしちょっとしたときにお供にできる。
オーケストラの演奏会でのアンコールピースにも良く使われる。
ハンガリー系のオーケストラは当然のように得意にしているが、私はドイツ系のオーケストラのバランスの良い演奏が好きだ。


【ブラームス ピアノ協奏曲第1番】
ピアノ協奏曲第1番
【ブラームス ピアノ協奏曲第2番】
ピアノ協奏曲第2番



<今日の一枚>
アバドが振るウィーンフィルなら安心だ。
舞曲ということもあり、リズムの変化やジプシーなりの音楽表情が欲しいところだが、アバドの指揮は心地よいリズムの変化付けやエキゾチックな舞踊表現が絶妙だ。
■ブラームス ハンガリー舞曲集 
 クラウディオ・アバド指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
51AbsChpV7L__SL500_AA300_.jpg

2013.04.27 Sat l ブラームス l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ ブラームス ピアノコンチェルト第2番 ★
実は私は小学生の頃からブラームス症候群にかかっている。(^^)
ブラームスという作曲家は聞き始めるとどうしても聞きたくなる不思議なメロディメーカーなのだ。
バロック的な対位法の駆使、ベートーベンを彷彿とさせる重厚な音の積み上げ、独特なホルンやティンパニの活かし方、そして何より私がブラームスを思う時に感じる「うねるようなメロディライン」。
まるで大波が寄せて返すようにメロディが「うねる」。
この音楽に触れると、次々このうねりに乗りたくなるのだ。
それを私はブラームス症候群と呼んでいる。
そんな訳で、今日もブラームスだ。
それもやっぱりピアノコンチェルト。

〇 ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品83 〇
この第2番のコンチェルトはブラームスが全盛期の作品だ。
第1番から実に22年も経っている。
ブラームスと言う人は実に粘り強いというか、曲の構想を温め続ける人だから、途中何度かピアノコンチェルトの発想はあったのだろう。
そのお蔭もあって、2曲とも傑作だ。

〇 独奏ピアノ付きシンフォニー 〇
この曲は1番と違って、初演時から好評だったようだ。
そして後世の作曲家にも影響を与えたであろう大きな特徴がある。
①ピアノコンチェルトには珍しい、スケルツォ楽章を持つ4楽章構成。(リストに先例がある)
②明確なカデンツァが存在せず、独奏者のヴィルトゥオーソ振りをひけらかす様なものではない。
③弦、管、独奏ピアノが複雑に絡み合って雄大な曲を構成する。
④第3楽章の冒頭には、独奏ピアノではなく独奏チェロが主題を提示する。
と、こんな感じで、特に①②③から協奏曲というよりも「独奏ピアノ付きシンフォニー」などとも呼ばれている。

〇 ブラームス音楽がうねりまくる 〇
もう、ブラームス全盛期の作品だけあって、得意のメロディが「うねり」まくる。
やはりホルンを聞くと一発でブラームスと判る。
1番同様ピアノもホルンも高度な技術を要求される難曲と言えるだろう。


【ブラームス ピアノ協奏曲第1番】
ピアノ協奏曲第1番
【ブラームス ハンガリー舞曲集】
ハンガリー舞曲集



<今日の一枚>
今日も巨匠同志の競演でいこう。バックハウスとベームだ。
名演を廉価版で聞ける。
■ブラームス ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品83
ヴィルヘルム・バックハウス(P) カール・ベーム指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

41Rfv2kq7vL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤>
バックハウス盤は、内容といいお値段といい推薦できるが、フレッシュなヴィルトゥオーソにも耳を傾けたい。
これは名演だ。
ショパンコンクール優勝のポリーニがまだ若い頃の生気あふれる演奏が聴ける。
ベーム指揮の第1番のコンチェルトとカップリングになっており、豪華盤だ。
■ブラームス  ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 作品15 ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 作品83
 マウリツィオ・ポリーニ(P)
 ニ短調:カール・ベーム指揮 変ロ長調:クラウディオ・アバド指揮
 オーケストラ:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

51qBQyr6vZL__AA160_.jpg

2013.04.24 Wed l ブラームス l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。