上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ グリーグ ヴァイオリンソナタ第1番 ヘ長調 ★

このところ仕事がハードだったので、優しい曲が聞きたい。
そこで、今日はグリーグのヴァイオリンソナタだ。
グリーグというと、『ペールギュント』や『イ短調のピアノ協奏曲』を思い浮かべられるかも知れないが、このヴァイオリンソナタもかなり素敵な曲だ。

グリーグはヴァイオリンソナタを3曲遺してくれているが、多分 第3番ハ短調作品45 が最も演奏機会も多く親しまれていると思う。
グリーグ自身も珍しく自身の3曲について、晩年振り返っている。
 1.第1期:素朴でアイディアに富む創作時期
 2.第2期:民族的な音楽内容の時期
 3.第3期:より広い視野に立つ時期
そして、この3曲のソナタがそれぞれの創作時期を代表する内容になっている、というようなことだったと思う。

すると、差し詰めこの1番は第1期の代表曲ということになろう。

〇 愛らしい 第1番ヘ長調作品8 〇
私は、この第1番ヘ長調のソナタは大変愛らしいソナタだと思っている。
グリーグ自身の言葉によれば、「素朴でアイディアに富んだ」曲ということになり、うん、なるほど、とてもシンプルで奇をてらった展開などは多用していない。
第2期の先取り的に、第2楽章などはとてもスカンディナヴィア色を感じる民族音楽の世界だ。

〇 アイディアの一つか 〇
私は何故か、第1楽章冒頭の和音が好きだ。
これもグリーグの言うアイディアの一つなのだろう。
ヘ長調の主調に対して、短調の和音を二つ、ピアノに乗せる。
小さいことからも知れないが、私はミステリアスな雰囲気のここが好きだ。
そして、少し憂いを秘めた叙情的な主題が呈示される。
表情を変えながら、この瑞々しい旋律は展開部前では短調に転調して憂いを増す。

グリーグの音楽には、テンポがどうであっても、例え全休止があっても、途絶えることの無い美しい流れがある。

〇 民族音楽的 第2楽章 〇
この楽章はメヌエットのような舞曲楽章で、3部形式だ。
主部はイ短調のいささか古風な民族音楽に特徴的な旋律が謡われ、中間部は一転してイ長調の活発な舞曲風の主題が現れる。
この楽章は、3曲のソナタの中でもかなりノルウェーの民族音楽の特徴が出ていると思う。

〇 愛の会話のような第3楽章 〇
エネルギッシュで活発な終楽章は、まるでピアノとヴァイオリンが楽しい愛の語らいを交わすように進行する。
ここはピアニストとヴァイオリニストも、時々見詰め合いながら演奏するのが理想だ。
北欧の春を寿ぐように、優しい会話は最後まで途切れない。


<今日の一枚>
今日は第3楽章に「愛の語らい」を実践出来るご夫婦の演奏でいこう。
デュメイとピレシュだ。
フランス人のデュメイとポルトガル人のピレシュだからか、この演奏からはそれほど色濃いノルウェー色は漂ってこない。
どちらかと言うと、ブラームスかシューマンを聴くような感触がするが、何度聴いても心地よい本物だ。
グリーグのソナタは現在入手しやすいCDとしては、これが私の推薦盤でもある。
■グリーグ:ヴァイオリンソナタ集
 オーギュスタン・デュメイ(Vn.), マリア・ジョアン・ピレシュ(Pf.)


61VrnvA-ObL.jpg

スポンサーサイト
2013.09.15 Sun l グリーグ l コメント (4) トラックバック (0) l top
★グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 ★
今日は休日ということもあり、思い切りロマン派のピアノコンチェルトが聞きたくなった。
そこで気分は断然グリーグに。
エドヴァルド・グリーグというノルウェーの作曲家は、日本では特にこのコンチェルトと「ペールギュント」で知られているが、「抒情小曲集」等のピアノ曲や歌曲に素敵な曲も多い。

〇 とにかくかっこいい! 〇
下世話な表現をすれば、このコンチェルトは冒頭がとにかくかっこいい!
同じくロマン派のピアノコンチェルトを代表する、シューマンのコンチェルトと双璧を成すかっこ良さだ。
どちらもイ短調で、冒頭からピアノが活躍する。
シューマンはオーケストラのトゥッティからピアノ独奏へ、グリーグはティンパニの連打からピアノ独奏へ。
コンサートでも、この冒頭で会場のすべての人が(全てだ)息を飲む。
ショパンもチャイコフスキーも勿論いいが、この冒頭のかっこ良さでは、この2曲に及ぶものはない。

〇 グリーグの第1楽章 〇
クラシックをあまり聞かない人でも、グリーグを知らない人でも、この第1楽章を聞けばどこかで聞いた曲だと思い出す。
ドラマやお笑いなどでさえ、そうだなぁ、例えば「ショック!」とか「おえ~、大変」みたいなシーンで使われたりする。
バッハの「トッカータとフーガ」みたいに。

この楽章は、グリーグらしい温かな第2主題を含めて、比較的短い主題があちこちにちりばめられて労作を展開する。
長めのカデンツァでも、第1主題、第2主題が効果的に使われる。
そして、最後もピアノが冒頭のかっこいいフレーズを奏でて晴やかに終わる。

〇 美しく北欧らしい第2楽章 〇
ここは北欧のメロディーメーカー、グリーグの面目躍如。
ミュートした弦から始まって、とてもノスタルジックなメロディーが素敵だ。
ともするとカサカサになった私たちの心を静めてくれる。
実に幸せだ、この曲を選んで良かったと納得する瞬間。

〇 目覚める第3楽章 〇
瞑想するような第2楽章から一転して、覚醒する第3楽章。
今、丁度実際に我がオーディオセットが第3楽章を奏でているのだが、ピアノと管のやりとりがまるでメロディーの美しさを讃えあっているようだ。
ツィマーマンのピアノが良く歌う。


【サン・サーンス 交響曲第3番『オルガン付き』】
交響曲第3番『オルガン付き』
【フランク 交響曲ニ短調】
交響曲ニ短調




さてCDだが、カラヤンとベルリン・フィルがちょっとゴージャス過ぎるか・・。
でも、私はこの奥行きのある音場が好きだ。
ツィマーマンのピアノは繊細さと抒情性を持ったグリーグらしい好演奏だ。
<今日の一枚>
■グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 作品16 シューマン ピアノ協奏曲イ調 作品54
 クリスティアン・ツィマーマン(P) 
 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 
  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1981、1982年 録音良好

512maW7KQlL__SL500_AA300_.jpg



<もう一枚>
毅然とした演奏で、優雅さと緊張感を併せ持った好演、リパッティ。
■グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 ショパン ピアノ協奏曲第1番ホ短調
 ディヌ・リパッティ(P)
 ガリエラ指揮 フィルハーモニア管弦楽団(グリーグ) 
 アッカーマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団(ショパン)

但し、こちらは1947年の録音の為、全奏では音が歪む。
グリーグはまだ聞けるが、ショパンのコンチェルトの音は極度に悪い。



<変化球の一枚>
■グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 ショパンピアノ協奏曲第1番ホ短調
 オリ・ムストネン(P)
 ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 サンフランシスコ交響楽団

41TB9WJ34NL__SL500_AA300_.jpg

こちらは、個性派で知られるムストネンのピアノだ。
緊張感溢れる演奏で、歯切れの良いグリーグが聞ける。


2013.03.23 Sat l グリーグ l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。