★ ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 Op.15 ★

うかうかしていたら、もうすぐ梅雨の季節になってきた。
雨の日々が続く前に、せめて音楽は爽やかなものを聴きたい。
おっかない風貌だが、青年期のベートーヴェンの双眸には輝きがあった。
そんな頃の軽やかなピアノコンチェルト。

○ ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 Op.15 ○
この曲は、1794年から95年にかけて書かれたと言われており、作曲年代的には続く第2番よりも後に書かれたそうだ。
数年前に書かれた変ホ長調(ピアノパート譜のみ現存)のコンチェルトを入れると実質3番目のコンチェルトということになる。

1.第1楽章(Allegro con brio)
ハ長調。4/4拍子の所謂協奏ソナタ形式。
まずとてもシンプルに「ドー、ド、ド、ド」と主音の連打で始まる。
24歳のベートーヴェンは素直で明瞭な主題を提示する。
まるでハイドンのような素直さだ。
独奏ピアノが入って来ても、モーツァルトのごとく極めて優雅なメロディラインだ。
途中、一呼吸おいて変ホ長調に転調する。
この辺はいかにもベートーヴェン、単純なままでは終わらない。

2.第2楽章(Largo)
変イ長調 。2/2拍子の三部形式。
いきなり独奏ピアノから入る緩徐楽章。
ほのぼのとした田園風景が浮かんでくるような美しい楽章だ。
おっかない顔の楽聖だって、舐めて貰っては困る。(誰も舐めてはいないと思うが・・・)
こんなに温もりのあるメロディが作れるのである。

3.第3楽章(Rondo Allegro)
主調に戻り、2/4拍子のロンド形式。
この楽章もいきなり独奏ピアノがロンド主題を軽やかに歌い出す。
厚いオーケストレーションに彩られて、ピアノがいかにも楽しげに躍動する。
そして、最後は堂々と締めくくられる。

全体でも40分足らずの演奏時間で、実に爽やかなコンチェルトである。


<今日の一枚>
今日はグルダでいこう。
グールドやバーンスタインでも良かったのだが、ベートーヴェン初期の傑作をウィーンの正統的な音で聴きたかった。
気儘と評されることもあるグルダだが、このベートーヴェンでは一つ一つのパッセージを緻密に丁寧に積み上げている感がある。
所謂美音に拘る訳では無く、モーツァルト的なベートーヴェンをとても真面目に表現していると思う。
ホルストとウィーンフィルのサポートも完璧だ。
使用ピアノは勿論ベーゼンドルファー。

■ ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番/第2番
フリードリッヒ・グルダ(Pf.)、ホルスト・シュタイン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

213RTYRWPZL.jpg

<推薦盤>
私はグールドには慎重なのだが、このベートーヴェンは実に爽快で後味も良好。
グールド自身あまり協奏曲は好まなかったようだが、ベートーヴェンやバッハは好んで録音も残している。
実に速いテンポで、とてもモーツァルト的なベートーヴェンだ。
(第1番はゴルシュマンの指揮によるコロンビア交響楽団の録音)
■ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集
 グレン・グールド(Pf.)
 指揮:ゴルシュマン(ウラディミール), バーンスタイン(レナード), ストコフスキー(レオポルド)
 オーケストラ:コロンビア交響楽団, ニューヨーク・フィルハーモニック, アメリカ交響楽団

51N8rB8r8gL.jpg

スポンサーサイト
2015.06.10 Wed l ベートーヴェン l コメント (6) トラックバック (0) l top
★ ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第9番『クロイツェル』 ★

今日は久し振りにベートーヴェンのイ長調 作品47 クロイツェルソナタを聞こう。
ベートーヴェンは全部で10曲のヴァイオリンソナタを書いているが、この曲はその9番目に当たるもので、恐らくあらゆるヴァイオリンソナタの中で最も高みに存在していると思うソナタだ。
この曲が作曲されたのは1803年で、青年ベートーヴェンの勢いが曲に反映されているように思う、シンフォニーで言えば2番やあのエロイカが作曲された頃だ。
かと思えば、一方では有名なハイリゲンシュタットの遺書を認めたりしていた時期でもあり、ベートーヴェンの病状は精神状態も含めて、揺れ動いていた頃でもある訳だ。

この曲は実はイギリスのヴァイオリニストであるジョージ・ブリッジタワーの演奏会用に作曲されたようだが、ブリッジタワーがベートーヴェンの知人女性を侮辱?したという事件の為に、急遽フランス人であるルドルフ・クロイツェルに献呈者が変更された。
しかし、当のクロイツェルは「演奏するには難し過ぎる」「既に初演を終えている」などの理由から、決してこの曲を演奏することは無かったようである。
なかなか、うまくいかないものだが、この曲の素晴らしさは後世が認めることになる。


〇 予感の序奏 〇
この第1楽章冒頭、ヴァイオリンの堂々とした重音から始まるのだが、私はこの序奏を聴くと何か只事ではない事が始まるような慄きを感じる。
主調の重厚な和音から始まる序奏を経て、ソナタ形式で書かれた主部はイ短調に転じる。
3拍子のリズミカル(重めの主題だが)な第1主題が呈示されてヴァイオリンとピアノの応酬を経て、ホ長調に転調して穏やかな第2主題が現れる。
コデッタではピアノのテーマの繰り返しにヴァイオリンのピチカートがとても効果的だ。
この辺り、やはり素晴らしいと思う。
ヴァイオリンとピアノの機能的な音の重ね方が実に巧みだ。(当たり前だが・・)

〇 穏やかな第2楽章 〇
変奏曲形式の穏やかな曲調を持つ第2楽章。
かなり長めの主題をヴァイオリンとピアノで交互に或いは協調して、魅力的な変奏曲を作り上げていく。
こういうゆったりした旋律ラインを合わせるのもかなり難しい、演奏者の息の合ったアンサンブルの聞かせどころだ。

〇 タランテラ 〇
終楽章ではタランテラがお目見えする。
主調に戻ったソナタ形式なのだが、メンデルスゾーンのイタリアでもご紹介した舞曲タランテラのリズムだ。
イ長調の主和音がピアノに出て、直ちにヴァイオリンがタランテラのリズムで第1主題を奏でる。
この楽章ではこの主題が支配的なのだが、コデッタでは緩徐的なフレーズを挿入したり、激しいリズムで単調になることを避けている。
この緩急も見事な楽章だ。


<今日の一枚>
このソナタでは私の愛聴盤はフランチェスカッティとカサドシュの盤になる。
このフランス人のコンビは実に格調高く、しかも慈味溢れる演奏を聞かせてくれる。
ベートーヴェンのヴァイオリンソナタの場合、ピアノは単なる伴奏ではなく、カサドシュが力強いパッセージを聞かせながらとても上品だ。
フランチェスカッティのヴァイオリンは勿論、持ち味の「美音」に加えて、重音の張りのある堂々とした風格やヴァイオリン独特の哀愁を感じる弱音など、非の打ち所が無いと感じている。
こちらは『春』とのカップリング盤だ。
■ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」、第9番「クロイツェル」
 ジノ・フランチェスカッティ(Vn.) ロベール・カサドシュ(Pf.)

51Q0t1bUkSL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
私のイチオシは上記のフランチェスカッティ&カサドシュ盤だが、さらに挙げるとしたらクレーメル&アルゲリッチだろう。
クレーメルとアルゲリッチの雄弁さが、大変な緊張感の中で、スケール大きくベートーヴェンを語る。
中でもアルゲリッチの存在感の大きさを感じる盤だ。
こちらも『春』とのカップリング。
■ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」、第9番「クロイツェル」
 ギドン・クレーメル(Vn.) マルタ・アルゲリッチ(Pf.)

415jiBtTltL__SL500_AA300_.jpg

2013.12.06 Fri l ベートーヴェン l コメント (6) トラックバック (0) l top
★ ベートーヴェン 交響曲第2番二長調 ★

今日は少し元気を貰いたくて、ベートーヴェンで勇気を摂取しようと思う。
交響曲では初期の作品であるが、ベートーヴェンの青春の輝きとハイリゲンシュタットの影が微妙に投影された魅力的なシンフォニーだ。

この曲が作曲されたのは1800年から1802年かけてで、弟に宛てて書かれた有名な「ハイリゲンシュタットの遺書」をしたためた時期に合致する。
この曲の持っている闊達なイメージと遺書という暗いトーンは、そのアンバランスさに少し驚くことなのだが、私は聴覚の異常を憂うマイナスオーラを「遺書」に封じ込めて、同じペンからこの曲を書き上げ、生きる力を引き出そうとしたのではないかと感じている。

〇 背筋が伸びる第1楽章 〇
第1楽章はかなり凝った序奏から始まるソナタ形式。
主調の堂々たる和音の強奏、効果的な転調、主部を導くこの序奏はベートーヴェンの後期作品を思わせる大胆なものだ。
とてもリズミックな第1主題には心が躍動し始め、弱奏管楽器による長調のメロディと強奏弦楽器による短調の応答による対話が面白い第2主題が呈示される。
私はこの第2主題を聴くととても勇気付けられて背筋が伸びる思いがする。
今日はここが聞きたくて、この曲をチョイスした。

〇 美しいラルゲット 〇
第2楽章はベートーヴェンの作り出したメロディの中でも、非常に歌謡性の高い美しい旋律が奏でられる。
死まで考えた自らの心の安寧を祈るような緩徐楽章になっている。

〇 スケルツォの登場 〇
ベートーヴェンが交響曲のスコア上に始めて「スケルツォ」と記述した楽章になる。
しかし、以前の当ブログの記事でも触れたが、第1番のシンフォニーにおけるメヌエット楽章も実質的にはスケルツォだと思っているが。
独特のリズムの音型をもったスケルツォで、3種類の短いモティーフを楽器を変えて絡ませながら進んでいく。
とても面白い楽章だ。
なるほど、諧謔曲だと言えるだろう。

〇 飛躍する終曲 〇
これまで重ねてきた躍動感はこの楽章で頂点を迎える。
さすがベートーヴェン、楽曲の纏め方が巧みだ。
ベートーヴェンを聞くといつも思うのだが、何故西洋音楽は何楽章もあって、しかもそれを作曲家の指定通りの順番で聴かなければならないのか・・、ベートーヴェンの終曲を聴くととても納得する。
重ねてきた熱い想いがここに収斂するかのように纏められていく。
恐らくこうした見事な構築美に、人は人生の積み上げを重ね合わせて感動するのだろう。


<今日の一枚>
今日はブロムシュテットでいこう。
ブロムシュテットは、良い意味で非常に堅い演奏を聞かせてくれる。
この人のリハーサルはとても厳しいことで知られているが、派手な演出を排除した、妥協の無いベートーヴェンには飽きがこない。
■ベートーヴェン:交響曲第2番&第4番
 ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 シュターツカペレ・ドレスデン


51sKmBJsftL.jpg


<推薦盤1>
この曲の推薦盤となると、少し古い録音なのだがワルターが良い。
全曲に渡って、リズムも各声部の歌わせ方も理想的に思える。
第2楽章は少し遅いテンポで、たっぷりと美しいメロディを堪能させてくれる。
録音は古いが音質は良好だ。
■ベートーヴェン : 交響曲第2番、第6番「田園」
 ブルーノ・ワルター指揮 コロンビア交響楽団


419W5acMFRL__SL500_AA300_.jpg
2013.11.14 Thu l ベートーヴェン l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ ベートーヴェン ピアノソナタ第28番イ長調 ★
ベートーヴェンはNo.付きピアノソナタを32曲残している。
それは、その作曲時期相応の内容と輝きを持っており、正に甲乙付け難い。
従って、再生芸術を楽しむ側から見た作品に対する姿勢は、音楽を楽しむシチュエイションと気持ち次第で選択が変わるだけである。
ただ、ベートーヴェンの場合、ピアノソナタと言えども、その構成や奥の深さはシンフォニー並みであり、演奏上求められるファクターも、優美で繊細なタッチよりもスケール感の大きい堂々とした風格、分厚いハーモニー、あるいはピアニストの崇高な人格にまで話が及ぶことになる。
しかし、この28番イ長調は後期ソナタの中で異彩を放っていると感じる。
特に第1楽章の冒頭は、繊細なピアニズム無しでは、私は聞けない。

〇 第1楽章の歌謡性 〇
私は中学生の頃にこの曲を始めて聞いたのだが、冒頭で驚愕した。
これがベートーヴェン?嘘でしょ・・。
何と優しい歌を謡っているのだろう。
だが、モーツァルトでもなく、ハイドンでもない・・、聞き進める内に、やはり紛れも無くベートーヴェンだ。

第1楽章、このいきなりの緩徐楽章の不思議な浮遊感は何だろう。
心地良いのに、どこか落ち着かない・・。
ピアニストの内田光子氏の話を読んで、初めて気付いた。
この楽章はイ長調なのだが、属和音から始まってなかなか主和音が出てこないのである。
美しく、極めて歌謡的なメロディーが続く中で、結局最後まで和声的な解決を見ずに進むのだが、音楽的に破綻することなく、それどころかそれを感じさせない凄腕・・・。
当たり前なのだが、ベートーヴェン、どんでもなく凄い人だ。

〇 ドロテア・エルトマン男爵夫人 〇
第1楽章の何かを探し求めるような浮遊感、憧憬、癒し?
この謎を解く鍵は献呈者にあった。
この作品101のソナタはドロテア・エルトマン男爵夫人に献呈されている。
ドロテアさんはベートーヴェンの弟子であり、作品の良き理解者であり、優れた演奏家(ピアニスト)であった。
彼女の才能をベートーヴェンも高く評価していた。

この曲はエルトマン男爵と結婚した彼女が、末の子供さんを亡くして悲嘆に暮れていた時に「いく度となく、あなたのためにと思って作られたこの曲をお受け下さい。」(ベートーヴェン書簡)とのメッセージと共に捧げられている。

また、ベートーヴェンの死後メンデルスゾーンがエルトマン夫人にミラノで会った際のお話も残されている。
エルトマン夫人はメンデルスゾーンにピアノでベートーヴェンの曲を披露した後で、思い出話をしたそうだ。

丁度、末の子供を亡くした時(作品101が献呈された頃)夫人はベートーヴェンの招待を受けた。
ピアノの前に座った彼は「さあ、ご一緒に音楽でお話をしましょう」と言うと、それから1時間あまり夫人のためにピアノを弾き続けたそうだ、彼女を慰める為に。
既に聴覚に異常をきたしていたベートーヴェンは他人の前でピアノを演奏することは殆ど無かったそうなのだが・・。

このような背景がこのソナタには在った。
第1楽章の主音を求める彷徨いは、ドロテアの亡くしたお子さんを想う気持ちであり、どんなに求めても決して手の届かない大切なものを慈しむ心であり、全てを包含して慰めるベートーヴェンの癒しなのではないだろうか・・。

〇 勇気へのエール 〇
第2楽章は元気な行進曲風の3部形式。
スケルツォ的な楽章になっている。
中間部は一転してカノン風。
対比がうまい!
この溌剌とした音楽は、生きて行く勇気へのエールか。


〇 対位法を駆使した第3楽章 〇
序奏つきのソナタ形式。
この序奏、私にはベートーヴェンがドロテアに優しく語りかけているように聞こえる。
主題提示の直前に第1楽章が回想される。
そして、決然と主部が開始され、展開部では4声のフーガで堂々と音楽は高揚していく。
コーダでもバッハを思わせる対位法が立派だ。
これは悲しみを乗り越えて生きる者への賛歌だろうか。


<今日の一枚>
ベートーヴェンのピアノソナタと言えば・・、バックハウスと相場は決まっていそうなものだが。
このソナタはエミール・ギレリスの演奏を私は好む。
それは偏に冒頭の数小節の音色が私の琴線に心地よく触れてくる、という理由からだ。
第1楽章は少しゆったりとしたテンポで、瞑想的でもある。
強靭なタッチから繰り出される美しい音色、骨太なのだが無駄な立ち回りは一切演じない。
しかも優美で繊細な表情は逸品だ。
これはハンマークラヴィーアとのカップリングだ。
■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番&29番《ハンマークラヴィーア》
 エミール・ギレリス(P)

51su5kPlaeL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
さすがに内田光子さんはこの曲の真髄を聞かせてくれる。
第1楽章の丁寧でしっとりとした語り口が素敵だ。
第2楽章では、とても歯切れの良い演奏を繰り広げ、第3楽章序奏では深く沈潜し、最後は晴れやかに結ぶ。
これもハンマークラヴィーアとのカップリングだ。
■ベートーヴェン:ピアノソナタ第28番&第29番
 内田光子(P)

41L21Qwd51L__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤2>
やはりバックハウスに触れない訳にはいかないだろう。
ここではスケールの大きな構成と絶えることの無い歌を巨匠が聞かせてくれる。
(偉大な芸術を、出来れば全集で手元に置ければ最高である。私も宝物として大切にしている。)
■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番、第29番「ハンマークラヴィーア」 [Limited Edition]
 ヴィルヘルム・バックハウス(P)

41ZYxxKsFoL__SL500_AA300_.jpg

2013.08.19 Mon l ベートーヴェン l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ ベートーヴェン 劇付随音楽 『エグモント』 ★
今日は、大変久しぶりにベートーヴェンの『エグモント』全曲を聞いた。
これは、大変高い見識と美しい文章・写真のブログを発信していらっしゃる「エストリルのクリスマスローズ」さんの記事に触発されてのことである。
「エストリルのクリスマスローズ」さん

〇 エグモント 〇
ベートーヴェンの劇付随音楽『エグモント』は、ゲーテの戯曲『エグモント』を基に1809年~1810年にかけて作曲されたものである。

エグモント伯ラモラールは実在の歴史上の人物で、スペイン王フェリペ2世による宗教弾圧の中でアルバ公の軍隊に対して果敢に抵抗した英雄だ。
しかし多勢に無勢、アルバ公に捕らえられたエグモント伯は死刑の宣告を受け、1568年6月にグラン・プラスで処刑された。
(「エストリルのクリスマスローズ」さん撮影の写真は、このグラン・プラスなのだと思うが、街の風景は往時の凄惨な事件とはかけ離れた美しさだ。)

ゲーテはこの史実に則って、エグモントを主人公にする戯曲を書き上げたのである。
ゲーテの戯曲では、16世紀のスペインの圧制からの独立運動の指導者としてエグモント伯は描かれていたと記憶する。(多少記憶が曖昧で、申し訳ありません。)


〇 劇付随音楽『エグモント』 〇
演奏会でも、CD等でも有名な序曲のみを取り上げることが多いが、ベートーヴェンが作曲したのはゲーテの戯曲に従って、序曲を含めて以下の10曲になる。

1. 序曲
2. 太鼓は響く(クレールヒェン)
3. 間奏曲1
4. 間奏曲2
5. 喜びに満ち、悲しみに満ち(クレールヒェン)
6. 間奏曲3
7. 間奏曲4
8. おゝ常に変らぬ忠実な眠りよ、年来の友よ(エグモントのモノローグ)クレールヒェンの死
9. すべては過ぎ去った。全巻の終りだ。(エグモントのモノローグ)メロドラマ 甘美な眠りよ、お前は純粋な幸福のように、快くやって来てくれる(エグモント)
10. 冠が消えた(エグモントのモノローグ)勝利の行進曲

ベートーヴェンが『エグモント』を作曲した時期は、丁度第5番のハ短調交響曲『運命』や第6番『田園』を書き上げた2年後くらいであり、非常に充実した創作活動を送っていた頃だ。
この曲も、第5番『運命』や第9番『合唱付き』のように、「苦悩や運命との戦い」から「歓喜」へと昇っていく。
(この曲の場合は、エグモントの死後の賞賛ということになるのだが)


〇 序曲 〇
演奏機会の多い「序曲」は、さすがに重厚でエグモントの悲劇を象徴するドラマティックな音楽になっている。
この序曲はソナタ形式で書かれており、第1主題は大変勇壮で動きの大きい音楽構成で、私はエグモントの「勇気」を暗示するように感じ、第2主題はそれに加えてエグモントの「慈愛」を感じる。

そして、一番印象に残るのは序奏の冒頭、ユニゾンで鳴る一音。
この音は何なのだろう・・。
昔から考えてきたのだが、合理的な結論には至っていない。
只ならぬ雰囲気を醸すことが狙いなのだとしても、何故ユニゾンなのか・・。
全く「濁らない音」が必要だったのか。

エグモント伯の決意を現す純粋な動機、或いは具体的な音(叫びや大砲)をイメージしているか。

〇 ゲートとの邂逅 〇
ベートーヴェンは予てから敬愛していたゲーテと1812年に邂逅している。
ゲーテ63歳、ベートーヴェン42歳の夏に、カールスバートで避暑中だったゲーテがベートーヴェンのもとを訪れるという形で実現したようである。
ゲーテは奥様に手紙でベートーヴェンの人物を伝えるに、「すこぶる強い集中力をもち、精力的且つ内面的な芸術家」という言葉を使っている。
正に、この2人の巨星の邂逅、 「想像するだけで指先が震えるような緊張」を覚えませんか。
(『エストリルのクリスマスローズ』さんから引用)


<今日の一枚>
今日は、この『エグモント(全曲)』を東ドイツ時代の名指揮者ボンガルツの盤で聞こう。
全曲を聞けるCDは稀少で、それだけで価値があるのだが、この演奏は非常に引き締まった、緊張感のあるエグモントだ。
■ベートーヴェン:付随音楽「エグモント」(全曲)
 ハインツ・ボルガンツ指揮 シュターツカペレ・ベルリン

51dSZFqNloL__SL500_AA300_.jpg

2013.07.25 Thu l ベートーヴェン l コメント (0) トラックバック (0) l top