上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
★ ドビュッシー 二つのアラベスク ★

今日は軽やかにドビュッシーの小品を聴こう。
ドビュッシーの中では初期のピアノ曲、『二つのアラベスク(Deux Arabesques)』だ。
1888年の作品なので、ドビュッシーが初めてバイロイトに赴いてワーグナーの音楽に接した頃だ。
この『二つのアラベスク』は、ドビュッシーの作品の中では、作風上も和声的な志向に於いてもさほど重要な作品とは位置づけられてはいないが、洒脱なメロディと独特の視覚をイメージするような風情で日本でもとても人気のある曲だ。

この曲は以下の2曲から構成される。

1.Andantino con moto ホ長調
2.Allegretto scherzando ト長調


〇 3連符の ホ長調 〇
3連符の溢れるアルペジオで、アラビア風の唐草模様よろしく繊細なメロディラインを両手で紡いでいく、この第1番はとても有名だ。
テレビの番組や映画などでも色々なところで聞かれる、ドビュッシーの代表的なメロディの一つと言っていい。
3部形式の冒頭はサブドミナントから入る序奏で、この曲のイメージを特徴付けている。
6小節目から、例の主題が始まるのだが、所謂右手3左手2のポリリズムだ。

〇 細かい旋律線 ト長調 〇
第1番では両手の旋律線で織り成していった唐草模様は、第2番では右手に集約されてより細かい模様を作っていく。
第1番よりもかなり躍動的なメロディが可憐だ。
転調を駆使した表情の変化も、模様の微妙な移り変わりを表しているかのようだ。

〇 ポリリズム 〇
第1番でとても印象的なポリリズムだが、ポリリズムというと数年前にヒットしたPerfume の楽曲を思い出す。
今思い出せば、あの曲は基本的には4拍子で3人のシンクロした独特のダンスと中田ヤスタカ氏のソフトウェア音源によるテクノ風のサウンドが斬新だった。
ポリリズムが出てくるのは間奏部に当たる箇所(あれを間奏というと中田氏に怒られる。あの部分も歌なのだ。)で、「ポ・リ・リ・ズ・ム」と繰り返す部分だ。
4拍の基本リズムに「ポ・リ・リ・ズ・ム(ポ・リ・ルー・プ)」の歌唱を5拍で乗せ、ベース部は3拍を刻み、シンセサイザーは倍のリズムを刻んでいた。
ライブの際には、このポリリズムが展開する箇所の後、ノッチが歌いだすまでの間が何故か大盛り上がりになる。
多分これはポリリズム効果だと思う。(変拍子からの解放感みたいなもの)

Perfume ポリリズム (Polyrhythm)

<今日の一枚>
今日はアントルモンでいこう。
コルトーから連綿と受け継がれてきたフランス人のピアノがここにはある。
だが、このアラベスクには少し驚くのだ。
特に第1番なのだが、びっくりするくらいの高速演奏だ。
最初聞いたときにはちょっと違和感を覚えたのだが、聞き込む内に音の粒が天から次から次と舞い落ちてくるようなアラベスクも、引き締まった音像で魅力的に見えてきた。
■ドビュッシー : 月の光、亜麻色の髪の乙女
 フィリップ・アントルモン(Pf.)

41GSUp66ezL__SL500_AA300_.jpg

<推薦盤1>
フランソワのドビュッシーは素晴らしい。
ドイツ音楽を毛嫌いしたきかん坊のフランソワ、愛するドビュッシーではイキイキと演奏しているし、時折見せる独自のエスプリも気が利いていて聞き手を飽きさせない。
■ドビュッシー:ピアノ曲集第2集~映像、他
 サンソン・フランソワ(Pf.)

61dSlyxURBL__SL500_AA300_.jpg
スポンサーサイト
2014.01.28 Tue l ドビュッシー l コメント (13) トラックバック (0) l top
★ ドビュッシー 弦楽四重奏曲 ト短調 ★

ドビュッシーの《弦楽四重奏曲 ト短調》作品10 は1893年に完成したドビュッシー31歳の若かりし頃の作品だ。
弦楽四重奏というと、私はハイドン、モーツァルトの「いかにも室内楽」といったアンサンブルや、ベートーヴェンに代表されるドイツ的な響きを思い起こすのだが、この曲はそうした典型的とも言える響きとは明らかに異なる風情を醸し出している。

〇 循環形式 〇
かのドビュッシーが敬愛したセザール・フランクによって提起された循環形式がこの曲全体を特徴付けている。
第1楽章冒頭の循環主題は、緩徐楽章を除くあらゆる箇所で顔を覗かせる。
この循環主題は、拡大され縮小され、そして終楽章ではかなり変形されて、曲全体に多様性を持たせながらも統一感を形成する源となっている。
極めて印象的で支配的なこの主題は、いかにもドビュッシーらしい旋律だ。

〇 旋法的で繊細な旋律 〇
この曲の魅力は殆どが第1楽章に凝縮されていると言ってもいいかもしれない。
旋法的な和声を使用したり、かと思うと第1楽章などはソナタ形式ともとれる形式美も垣間見せる。
ドビュッシーにとっては過渡的な作品とも言えるのだが、その旋律は美しく、なかなか解決しない和声に身を委ねていると、不思議な瞑想世界に浸ることが出来る。

〇 スケルツォ・ピチカート 〇
そんな全4楽章の中で、ちょっと眼を瞠るのが第2楽章かも知れない。
冒頭の力強いピチカートでチャイコフスキーの第4シンフォニーを想起させる。
チャイコフスキーのシンフォニー第4番第3楽章のあのスケルツォ・ピチカートだ。
実にユニークなあの弦楽器がピチカートに終始する楽章から、ドビュッシーは発想したのではないだろうか。
主題としては、主要主題のアレンジが効果的に随所に現れる。

私はこのドビュッシーらしい、繊細さと新奇性を持った、弦楽四重奏曲をかなり愛している。


<今日の一枚>
今日はイタリア弦楽四重奏団に登場願おうと思う。
この四重奏団の特徴であるベル・カント的カンタービレが、この曲の叙情性を程よく演出していてとても心地よい。
■ドビュッシー:弦楽四重奏曲 ト短調/ラヴェル:弦楽四重奏曲 へ長調 [Limited Edition]
 イタリア弦楽四重奏団

41KNT6VZ22L__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤1>
イタリア四重奏団の演奏は私のイチオシだが、フランス的な音に拘るならば、パルナン弦楽四重奏団がお勧めだ。
しかし、まともな値段で入手することが出来なくなっているようなので、ここはアルバン・ベルクを推しておく。
録音がイマイチだった盤がリマスタリングされて改善した。
■ラヴェル&ドビュッシー:弦楽四重奏曲集
 アルバン・ベルク弦楽四重奏団

41E0T4SP3EL__SL500_AA300_.jpg
2013.11.26 Tue l ドビュッシー l コメント (2) トラックバック (0) l top
★ ドビュッシー 『子供の領分』 ★
今日はクロード・ドビュッシーのピアノ曲『子供の領分』だ。
シューマンの『子供の情景』を思い出す方もいらっしゃると思うが、『子供の情景』は大人のイマジネーションの中での子供の世界、みたいなものを描いていると思う。
この『子供の領分』は、それともちょっと違って、純真であどけない、だけどちょっとイタズラだったりもする子供の様子を、非常にスマートに音楽にした、そんな作品だと思っている。

ドビュッシーのこの姿勢は偏に作曲動機に関わっていると思う。
ドビュッシーはこの曲を1908年に完成させ出版しているが、当時3歳の可愛くて仕方が無かった愛娘クロード・エマの為にこの曲集を書いているのだ。

〇 ちょっとゴシップねた 〇
音楽の本質とは関係ないのだが、この愛娘シュウシュウ(ドビュッシーは40代半ばで出来た子、エマをそう呼んで可愛がった)の母親はエンマ・バルダックで、ドビュッシーとは1908年に結婚している。
エンマ嬢は再婚で、既に最初の夫である銀行家シジスモン・バルダックとの間に2人の子供をもうけていた。(ラウルとエレーヌ)
ややこしいのは、ここにガブリエル・フォーレが絡んでくるのである。
(3大レクイエムの作者のフォーレだ)
フォーレとエンマは1890年頃から親しい関係を持っており、銀行家との間の娘(エレーヌ)はフォーレの子ではないかと言われている。
フォーレのピアノ組曲『ドリー』は、このエレーヌの為に書かれている。
ドリーというのは、エレーヌの愛称だ。
エンマはその後ドビュッシーと結婚し、シュウシュウが生まれている。

ドリーの父親の件は、ドリーが92歳で亡くなるまで伏せられていたそうだ。
フォーレさん、エンマさん、とにかくお騒がせなのだ・・。


〇 英語のタイトル付き 〇
この曲は以下の6曲から成っていて、それぞれに英語のタイトルがついている。

①Doctor Gradus ad Parnassum「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」
パルナッソス山(ギリシャの霊峰)に続く階段(グラドゥス)というタイトルを持つ、クレメンテのピアノ練習曲集。
この高度なテクニックを要する練習曲集を娘がやがては弾きこなすことをイメージしつつ(博士)、途中でほったらかしてしまったりする可愛い我が子を描いている。

②Jimbo's lullaby「象の子守歌」
Jimbo(or Jumbo)というのはシュウシュウが持っていた象の縫いぐるみではとの説もあるし、単にスペル違いという説もある。
ここはドビュッシーらしく、全音音階で書かれており、調性の無い不思議な感覚が新鮮だ。

③Serenade of the doll「人形のセレナード」
シュウシュウが大事にしていた人形へのセレナードであろうか。
ドビュッシーの紡ぎ出す独特の美しい「音」が、ここにもちゃんとある。

④The snow is dancing「雪は踊っている」
雪の舞い落ちる光景と、それを眺める子供の心象が、シンプルな書法で描かれている。

大変幻想的な曲だと思う。

⑤The little shepherd「小さな羊飼い」
穏やかな草原のイメージ。
短くてシンプルな曲だが、私は6曲の中でこの曲が一番好きだ。
強い音は不要、とても繊細なタッチと風にそよぐような音の流れが必須。
24,5小節目の同音型の繰り返しが最も繊細さを要求される。

⑥Golliwogg's cakewalk「ゴリウォッグのケークウォーク」
ゴリウォッグは黒人少年の人形のキャラクターの名前だそうで、ケークウォークというのは現在でも踊られる黒人の軽快なダンス。
ここで特筆すべきは中間部に現れるワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」のモティーフだ。
しかし、すぐにシュウシュウが横に首を振るかのような音で、打ち消される・・。
ドビュッシーは一定のワーグナーの影響を受けつつも、そりが合わなかったことは有名で、これは彼独特のパロディか。


<今日の一枚>
今日はやはりドビュッシーということもあるから、フランスのピアニストで聞こう。
パスカル・ロジェだ。
ロジェのピアノはとても優雅でアーティキュレーションをあまり強く取らないのだが、この曲の場合それがうまく嵌っていると思う。
テクニックは申し分ない。
■ドビュッシー:ピアノ曲集 (2CD)
 パスカル・ロジェ(P)
このCDは2枚組みで、ドビュッシーの名曲がずらりと並んでいる。

41T0RDJR76L__SL500_AA300_.jpg

<推薦盤1>
やはりフランソワのドビュッシーはいい。
特にこの曲集のように、愛らしいシュウシュウの為の音楽となると、単なるテクニックでも無く、人生の苦楽を内包するでも無く、杓子定規にならない自由な遊び心までを音に出来るフランソワだろう。
■ドビュッシー:ピアノ集(3)
 サンソン・フランソワ(P)

215SVFZJ7KL__SL500_AA300_.jpg
2013.08.13 Tue l ドビュッシー l コメント (0) トラックバック (0) l top
★ ドビュッシー ベルガマスク組曲 ★
フランスの作曲家クロード・ドビュッシー、大変有名な「月の光」を含むピアノ曲がベルガマスク組曲だ。
何かフランス的な音楽を聴こうと思って選んだドビュッシー、この作曲家のピアノ曲はピアニストを選ばないと情緒がない。

〇 ベルガマスク組曲 〇
この組曲は次の4曲からなる

1.前奏曲 (Prélude)
2.メヌエット (Menuet)
3.月の光 (Clair de Lune)
4.パスピエ (Passepied)

このうちの3曲目が、あの「月の光」である。
ほとんどピアニッシモで演奏されるので、オーディオの音量を絞っていると音が聞こえないほどだ。
この曲は、色々な日常シーン(CMやドラマ、映画など)でも使われているので、恐らく聞いたことがないという人はいないだろう。
前奏曲の少し即興的な入りの部分から、私はチェンバロ的な音の色を感じる。
メヌエットにしても、タイトルほどは古典的なイメージは無くて、舞曲としてもバッハやモーツァルトとは明らかに異なる。
そして、月の光。
冴えわたった空気の中で夜空に浮かんだ冬の「月」、というのが私のイメージだが、ドイツロマン派の標題音楽というアプローチとは異なって、もっと抽象的でポエムですね。
終曲のパスピエは17世紀頃のバロック舞曲で、いかにもの旋律だが、4曲を通じてドビュッシーは古い物と新しい物をとても面白く対比させていると思う。

ちなみに成田ハネダさんのロックバンドが「パスピエ」で、この名前はドビュッシーのこの曲から付けたらしい。
今、大変私も注目しているユニークなバンドである。


【ラヴェル 『マ・メール・ロア』】
『マ・メール・ロア』


<今日の一枚>
■ドビュッシー:ピアノ独奏曲全集(4CD) ポール・クロスリー(P)
特に「月の光」でみせる、冷たさを感じさせる音色の変化は秀逸だと思う。

119.jpg


<推薦盤1>
ドビュッシーのピアノと言えば、ギーゼキングか。
このドイツのピアニストは20世紀を代表するピアニストの一人で、とりわけモーツァルトやラヴェル、そしてドビュッシーには素晴らしい解釈を見せた。
初見力に長け、明晰な曲解釈と欠点の無いテクニックなどから付いた渾名が「新即物主義」。
ベルガマスクも私は原点をギーゼキングに置いている。
■ドビュッシー:ベルガマスク組曲、他
 ワルター・ギーゼキング(P)

51iLNmYeCVL__SL500_AA300_.jpg


<推薦盤2>
ギーゼキングは確かに素晴らしい。
でも、もうちょっと自由にピアニストの感性も前面に出してもいいんじゃない? 
という向きには、是非フランソワで。
このフランスのピアニストは洒落てる。
■ドビュッシー ピアノ集(3)
 サンソン・フランソワ(p)

215SVFZJ7KL__SL500_AA300_.jpg


2013.03.31 Sun l ドビュッシー l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。